twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux Jp チュートリアル Linux上で LibreOffice データベース用のフォームを作成する

Linux上で LibreOffice データベース用のフォームを作成する

原文はこちらです。

LibreOffice は、強力なデータベースアプリケーションを含んでいます。それは、驚くほどユーザー フレンドリーです。このデータベースをだれでも管理、編集でき、LibreOffice で作成したフォームを使ってデータ入力ができます。このフォームは、簡単に作成でき、既存のデータベースと接続できます。また、データベースとフォームを新規にワンステップで作成できます。

LibreOffice Baseのフォーム作成には、2 種類の方法があります。

  •  フォーム ウィザード
  •  デザイン ビュー

デザイン ビューは、ドラッグ アンド ドロップ形式の強力な作成ツールで、要素の追加と、データベースへの割り当てを行うことができます。ウィザードは、ステップバイステップで簡単にフォームを作成することができます。ウィザードは、デザイン ビューほど強力ではありませんが、簡単に作成することができ、デザインの経験が不要です。

この入門では、まずフォーム ウィザードを使います (後で、デザイン ビューを使用して、もっと複雑なことをします)。データベースは作成済みで、データを追加できる状態だとします。データベースを LibreOffice で作成してもよいですし、ローカル、リモート、どちらに存在しても大丈夫です。データベースの形式は、以下に対応しています。

  • Oracle JDBC
  • スプレッドシート
  • dBASE
  • テキスト
  • MySQL
  • ODBC

簡単にするため、LibreOffice Base でローカルに作成します。ここでは、2 つのテーブルを持つ簡単なデータベースを作成します。このデータベース用の入力フォームを作成しましょう。

データベースを開く

最初に、LibreOffice Base を開きます。データベース ウィザードの画面が表示されます (図 1)。「既存データベースファイルを開く」を選択し、オープンします。使用するデータベースを選び、「終わり」をクリックします。

lo base form 1

 次に、LibreOffice Base の重要な画面が表示されます。この画面 (図 2) で、テーブルの管理、クエリの実行、フォームの作成・編集とデータベースに関するレポートを見ることができます。

lo base form 2

 画面左の「フォーム」ボタンをクリックし、「ウィザード」ボタンをダブルクリックして、フォーム作成に移ります。

フォーム ウイザードで、データベースを開き、最初にフォームで使用するフィールドを選択します。すべてのフィールドを選ぶ必要はありません。全部のフィールドを選択しても良いし、最小限として、1 つだけ選択してもよいです。

テーブルが複数あるときは、「テーブル」か「クエリ」のドロップダウン メニューでテーブルを選択します (原注:この時点では、1 つのテーブルからだけ、フィールドを選択できます)。テーブルを選択し、フィールド セクションからフィールドを選択して、フォーム セクションに追加します (図 3)。

lo base form 3

サブフォームの追加

必要なフィールドを全部選択したら、「次へ」をクリックします。「サブフォームの追加」を選択できます。サブフォームは、フォームの中のフォームで、より詳細なデータを追加するためのものです。たとえば、雇用者記録に2次データを追加できます (業務履歴、昇給等)。ここで、他のテーブルから、フィールドを追加できます (最初のテーブル以外に)。サブフォームを作成するときの手順は以下のとおりです。

  • テーブル選択
  • フィールド追加
  • フィールドの結合 (図 4 にあるように、ID に著作者 ID を結合)
lo base form 4

フォーム コントロール

サブフォームを全て追加したら、「次へ」をクリックします。フォーム コントロールを指定します。これは、フォームの見た目、作業性を指定するものです (データ入力欄の配置、フィールド ラベルの位置等)。フォームとサブフォームでレイアウトを変えることができます (図 5)。

lo base form 5

データ入力モードの指定

 コントロールを指定したら、「次へ」をクリックします。次に、データ入力モードを選択します (図 5)。

 2 種類あります。

  • 新規に入力する
  • すべてのデータを表示する

フォームが新規データの入力用の場合、「新規入力のみ」を選択します。もし、データ入力、表示が必要ならば、「全てのデータを表示」を選択します。後者を選択すると、入力済みデータの変更を許すか、指定します。既存データを保護したいときは、「修正を許可しない」を選択します。

lo base form 6

すべてを指定したら、「次へ」を選択します。

データを入力する

フォームのスタイルを選択します。色、フィールドの境界線(線無し、3D 線、フラット)。選択して、「次へ」をクリックします。

最後にフォーム名称を指定します。同じウインドウ内で、オプションを選択したり、フォームで作業を始めたりできます (図 7)。オプションを選択して、「終わり」をクリックします。これで、フォームを開いて、データを入力できます。

lo base form 7

 フォーム作成後、フォームを使って作業し、閉じます。その後、データ追加のためにフォームを再び開く時は、次のようにします。簡単です。

  1. LibreOffice Base を開く。

  2. 既存データベースを開く (フォーム作成時と同様手順)。

  3. 「フォーム」の下のデータベース名をダブルクリック (図 8)。

  4. データを入力する。

lo base form 8

 最後に大事なことですが、フォームでの作業が終了したら、「File」>「Save」を選択して、作業の結果を確実に保存してください。

 1 つのデータベースについて、複数のフォームを作成できます。フォーム数に制限はありません。

 LibreOffice データベースの簡単なデータ入力方法を探しているのであれば、ユーザー フレンドリーな入力フォームを簡単に作成できます。次のチュートリアルで、デザイン ビューを使用した方法を説明します。

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!