twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ

ブログ

ブログ別アーカイブ l 未来のいつか l Android/OPhone雑記 l l
l アジアのペンギン l 烏龍の旅 l 第三のペンギン l TOMOYO Linux l

 

新着記事



コインロッカー・ベイビーズ、村上龍著、濫読日記風、その39

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)を読んだ。 村上龍は芥川賞を受賞したデビュー作の限りなく透明に近いブルーからリアルタイムで読んでいるのだけど、その時は正直ピンとこなかった。二作目の海の向こうで戦争が始まるは、あってもなくてもいいような作品だと思った。 そして、1980年にコインロッカー・ベイビーズを読んだ。 衝撃だった。コインロッカーに遺棄された赤ん坊、ハシとキク。 コインロッカーの暑さと息苦しさに抗して爆発的に泣き出した赤ん坊の自分。(中略)どんな声に支えられて蘇生したのか、思い出した。殺せ、破壊せよ、その声はそう言っていた(125ページ) 陸上の選手のキク。ミリオンセラーシンガーになるハシ。鰐を飼うアネモネ。この三者が小笠原の深海に眠るダチュラの力で街を破壊しようと試みる。 圧倒的なスピード感で一気に読ませる。 村上龍はこの作品で作家としての地位を確立した。 この作品の後に、愛と幻想のファシズム、希望の国のエクソダス、半島を出よなどの近未来小説の系統が続く。 最近はTVでコメンテータとして村上龍をみることが多いが、彼は作家なのである。この作品があったおかげで、村上春樹と村上龍の今があると言って過言ではない。同時代に生きる、二人の村上の方向性を決めた作品だ。 自分は村上龍のいい読者ではない。未読の作品も多い。だけどコインロッカー・ベイビーズは自分にとってのかけがえのない一冊だ。久しぶりに読んでみて、詳細は忘れていたが、躍動感はそこに確実にあった。 未読ならば是非お勧めしたい。 濫読日記風 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」、山口周著、濫読日記風、その38 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 正しい本の読み方、橋爪大三郎著、濫読日記風、その37 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 漫画 君たちはどう生きるか、吉野源三郎著、羽賀翔一(イラスト)、 濫読日記風、その36 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 Hit...
続きを読む...
 

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」、山口周著、濫読日記風、その38

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)を読んだ。 なぜ、世界のエリートは「美意識」を鍛えるのか?という問いはなかなか刺激的だ。 そもそも「エリート」という言葉に過剰反応する自分がいる。それはともかくとして、なぜ、世界のエリートは「美意識」を鍛えるのか? それは『これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足を置いた経営、いわば「サイエンス重視の意思決定」では、今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない』(14ページ)からだという。 論理的・理性的な情報処理スキルの限界が露呈しつつある 世界中の市場が「自己実現的消費」へと向かいつつある システムの変化にルールの制定が追いつかない状況が発生している 方法論として分析的・論理的な情報処理スキルの限界がある。もちろんそのようなスキルは非常に重要だがアートとサイエンスのバランスが重要になってくる。 人の承認欲求や自己実現欲求を刺激するような感性や美意識が重要になる。 変化の早い世界においては、ルールの整備は後追いになるので、クオリティの高い意思決定には「美意識」が重要になる。 第5章で「受験エリートと美意識」を議論している。偏差値が高いエリート(受験エリート)がなぜオウム真理教的なもの好むのか。そこには美意識の欠如があるという。 ある組織に共有されているルールや規範が論理的に間違っている場合どうなるか。企業の不祥事はそのような文脈で語られる。ナチスドイツのアドルフ・アイヒマンの例を出して議論している。 「エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告」と「アイヒマン調書――ホロコーストを可能にした男」を読んだ、濫読日記風、その21 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 でも読んだが、システムを無批判に受け入れることの問題点をハンナ・アーレントは指摘している。 美意識を持たないことの問題点を数々指摘しているわけだが、では、どのようにして美意識を鍛えるのか?それが第7章だ。 システムを無批判に受け入れることが悪ならば、結局のところその時代において支配的だった考え方について疑いを持つこと、批判的に考えることが重要になる。知的反逆を試みる。それは哲学を学ぶことに他ならない。それは「無批判にシステムを受け入れる」という「悪」に、人生を絡めたられることを防げるということだ(237ページ) さて、「真・善・美」を考えるにあたって、最も有効なエクササイズになるのが「文学を読む」ことだ(239ページ) 『「偏差値は高いけど美意識は低い」という人に共通しているのが、「文学を読んでいない」という点であることは見過ごしてはいけない何かを示唆している』(240ページ) 文学を読んだり、詩に親しんだり、音楽を聴いたり、絵画を鑑賞したり、「真・善・美」を鍛えるエクササイズが必要だと思った。 自分はエリートだとは思わないけど、この歳になって圧倒的にそのようなリテラシーが欠如しているし、それに自覚的になって、もう少し文学などを読んでみたいと思っている今日この頃だ。 文学を読むのところで「罪と罰」の話が出てきて、あ、それ、最近読んだ(笑)と思った。それがちょっと嬉しかった。 濫読日記風 正しい本の読み方、橋爪大三郎著、濫読日記風、その37 -...
続きを読む...
 

正しい本の読み方、橋爪大三郎著、濫読日記風、その37

正しい本の読み方 (講談社現代新書)を読んだ。 読書好きのための読書本だ。 内容は、 <基礎篇> 第一章 なぜ本を読むのか、第二章 どんな本を選べばよいのか、第三章 どのように本を読めばよいのか <応用篇> 第四章 本から何を学べばよいのか、【特別付録】必ず読むべき「大著者一〇〇人」リスト、第五章 どのように覚えればよいのか、第六章 本はなんの役に立つか <実践篇> 第七章 どのようにものごとを考えればよいのか、終章 情報が溢れる現代で、学ぶとはどういうことか どんな本を、どう選んで、どう読むか。そんなことを指南してくれている。 本好きは、本の選び方がすごい。嗅覚がある。その嗅覚を身に付けたいと思うが、言語化されていない、暗黙知のようなものがある。次善の策としては、嗅覚が優れている人の読んでいる本を真似する。達人のお勧めをとりあえず読んでみる。自分の嗅覚を研ぎ澄ますには、ともかく数を打って、スカの本を読んで、学んでいくほかはないと思う。面白そうな本を片っ端から手にとってみる。すごい本もあるが、ダメなものもある。ダメなものを選ぶことによって、逆説的ではあるが、いいものを選ぶスキルを身につけることができる。ダメなものの方が多くてもそれはしょうがない。 本はネットワークを作っている。(42ページ) 教科書を読めという。教科書には当たり前のことだけが書いてある。ということはある分野の定番の教科書を発見できればいいと思い至るのだが、それはどうやって発見するのだろうか。それはともかく、本は間違っているかもしれない。そのような前提で本を読む必要がある。 教科書を読んだら古典を読む。(49ページ) 読むべき本のヒントは入門書に出てきた、重要そうな本を買って読む。 本について話し合う、良い友人に教えてもらう。友人の情報はネットの情報よりも信頼性が高いはず。 そして読書会。 ベストセラーには、そんなにいい本はない。スルーしても実害がない。ベストセラーだから買うのは最悪。ベストセラーを買うのは最悪ではない。この差が重要。 読み方。書いてあることを読む。これは初歩。書いてないことを読むのが、ちょっと上級。(73ページ)本を読むときに、著者の(暗黙の)前提を発見する。 第四章で「理科系の作文技術」を紹介している。本から何を学べばいいかの章で「理科系の作文技術」である。嬉しくなる。トピックセンテンスなのである。それを発見しながら読んでいく。作文と読解は表裏一体だ。...
続きを読む...
 

漫画 君たちはどう生きるか、吉野源三郎著、羽賀翔一(イラスト)、 濫読日記風、その36

漫画 君たちはどう生きるかを読んだ。 ベストセラーになっていて、本屋で平積みだ。昭和12年(1937年)発行の歴史的名著の漫画版だ。 漫画なのであっという間に読める。 思い起こせば、自分も小学校の時に通っていた学習塾の国語の授業の副読本として読んだ記憶がある。あらすじとかは全くの忘却の彼方だったが、主人公の名前が確かにコペル君だったような記憶がおぼろげながらある。 主人公はコペル君と呼ばれている。 ある時、おじさんと銀座のデパートに行って、屋上から町並みを見た。人々が雨粒のように小さかった。まるで分子のようだ。おじさんはその発見を、コペルニクスが発見したことと同じようなものだと考え、コペル君と名付けた。 コペル君がいじめとか正義とかを考える。おじさんとの書簡のやり取りで人間の弱さや強さを考える。 読書会などで感想を議論しながら読むというのもいいと思った。 濫読日記風 Hit Refresh(ヒット リフレッシュ)、Satya Nadella著、濫読日記風、その35 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 木に学べ―法隆寺・薬師寺の美、西岡常一著、濫読日記風、その34 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇、岩村暢子著、濫読日記風、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦、中田敦著、濫読日記風、その32 -...
続きを読む...
 

Hit Refresh(ヒット リフレッシュ)、Satya Nadella著、濫読日記風、その35

Hit Refresh(ヒット リフレッシュ) マイクロソフト再興とテクノロジーの未来を読んだ。 英語版を購入したのだが、積読していたら、日本語訳が出て、本書に対する話題が、昨日受講した斎藤さんのIT塾で出て、とっとと読まないと話題に遅れると思って泥縄式に読んだ。 2014年にマイクロソフトのCEOに就任したサティア・ナデラの自伝だ。就任して3年ほどなので自伝を著すにはいささか早すぎるのではないかと言う外野の声が聞こえてきそうであるが、彼のこの3年の実績を考えると早すぎるということはない。 本書は、彼の生い立ちから始まり、マイクロソフトの文化、現状を赤裸々に語っている。 彼は「文化」を、個人のマインドセットで構成される複合的なシステムとして捉える(132ページ) 文化を構成するのは個人だ。 キャロル・S・ドゥエック博士のマインドセット「やればできる! 」の研究を引用して、人間のマインドセットにはFixed Mindset(固定的なマインドセット)とGrowth Mindset(成長マインドセット)があって、前者は自分を制限し、後者は自分を前進させる。(133ページ) サティアはマイクロソフトのマインドセットを明らかに「成長マインドセット」に変えようと努力している。そして社員個人の成長を求めている。 彼はWindows一辺倒だった会社を、クラウド時代に適応させ、モバイルファーストに変えた。人工知能や量子コンピュータにも十分リソースを割いている。 彼の現時点での考えを知る貴重な一冊になっている。マイクロソフトの動向を知りたい人にはオススメである。 濫読日記風 木に学べ―法隆寺・薬師寺の美、西岡常一著、濫読日記風、その34 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇、岩村暢子著、濫読日記風、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦、中田敦著、濫読日記風、その32 -...
続きを読む...
 

MSYS2上からWSL内のファイルを実行する方法

Windows 10 Fall Creators Update から WSL (Windows Subsystem for...
続きを読む...
 

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美、西岡常一著、濫読日記風、その34

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)を読んだ。 薬師寺宮大工棟梁の西岡常一の語りをまとめたものだ。宮大工の仕事の一端がうかがい知れる。自分の想像を超える考え方に衝撃を受けた。本書を手に取ったきっかけは、ネットでたまたま発見したリンダ・グラットンの「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」の勉強会に参加したところ、講師の大熊玄准教授が本書を紹介していたからだ。 *1 「ライフ・シフト」は「人生100年時代」というキャッチーなフレーズもあってベストセラーになり、自分も感化された1人だ。100年なんて長い期間は考えたこともなかった。考えたこともなかったからこそ、自分の中に共感というか気づきが生まれた。 未来は予測できない。予測できない未来だからこそ、変化に適応する能力が重要になる。偶然に身をまかせるのではなく、主体的に自ら未来を切り開く。そのような時代のヒントに満ちたのが「ライフ・シフト」だと思う。 そして、IT時代の1年先も予測できないのに、100年先をどうやって考えるのか。想像もつかないし、考えたこともなかった。 その文脈で「木に学べ」が紹介された。法隆寺の棟梁は飛鳥時代の祖先からの口伝から学んでいる。現代に生きていながら飛鳥の知恵で生きている。 法隆寺は世界で一番古い木造建築だ。1300年以上前の建築物である。飛鳥時代の人がどのようにして1300年ももつ建造物を作り得たのか。その謎が西岡の口から語られる。 樹齢千年のヒノキは千年もつと言われている。日本にはもう樹齢が千年を超えるヒノキはない。日本で一番大きなヒノキは木曽にある樹齢450年ほどらしい。 千年も二千年も木が育つには土壌が重要で、木を見るには土をみろというらしい。 「棟梁は、木のクセを見抜いて、それを適材適所に使う」ことだという(12ページ) 昭和時代に西岡によって薬師寺西塔が再建されたが、それが本当にできているかはわからないという(166ページ)。地震や台風が来て何百年後にも倒壊していなければ完成したということか。 自分には想像もつかない時間軸の話である。 江戸時代の建築物(日光の東照宮など)はせいぜい三百五十年。 なんだかよくわからないけど棟梁の世界をもう少し知りたいと思った。 濫読日記風 家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇、岩村暢子著、濫読日記風、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦、中田敦著、濫読日記風、その32...
続きを読む...
 

家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇、岩村暢子著、濫読日記風、その33

家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇を読んだ。 平成の食卓の民族誌だ。 これは、1960年以降に生まれ、首都圏に在住する子供を持つ主婦を対象とした家族の食卓調査である。(184ページ) 1週間の1日3食を全て写真に撮って記録する。調査方法は下記のように行う。 食事作りや食生活、食卓に関する意識や実態のアンケート調査 決められた1週間の1日3食について、毎回食卓にのったものを全て、食材の入手経路やメニュー決定理由、作り方、食べ方、食べた人、食べた時間など、日記と写真で細かく記録してもらう。写真はレンズ付きフィルムによる撮影に限る。(デジカメだと改ざんが用意なため) 1の回答と2の日記と写真の記録を突き合わせて分析・検討したのち、その矛盾点や疑問点を中心に背景や理由を細かく問う個別インタビューを行う。 調査初日の食卓と最終日の食卓の写真を見比べると明らかに差がある。初日は腕によりをかけた手間暇のかかる食事を用意する。著者は長年の経験から、初日の写真と最終日の写真には大きな差があることを知っている。もちろん最終日の方が日常の食卓を反映している。 お父さんがいるかいないかでも差がある。 調査最終日はあえて休日に重ならないようにしている。最終日を平日に設定することで「外食にも行けず」「見栄も張り切れなくなった」ギリギリの主婦と家族の本音、飾らない日常の姿に迫る(9ページ) 1週間分の食事を分析すれば栄養状態などが把握できる。野菜が少なかったり、栄養に偏りがあったり、脂っこいものが多かったり、メタボの原因などが多数見つかるが、当事者は無知なのか無頓着なのか、全く気にしていないようだ。 岩村さんのコメントがなかな厳しいが、主婦側の言い分も多分いろいろとあるのだろうなあと思った。ただ写真を見る限り、相当インパクトのある食卓になっている。 よその食卓を覗く機会は普通ないので、興味本位でも読むと面白い。人様の食卓をあれこれ言う立場でもないが、やばいなあ(悪い意味で)と思う事例が幾つかあった。手抜き料理のヒント集としても使えるかも。 濫読日記風 GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦、中田敦著、濫読日記風、その32 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 やし酒飲み、エイモス・チュツオーラ著、土屋哲訳、濫読日記風、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦、中田敦著、濫読日記風、その32

GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦を読んだ。 日経BPシリコンバレー支局長の中田敦さんの渾身の一冊だ。ウェルチ時代のM&Aを成長路線に据えたコングロマリット経営からデジタル製造業への転換について現地取材をもとに書かれている。 日本ではレガシーな重厚長大企業というイメージのGEがどのように変革していったか。54ページに、リーンスタートアップで有名なエリック・リースから教えを請うエピソードが紹介されている。2012年夏のことだ。「圧倒的なスピードで製品を改善させていくシリコンバレーのスタートアップと競合するようなことがあったら、巨大化してスピードに劣る当時のGEでは、到底太刀打ちできないことに気づかされた」 GEがどのようにシリコンバレー流を学んでいったか。アジャイル開発の手法などはピボタルの開発者とペアを組んで学んだ。シリコンバレーのディシプリンを身につけ、それを忠実に実践している(125ページ) 過去の経験則が通用しない世界なのでリーンスタートアップを実践することでしか未来はない(205ページ) 人事制度も、「人事評価」から「従業員の能力開発」へとシフトした(206ページ) GEという重厚長大なレガシー企業がどのようにしてシリコンバレー流を身につけたか。それを開設した良著だ。戦略転換に苦しんでいる日本の大手メーカに勤めている人にも参考になるのではないだろうか。 リーンスタートアップといえばEric Ries の近著には、本人がGEの重役会に呼ばれるエピソードから始まる。The Startup Way: How Modern Companies Use Entrepreneurial Management to Transform Culture andDrive Long-Term Growthこちらも読んでみたい。 濫読日記風 やし酒飲み、エイモス・チュツオーラ著、土屋哲訳、濫読日記風、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

やし酒飲み、エイモス・チュツオーラ著、土屋哲訳、濫読日記風、その31

やし酒飲み (岩波文庫)を、岩波文庫、私の三冊という記事で見つけて偶然読んだ。 なんの先入観も予備知識もなく読んで、その世界観にやられた。 冒頭がすごい。 わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった。わたしの生活は、やし酒を飲むこと以外には何もすることのない毎日でした。当時は、タカラ貝だけが貨幣として通用していたので、どんなものでも安く手に入り、おまけに父は町一番の大金持ちでした。 えー。子供の頃からやし酒飲みだったって、言っている意味がわからない。そもそも「やし酒」ってなんだろうか。南国に生えるやしから取ったお酒なのだろうか。梅酒みたいなものなのだろうか。どんな味がするのだろうか。ちょっと味見をしてみたい。 その国では子供がお酒を飲むのが許されているのだろうか。日本も昔は子供でもお酒を飲んでいそうだから、広い世界の中には、十になった子供の頃からやし酒飲みの地域があっても不思議ではない。 金持ちのドラ息子は昼からやし酒を飲んでへべれけになっているのだろうか。 妄想は尽きないのであるが、やし酒を飲むだけの生活と思いきや、いきなりやし酒造りの名人が死んでしまうので、やし酒に事欠くことになる。ピンチだ。そこで死んだ自分専属のやし酒造り名人を探しに行く。死んだものは「死者の町」にいるので、そこへ旅に行く。 あらすじはどうでもいいので(というか、あらすじを追うような小説ではない)、ともかく読んでみてほしい。奇妙な物語である。 アフリカ文学の最高傑作と呼ばれているらしい。 200ページもないので、すぐに読める。 私はこの手の小説は嫌いではない。むしろ好きだ。おすすめです。 濫読日記風 定年バカ、勢古浩爾著、濫読日記風、その30 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 方法序説、デカルト著、谷川多佳子訳、濫読日記風、その29 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 テスト駆動開発、Kent...
続きを読む...
 
1 / 85 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/12/06 2017年 12月 05日
  2. Today's Linux 2017/12/05 2017年 12月 04日
  3. Today's Linux 2017/12/08 2017年 12月 07日
  4. Today's Linux 2017/12/07 2017年 12月 06日
  5. Today's Linux 2017/12/12 2017年 12月 11日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!