twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux Jp チュートリアル エンタープライズ クラウド ストレージ入門: Cloudant データベースの構築方法

エンタープライズ クラウド ストレージ入門: Cloudant データベースの構築方法

原文はこちらです。
 
エンタープライズ クラウド ストレージは、過去 10 年以上の長い道のりを歩んできました。ストレージ関係の開発者は、初期の技術開発を混乱させるような状況でした。提供会社は、個別のストレージ サーバーを持たずに、レプリケーション、スケーラビリティ、安定性といった利点を享受できると言ったものでした。
 
この連載では、クラウド ストレージをいくつか紹介します。オープン ソース ソフトウエアを利用してビジネスをしている会社です。今回は Cloudant を紹介します。これは CouchDB の改良版です。もともと、CouchDB からフォークしたもので、BigCloud というスケーラブルでフォールト トレラントを目指したものです。この改良版は、CouchDB にマージされました。このことで、Cloudant が提供するサービスと同等の機能を自分の環境で実現することができるようになりました。しかし、CouchDB に取り込まれていない最新機能があります。
 
、2008 年創業の Cloudant は、2014 年 2 月 IBM に買収されました。正確には、IBM の製品について説明することになります。必要な仕様によって、いくつかの価格プランが用意されています。入門レベルであれば、月 $5 以下であれば無料で使用できます。詳細な価格プランは、ここで見ることができます。

始めましょう

設定やデータ アクセスの方法として、プログラムを組んで行うこともできますし、web インタフェースを使うこともできます。どちらを使うにせよ、Java スクリプト オブジェクト記法 (JSON) の勉強が必要です。データは JSON 形式で格納されます。そして、CouchDB の基本を勉強します。
 
まず、Cloudant ページでアカウントを作成しましょう。ログインすると、ダッシュボードが表示されます。ここでデータベースを作成します。下は、著者のダッシュボードのスクリーン キャプチャです。もうすでにいくつかデータベースを作成してあります。
cloudant のダッシュボード

データベースを作成する

CouchDB (もちろん Cloudant も) では、データベースは、ドキュメントの集合として扱われます。ドキュメントとは、JSON で記述されたものです。データベースを作成するには、画面右上の ”Add New Database” をクリックします。
 
cloudant create database

データベースにドキュメントを追加する

データベースを作成すると、ダッシュボードがドキュメント ビューに変わります。
 
cloudant dbview
 
ビューの上部には、今作業しているデータベースの名称が表示されています。右部のペインには、ドキュメントが表示されるのですが、今はありません。ドキュメントを追加していきましょう。真ん中のペインの ”All Documents” の右にある ”+” をクリックします。ドロップダウン メニューが表示されたら、その中にある ”New Doc”をクリックします。

cloudant adddoc

ドキュメント エディターが起動します。ドキュメント エディターは、JSON ドキュメント編集のコード エディターです。ドキュメントは JSON の仕様に準拠していなければなりません。JSON は、Java スクリプトから、動的な評価が必要となる関数、変数、または計算式を取り除いたものと考えればよいでしょう。つまり、すべてリテラル (固定値) でということです。メンバー名と文字列は、二重引用符で囲みます。
 
ドキュメント エディターを起動すると、UUID を含む文字列の ”_id” というメンバー名のみを含んだ JSON ドキュメントが表示されます。この ”_id” はすべての CouchDB ドキュメントに必要で、データベース内でユニークです。SQL データベースに詳しい人ならば、プライマリ キーと思えば良いでしょう。すべてのドキュメントがこれを持っています。Web ベースのエディターを使えば、自動的に ”_id” が生成されます。
 
次に、JSON オブジェクトにメンバーを追加します。下記に例を示します。もちろん、”_id” はそれぞれ異なります。
{
"_id": "d795ad9029793255261aba9fe045ac4f", 
"first_name": "George",
"last_name": "Washington", 
"lived": { 
"born": 1732, 
"died": 1799 
}, 
"president": 1 
}

これを入力後、上部にある緑の ”Save” ボタンをクリックします。ドキュメントが保存された旨のメッセージがウインドウ上に表示されます。不正なコードを入力すると、エラー メッセージが表示されます。エディターには文法チェック機能があり、エラーがある行の左に X マークが表示されます。これは、入力中に表示されるので、保存する前にエラーを修正できます。

“Back” をクリックして、データベース ビューに戻ります。右ペインに新しいドキュメントがリストされます。

結論

Cloudant では、簡単にデータベースやドキュメントを作成できます。検索やデータマッピングのビューも簡単に作成できます。特別なクエリ用の文法を利用して、クエリも作成可能です。さらに、”Lucene” を利用したフル テキスト検索もできます。次回はこれらを説明します。そして、ダッシュボードを使うと同時にプログラム的にアクセスする方法を勉強します。
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/11/28 2018年 11月 27日
  2. Today's Linux 2018/11/29 2018年 11月 28日
  3. Today's Linux 2018/12/03 2018年 12月 02日
  4. Today's Linux 2018/12/04 2018年 12月 03日
  5. Today's Linux 2018/12/06 2018年 12月 05日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!