twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux Jp チュートリアル コスト パフォーマンスの良いLinuxサーバー用コントロール パネル

コスト パフォーマンスの良いLinuxサーバー用コントロール パネル

原文は 2015 年 9 月 4 日に掲載されました。

Web ベースのコントロール パネルの分野で最初に思いつくものは、cPanelです。powerhouse のツールで、サーバー管理者が必要とするほとんどすべてのことができます。もちろん皆さんは、コスト パフォーマンスの良いものか OSS を探していると思います。その意味で、cPanel は解とはなりません。cPanel は強力なコントロール パネルですが、その価格は中規模から大規模ビジネス ユーザーを想定しています。

なにより、問題は、プロプライエタリであることです。

それでは何かほかにないでしょうか。Linux を前提とすると、ほとんどの要求にあうツールがたくさんあります。Web, e メール、DNS、データベース、バックアップ、FTP、監視など、OSS のサーバー コントロール パネルは、対応しています。

あまりにも多くの選択肢があるため、迷うことでしょう。ここでは選択の手助けとして、5 つのツールを紹介したいと思います。

これから紹介するコントロール パネルは、どの Linux にもインストールできます。いくつかは自由に使用でき (いくつかは  OSS です)、それ以外は、それほど高価でないプレミアム バージョンです。以下を読んで、好みにあうものを見つけてください。

Webuzo(上図) は LAMP スタックを管理するプログラムで、これを使うと、サーバー上で多くの Web アプリケーションとサービスを迅速かつ容易にデプロイできます。数回のクリックで、WordPress、PrestaShop、Drupal、Joomla、phpBB、SMF、Magento、WHMCS、Xoops、Open Real Estate、Mambo、Geeklog、Coppermine、MedlaWiki、Dolphin、Jcow、Egg、OpenClassfields、Booked、Rouncube、SquirelMail、Collabive などをインストールできます。Webuzo は、それ自体のインストールも簡単です。install.sh スクリプトをダウンロードして、実行するだけです。プロンプトが表示されたら、ブラウザを開いてアドレスを指定します。すると、想像以上の web ベースのアプリケーションがインストールされ、管理できるようになります。

長い間、Webminは go-to スタイルの Web ベースの Linux 用コントロール パネルです。Webmin は、インストールが容易で、Linux サーバーのさまざまな管理が可能で、管理者の仕事を簡単にしてくれます。標準でインストールされる機能に不足がある時は、さまざまなプラグインを用意しています。プラグインは、コントロール パネルの機能を拡張してくれます。サードパーティ モジュール ページ を検索すると、たくさんのプラグインがあります (リスティング を利用してマニュアル検索も可能です)。Webmin はフリーで使える上に、Virtualmin(仮想ホストの管理モジュール) と Cloudmin(仮想マシンの管理モジュール) を提供しています。

ISPConfigは、1 つのコントロールパネルで複数台のサーバーを管理できます。これを使うと、Apache、NGINX、FTP、SQL、BIND DNS、ミラーリング、クラスター、データベースと仮想サーバー、E メールなどを管理できます。ISPConfig は、柔軟にできた 4 段階のアクセスを提供します。それぞれ、管理者、リセラー、クライアント、E メール ログインです。アドオンAndroid 用監視プログラム が提供されています。ISPConfig の問題点は、インストールが簡単でないということです。実際、ISPConfig では、コントロール パネルのインストール前に、すべての必要なコンポーネントをマニュアルでインストールする必要があります。ISPConfig をインストールした後でも、構成設定は、1 クリックではできません。言い換えると、学習曲線に従わないのです。しかし、一度インストールが終わり、マスターできれば、ISPConfig は非常に良い道具です。

Vestaは、インストールが簡単なコントロール パネルの 1 つです。しかし、Apache と MySQL が両方ともインストールされていないサーバー上にインストールする必要があります。なぜなら、Vesta インストーラーは両者を個別にコンパイルするからです。サーバーを準備したら、インストール スクリプトをダウンロードして実行します。プロンプトが出て、認証とログインのためのリンクが表示されます。インストールが完了すると、Web、DNS、データベース、メール、FTP、Nginx、SSL 認証、構成テンプレート、バックアップ、アップデート、監視、スパム監視、ウィルス監視、WHMCS (訳注;クライアント管理、課金システム) などを管理できます。Vesta はわかりやすい UI を持っており、システムとサーバーを容易に管理できます。

Direct Adminは OSS の Web ホスティング プラットフォームで、多数の Webサイト、E メール アカウントなどを管理できます。Direct Admin の良い点の 1 つは、一旦設定すれば、タスクのほとんどを自動化できる点です (多くの設定が必要な点を除いて)。ビルトインされたファイル マネージャー (簡単にアップロードが可能です) や、エラー ページを簡単に生成できる機能、そしてパスワード保護機能があります。クライアントにとっては、ビルトインのチケット発行機能と SSL 認証管理機能が用意されています。Direct Admin を使う上での最大の問題は、フリーではないという点です。しかし、$299.00 で無期限のライセンスを購入でき、90 日間のサポート、自動的な更新、ドメイン名の無制限付与、フリー インストールが含まれています。

Web ベースのコントロール パネルを 5 つ紹介しました。これらは Linux を管理できます。いくつかは OSS ではありませんが、コスト パフォーマンスが良く、強力です。Linux サーバーについて学ぶときは、まずこれらのツールのどれかを使ってみてください。

時間と労力をかけるに値するコントロール パネルは見つかりましたか。簡単で使いやすく、すべてをこなしてくれる Web ベースの GUI を持つものは、あったでしょうか。もし見つけたら、Linux.com で紹介してください。


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!