twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ

ブログ

ブログ別アーカイブ l 未来のいつか l Android/OPhone雑記 l l
l アジアのペンギン l 烏龍の旅 l 第三のペンギン l TOMOYO Linux l

 

新着記事



現代社会はどこに向かうか、見田宗介著、読了、乱読日記風2019、その7

東大総長の平成30年度卒業式告辞で見田宗介の名前を知り「まなざしの地獄」とともに読んだ。本書は「脱高度成長期」をむかえた現代社会がどこに向かうのかを正面切ってとりあげている。 指数関数的な経済成長というのがありえないということを我々はすでに知っている。地球の資源は有限だし、人口増加も頭打ちになっている。しかしながら、我々の精神性においてはどこかに経済成長を望んでいるし、暗黙の仮定として、それを前提としている空気もある。 見田宗介はロジスティック曲線とよぶS字型の曲線を例に現代社会の行く末を占う。(8ページ) 1970年代のローマクラブの「成長の限界」を持ち出すまでもなく、成長はどこかに限界がある。それをロジスティック曲線が端的に表している。 「貨幣経済という人間の最大の発明の一つ」(132ページ)で欲望はどこに向かうのだろうか? 「生活のための物質的な条件が確保されれば、それ以上の経済などにはあまり関心を持たない」(127ページ) というあたりにヒントが有るようなきがした。 なかなか面白かった。 東大総長告辞と合わせて読んだ。 www.u-tokyo.ac.jp...
続きを読む...
 

奇跡の人

ヘレン・ケラー自伝である。自伝といえば生涯の最期の頃に書かれることが通例だが、本書は彼女の20代前半で書かれた。 第四章でサリバン先生との出会いが書かれている(31ページ)。1887年、7歳の誕生日の三ヶ月前である。そしてサリバン先生も盲人(手術によって回復したと言われている)だということはあまり知られていない。 言葉と綴り。言葉と物の対応などをサリバン先生が丹念にヘレン・ケラーに伝えようとする。人形はdollと指文字で教える。指文字を書くのが楽しくてそれを真似る。別の人形もdollと綴ることを理解できなくて癇癪を起こす。先生はヘレンを井戸に連れて行く。そして井戸水の噴出口に先生はヘレンの片手を置いた。waterという綴を指文字で伝えた。ヘレン・ケラーは「水」という概念を理解した(34ページ) サリバン先生がいなかったらヘレン・ケラーは言語を獲得することも大学にも入学することも難しかっただろう。 後半に読書リストもあって古典を読んでみたいと思った。       乱読日記風 2019...
続きを読む...
 

奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝、ヘレン・ケラー著、読了、乱読日記風2019、その6

ヘレン・ケラー自伝である。自伝といえば生涯の最期の頃に書かれることが通例だが、本書は彼女の20代前半で書かれた。 第四章でサリバン先生との出会いが書かれている(31ページ)。1887年、7歳の誕生日の三ヶ月前である。そしてサリバン先生も盲人(手術によって回復したと言われている)だということはあまり知られていない。 言葉と綴り。言葉と物の対応などをサリバン先生が丹念にヘレン・ケラーに伝えようとする。人形はdollと指文字で教える。指文字を書くのが楽しくてそれを真似る。別の人形もdollと綴ることを理解できなくて癇癪を起こす。先生はヘレンを井戸に連れて行く。そして井戸水の噴出口に先生はヘレンの片手を置いた。waterという綴を指文字で伝えた。ヘレン・ケラーは「水」という概念を理解した(34ページ) サリバン先生がいなかったらヘレン・ケラーは言語を獲得することも大学にも入学することも難しかっただろう。 後半に読書リストもあって古典を読んでみたいと思った。       乱読日記風 2019...
続きを読む...
 

GCC/Clangで複数命令を含むインラインアセンブラを記述する際の注意点

とある開発中のプロジェクトで、GCC/Clang のインラインアセンブラが意図しない不正コードを生成し、バグではないか?と調査しました。 その結果、これはどうやら正しい仕様らしい、しかし非常に間違いやすく混乱しやすいケースだと思ったのでメモしておきます。 解決策だけを先に言いますと、GCC/Clang のインラインアセンブラを、可能ならば常に 1 文に 1 命令のスタイルで記述するようにすれば、この類の混乱は避けられそうです。 続きを読む...
続きを読む...
 

Xilinx QEMU Windows版をマルチアーキテクチャで動作させる

Xilinx 社の ZynqMP 詳しくないのですが、Xilinx QEMU は PMU※1(qemu-system-microblazeel)ターゲットの QEMU と APU/RPU※2(qemu-system-aarch64)ターゲットの...
続きを読む...
 

令和

新元号が発表になった。 平成が終わり令和がはじまる。 平成はバブル崩壊、人口減少、成長しない経済というような時代だった。 自分にとっては、終身雇用、年功序列という働き方のイリュージョンから目覚めた時代でもあった。一方で、オープンソースソフトウェアの黎明期にリアルタイムで立ち会えたラッキーな時代でもあった。コミュニティによる価値の創造、インターネットによる地球規模のコラボレーション、エンジニアとしての成長などを実感した。 自分が会社員として現役を過ごしてきた時代と重なる。 自分にとって令和は人生100年時代の二毛作目にあたる。楽しみである。...
続きを読む...
 

令和

新元号が発表になった。 平成が終わり令和がはじまる。 平成はバブル崩壊、人口減少、成長しない経済というような時代だった。 自分にとっては、終身雇用、年功序列という働き方のイリュージョンから目覚めた時代でもあった。一方で、オープンソースソフトウェアの黎明期にリアルタイムで立ち会えたラッキーな時代でもあった。コミュニティによる価値の創造、インターネットによる地球規模のコラボレーション、エンジニアとしての成長などを実感した。 自分が会社員として現役を過ごしてきた時代と重なる。 自分にとって令和は人生100年時代の二毛作目にあたる。楽しみである。...
続きを読む...
 

系外惑星と太陽系、井田茂著、濫読日記風2019、その5

 系外惑星というのは太陽系以外の恒星の周りに回っている惑星のこと。だから系外惑星。それが昨今の観測技術の向上によってボコボコ見つかっているらしい。1995年に初めて系外惑星が発見されて以来、系外惑星の発見ラッシュとなっている。それまでなぜ見つからなかったのか?というのが面白い。人類は太陽系以外の惑星システムを知らないので、天文学者は知らず知らずのうちに太陽系をモデルとした惑星システムを前提としていた。というかそれしか知らないのだからしょうがないよね。1980年代に十分観測技術が発達したのに全然系外惑星が見つからないのは全宇宙で太陽系みたいなものは奇跡なのでほとんど存在しないのではないだろうかという考えが主流になっていたらしい。やっぱり太陽系は神が作ったもので奇跡だとかなんとか(と思っていたかどうかは知らないけれど)ところが1995年に発見されたものは中心の恒星のすぐ近所を4日で高速周回しているガス惑星だった。太陽系では木星や土星は10年〜30年かけて周回する。太陽系とは似ても似つかない惑星システムだったので発見されなかったらしい。天文学者は唖然とするばかりであった(viiページ)。いったんそれが惑星であると認識されると、系外惑星の発見は一気に進んだ。太陽系しか知らないのでそれをベースに考えるしかないのであるが、その束縛から自由になると、一気に観測が進むというのが面白い。科学者は常日頃、多様性と普遍性、偶然と必然というようなことを考えていて、そのような訓練を重ねているにも関わらず、固定観念にとらわれていたということである。パラダイムが変わる瞬間なのかもしれない。面白いなあ。すごいなー。ロマンだ。系外惑星についてもっと知りたいと思った。 系外惑星と太陽系 (岩波新書) 作者: 井田茂 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/02/22 メディア:...
続きを読む...
 

系外惑星と太陽系、井田茂著、濫読日記風2019、その5

 系外惑星というのは太陽系以外の恒星の周りに回っている惑星のこと。だから系外惑星。それが昨今の観測技術の向上によってボコボコ見つかっているらしい。1995年に初めて系外惑星が発見されて以来、系外惑星の発見ラッシュとなっている。それまでなぜ見つからなかったのか?というのが面白い。人類は太陽系以外の惑星システムを知らないので、天文学者は知らず知らずのうちに太陽系をモデルとした惑星システムを前提としていた。というかそれしか知らないのだからしょうがないよね。1980年代に十分観測技術が発達したのに全然系外惑星が見つからないのは全宇宙で太陽系みたいなものは奇跡なのでほとんど存在しないのではないだろうかという考えが主流になっていたらしい。やっぱり太陽系は神が作ったもので奇跡だとかなんとか(と思っていたかどうかは知らないけれど)ところが1995年に発見されたものは中心の恒星のすぐ近所を4日で高速周回しているガス惑星だった。太陽系では木星や土星は10年〜30年かけて周回する。太陽系とは似ても似つかない惑星システムだったので発見されなかったらしい。天文学者は唖然とするばかりであった(viiページ)。いったんそれが惑星であると認識されると、系外惑星の発見は一気に進んだ。太陽系しか知らないのでそれをベースに考えるしかないのであるが、その束縛から自由になると、一気に観測が進むというのが面白い。科学者は常日頃、多様性と普遍性、偶然と必然というようなことを考えていて、そのような訓練を重ねているにも関わらず、固定観念にとらわれていたということである。パラダイムが変わる瞬間なのかもしれない。面白いなあ。すごいなー。ロマンだ。系外惑星についてもっと知りたいと思った。 系外惑星と太陽系 (岩波新書) 作者: 井田茂 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/02/22 メディア:...
続きを読む...
 

未来を読む、大野和基編集、読了、濫読日記風2019、その4

下記の人たちのインタビュー集。ブックリストにもなっている。 ジャレッド・ダイアモンド*1 ユヴァル・ノア・ハラリ*2 リンダ・グラットン ニック・ボストロム ダニエル・コーエン ウィリアム・J・ペリー ジョーン・C・ウィリアムズ ネル・アーヴィン・ペインター ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」やハラリの「サピエンス全史」、「ホモ・デウス」などは人類史を壮大なスケールで描いたもので大変興味深かったし、グラットンの「WORK...
続きを読む...
 
1 / 101 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!