twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux Jp チュートリアル CuBox: 2 インチ四方の ARM ベース Linux

CuBox: 2 インチ四方の ARM ベース Linux

原文は 2015 年 4 月 13 日に掲載されました。
 
cubox

CuBox は、2 インチ四方の ARM マシンです。セットトップ ボックスやデータベース サーバー、その他のさまざまな用途に使用可能です。
BeagleBone Black (和訳版はこちら) や Cubieboard (和訳版はこちら) を含むARM マシン比較では、CuBox は SSD の IO 性能が一番良いものでした。

複数のモデルがあり、各モデルにも、ダブルコア、クワッドコアのカスタマイズを選択できます。他にも、RAM 容量は 1 または 2GB、ethernet は 100M か 1G、wifi と bluetooth は必要かなどで選択できます。それに応じて、価格も $90 から $140 します。ここでは、最高級モデルの CuBox i4Pro を見てみます。

CuBox フィーチャー

CuBox のほとんどのコネクタは背面に出ています。コネクタには、G ビット ethernet、USB 2.0 ポート、フルサイズの HDMI 端子、eSATA、電源そしてマイクロ SD スロットを含みます。反対面には、オプティカル S/PDIF オーディオ端子が出ています。電源は、5V/3A で、DC ジャックを使います。

CuBox の梱包を開けた時に、その小ささに気がつきました。それは 2 インチ平方で、高さが 1.75 インチでした。一方、Raspberry Pi 2 は 3.5 インチ長で、幅が 2.5 インチです。CuBox は、Raspberry Pi より背が高いのです。

CuBox の購入時に、Android 4.4 と OpenELEC/XBMC のどちらをマイクロ SD カードに入れるかを選択します。入手後、Debian、Fedora、openSUSE やその他をインストールすることもできます。

CuBox i4Pro には、Android 4.4.2 がプリインストールされています。Android を立ち上げるとブート時に一瞬停止するので、少し心配になります。その後、アプリケーション ラウンチャーの選択画面が表示され、仕事に取りかかれます。標準では、Google Keep (訳注: //keep.google.com)、Google Drive と Youtube、Gmail、Play Store のようなアプリケーションが表示されます。Youtube は、Chromecast のビデオ再生のオプションも含まれています。小型の ARM マシン用の Android のいくつかには Play Store が含まれていないことがあるので、これに含まれているのは良いことだと思います。

期待していなかったのが、Ethernet アプリです。IP アドレス、DNS 設定と Proxy サーバーを簡単にチェックできます。DHCP (標準では、これです) を使うか、固定 IP アドレスを使うかの設定や、Proxy サーバーの設定と Proxy として使用しないマシンのリストも作成できます。

アプリケーション切り替え時の画面の書き換えもスムーズです。アプリケーション、ウィジェット、設定メニューや YouTube でのマウス ホイールの動きも期待通りです。マルチメディア キーボードのボリュームの '+', '-' キーは、音量を変えますが、最大か最小かしかできません。CuBox ではなく、テレビやアンプで音量を変更することで、問題を避けられます。YouTube での再生もスムーズで、全画面表示も問題ありません。

Chrome ブラウザ (バージョン 31.0.1650.59) は、Octane 2.0 ベンチマーク (訳注: https://developers.google.com/octane/?hl=ja) で 2,455 を出しました。一方、3 年目の Mac Air の Chrome (バージョン 41.0.2272.89) は、13,542 でした。

Debianをインストールする

CuBox のマイクロ SD カードは、スプリング ローディング機構を持っていません。マイクロ SD カードを取り出す時に、爪を使って慎重にしてください。

Debian をインストールするには、イメージをダウンロードして、以下のようなコマンドを使ってイメージを SD カードにコピーします。私は、もとの SD カードを保管しておいて、Debian 用に新しいカードを用意しました。これで、Debian と Android を簡単に使い分けることができます。書き込みを終えたら、もとの SD カードを抜き取り、新しい Debian の SD カードを入れます。

dd if=Cubox-i_Debian_2.6_wheezy_3.14.14.raw \
   of=/dev/disk/by-id/this-is-where-my-microsdcard-is-at \
   bs=1048576

CuBox/Debian にデスクトップのインストールもサポートされています。これは、CuBox の GPU と VPU を実験的にサポートしています。今回の Debian インストールでは、ハードウェアでコードの Big Buck Bunny に挑戦してみましたが、何か足りず、うまくできませんでした。"GeexBox XBMC - A Kodi Media Center" の 3.1 バージョンでは、Big Buck Bunny はうまく動作しました。CuBox は、ハードウェア デコードをサポートしていることがわかりました。Debian 上で動作させるには、もう少し何かが必要です。

Debianをブートすると、標準ではテキスト コンソールになります。デスクトップ環境をインストールすることができます。Xfce が動作することを確認しました。

CuBoxの性能

sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq というファイルは、cpuinfo_cur_freq と cpuinfo_max_freq を持っています。私の場合、それぞれ 0.8GHz と 1.2Ghz です。

OpenSSL ベンチマークは、シングル コアのテスト プログラムです。CuBox より高いクロックを持つ ODroid-XU のような ARM マシンは、OpenSSL ベンチマークに効果的です。

4 コア マシン上で OpenSSL 1.0.1e をコンパイルするのに 6.5 分かかります。ダイジェストと暗号の性能は、BeagleBone Blackとほぼ同等です。1,024 ビット RSA は、CuBox が 200 で、BlackBone Black が 160 です。

Cubox ciphers

Cubox digests

cubox rsa sign

Iceweasel (訳注: http://ja.wikipedia.org/wiki/Iceweasel) 31.5 は、octane で、2,015 を得ました。一方、Raspberry Pi 2 上の Iceweasel 3.14.0esr では、Octane のスコアは 1,316 でした。

2D グラフィックの性能を見るため、Cairo Performance Demos 1.0.1 を利用しました。これには、3 つのギアをを実行します。'chart' は、線描画を 4 つ実行します。'fish' は、たくさんの魚が泳ぐ水槽をシミュレートします。'gradient' は、スクリーンを動く線で埋め尽くします。'flowers' は、スクリーンを回転しながら上下する花を描画します。比較対象として、インテル 2600K CPU と、2 つのスクリーン (1 つは 2560*1440、もう 1 つは 1080p) を制御する NVidia GTX570 を積んだデスクトップでテストしました。

Test Radxa 
at 1080
Beable Bone 
Black at 720
Mars 
LVDS at 768
desktop 2600k/nv570 
two screens
Raspberry Pi 2 
at 1080
CuBox i4Pro 
at 1080

gears

29

26

18

140

21.5

15.25

chart

3

2

2

16

1.7

3.1

fish

3

4

0.3

188

1.6

2

gradient

12

10

17

117

9.6

9.7

eSATA

CuBox は eSATA を持っています。これを使うと、microSD カードより性能が良い SSD を利用できます。eSATA マルチ コアとギガビット ethernet を持つ CuBox に 2.5 インチ SSD を追加して、小さな NAS を構築できます。

eSATA の性能をテストするため、120G バイトの SanDisk Extreme SSD をつけました。シーケンシャル IO Bonnie++ は、120M バイト/秒の書き込み、150M バイト/秒の読み出し、50M バイト/秒の再書き込み性能でした。6,000 回/秒のシークができました。

価格では、120GB SanDisk SSD は約 $70 で、128G バイト SanDisk マイクロ SD カードは $100 です。マイクロ SD カードのパッケージには、48M バイト/秒の転送速度と記されています。この結果から、サーバーの負荷、データベースの再書き込みを考えると、SSD が選択肢となりえます。

この SSD は、Cubieboard 評価に使用したものと同じです。CuBox と Cubieboard は、同じような名前ですが、違うものです。Cubieboard は、書き込み 41M バイト/秒、読み出し 104M バイト/秒で、シークは 1849 回/秒です。同じ SSD を TI OMAP5432 でテストすると、書き込み 131M バイト/秒、読み出し 131M バイト/秒で、シークは 8558 回です。CuBox は、書き込みと読み出しでは、OMAP5432 より性能が良く、シークでは OMAP5432 が勝っています。

eSATA データ転送に関しては、CuBox は、テストした SSD では最高性能と言えるでしょう。

消費電力

マウスとキーボードを接続し、グラフィカル ログイン待ちの状態で、CuBox は 3.2W を消費しました。キーボードとマウスを外すと 2.8W に落ちました。キーボードとマウスを再接続し、OpenSSL を 1 つ実行すると 4W 消費し、4 つの場合 6.3W 消費しました。Octane 実行中は 5W になります。

最後に

小型の ARM マシンに 直接 HDMI ポートを用意する試みがあります。CuBox に電源、ethernet、USB ケーブルを接続すると、HDMI ドングルを接続することは現実的ではありません。CuBox は、(ほとんど) すべてのコネクタを一面に集中することで小型化を図りました。

3 つの基本形から選択して wifi と bluetooth の構成を決めることで、用途に応じたマシンを構成することができます。eSATA と G ビット ethernet を使用することで、CuBox を小型サーバー (たとえば NAS やデータベース サーバー) とすることができます。XBMC/Kodi のディスク イメージを利用すれば、ハードウェア デコードを活用してメディア再生も可能です。

今回、CuBox ハードウェアを提供いただいた SolidRun に感謝します。

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!