twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか

ブログ:未来のいつか



博士号のとり方、チェックリストをやってみた。

付録にチェックリストがついていたのでやってみた。あくまでも個人的な意見です。   以下は付録より引用。  この設問表は博士課程の学生として、あなたが置かれている状況について考える機会を提供するように設計されている。設問はすべて肯定文であり、すべてに「強く同意する」と回答できることが理想だ。「強く同意する」あるいは「そう思う」と答えられなかった設問は、あなたがこれから改善すべき項目である。まずは一人で設問にすべて答えてみた後、診断結果を仲間と共有して話し合ってみよう。お互いに、良い解決策を見つけることができるかもしれない。 博士号取得の道のりで、あなたがどの位置にあるのかを診断する。設問に答えながら、別の紙に回答の理由を書く出してみよう。A強く同意する(Strongly Agree)Bそう思う(Agree)Cどちらとも言えない(Undecided)Dそうは思わない(Disagree)E強く否定する(Strongly Disagree) 〜〜〜〜〜 ■自分の進捗(Progress)P1私はどんな困難に出くわしても博士号を取得する決意だ。強く同意する。P2どんな状況でも私は博士課程を終える前に新しい職には就かないつもりだ。強く同意する。P3私は自分の博士論文が求められている水準について、はっきりと理解している。どちらとも言えない。P4私は博士論文で、「知の体系に対しオリジナルな貢献」を行う自信がある。そう思う。P5私には成し遂げるべき研究に対する計画があり、その進捗度を評価することができる。どちらとも言えない、そうは思わない。P6私は定期的に現実的な締め切りを設け、それを達成している。どちらとも言えない、そうは思わない。P7私の研究は一つの主張(つまり、Thesis)による貢献を目指している。そう思う。P8私はライティング能力を高めるために、あらゆる機会を通じて研究を文書にまとめている(レポート、下書き、章立て)。どちらとも言えない、そうは思わない。P9全体的に博士号取得までの現在の進捗度に満足している。そう思う、どちらとも言えない。■指導教員からのサポート(Supervisor)S1私の指導教員は専攻分野における経験と知識が豊富である。強く同意する。S2私は自分の指導教員が博士号に求められる水準を過大でも過小でもなく正確に理解していると自信を持って言える。強く同意する。S3私は必要な時に助けを求めることができる指導教員と定期的に会っている。どちらとも言えない。S4私はフレンドリーで話しかけやすい指導教員から多くの助けを得ている。そう思う、どちらとも言えない。S5私の指導教員はいつもミーティングの前に自分の研究成果を読んでくれている。どちらとも言えない。S6私の指導教員は代わりに研究を進めたりはせず、私個人を尊重して研究を進めさせてくれる。そう思う。S7指導教員との約束の時間にはいつも遅れずに行く。そう思う。S8指導教員も私との約束の時間はいつも守ってくれる。どちらとも言えない。S9私は指導教員との連絡を取り持ってくれる研究科の事務員とフレンドリーな、良い関係を保っている。そう思う。S10全体的に私は指導の質に満足している。そう思う。■研究科からのサポート(Department)D1研究科は私の研究に対し十分な人的および財政的な支援(例えば実験室や研究場所、図書館へのアクセス等)をしてくれている。そう思う。D2研究科は学生が互いにサポートし会える機会を提供し、私はその機会を積極的に利用している。そう思う、どちらとも言えない。D3研究科は学生にセミナー発表の機会を提供している。どちらとも言えない。D4研究科は優れた研究者と接する機会を提供し、私はその機会を利用している。どちらとも言えない。D5研究科は教員との社交の場を提供し、私はその機会を利用している。どちらとも言えない。D6研究科は学会への参加を奨励し、私はその機会を利用している。どちらとも言えない。D7研究科は博士課程の本質や私の研究に関連する大学の規約について話し合う機会を提供し、私はそれに出席している。どちらとも言えない。D8全体的に私は研究科から受けるサポートに満足している。そう思う、どちらとも言えない。   集計: A強く同意する(Strongly Agree)5Bそう思う(Agree)6 (そう思う、どちらとも言えない) 3Cどちらとも言えない(Undecided)11 (どちらとも言えない、そうは思わない) 2Dそうは思わない(Disagree)E強く否定する(Strongly...
続きを読む...
 

博士号のとり方、E・M・フィリップス、D・S・ピュー著、角谷快彦訳、読了、濫読日記風2019、その1, #東京大学生物語

研究者の卵である。まだ孵化していない博士課程の1年生だ。博士課程を取得するとはどのようなことか実践的な経験はない(だから学生をやっているわけだ)。 本書はそのとり方についての指南書だ。単なるノウハウ集ではない。体系だったガイドブックだ。博士号取得の根源的な意義から、博士課程の学生になるということを説いている。 自分も昨年6月ごろに博士課程を取得するということについて深い知識もないまま(よくないパターンである)、ふと思い立ち大学院入試の説明を聞き、願書を出し、試験を受け(筆記テストと口頭試験)、今に至っている。 その間、何度か指導教員とお話をして、博士課程の学生としての心得を伺い、徐々に研究とはどのようなプロセスなのかというイメージを固めている。 博士号を取得するというプロジェクトはおそらく自分が思っているよりも多くの困難があり予測もつかないような壁にぶつかると思う。そのくらいの想像力はさすがにある。今までの会社員人生で様々なプロジェクトに関わってきてそこで得たプロジェクトマネジメント的なノウハウもまるっきり無駄ということはないとは思うが、それとはかなり性質が異なるということも想像はできる。 人類未踏の未知の問題を発見し、それが解くべき問題であると認識し、それをどうにか解く、そのような知識もスキルもあるということを論文という形で発表し専門家にそれを認めてもらうというプロセスが博士号を取るというプロセスになる。 知っていることと出来ることには雲泥の差がある。 訓練には長い、時には辛い作業が伴う。 プロジェクトは楽観的に始まり悲観的に終わるということを人生で学んできた。博士号を取るというプロジェクトもおそらくそうなると思う。 様々な困難をあらかじめ知ることがないので、このような蛮勇にチャレンジするのだと自分も思う。60歳の博士課程の学生は何年か後に、「いやーあんなに大変だと始めからわかっていたら、あんなことはしなかったよ、ガハハ」とか何とか言いそうな気もしなくはない。...
続きを読む...
 

論文100本ノック #東京大学生日記

研究者の卵なので論文をいっぱい読まないといけない。闇雲に読みまくるとしてもざっくり数量的な目標を持っているといいかもしれないと思い勝手に一人で100本ノックをすることにした。読んだ論文を紹介するという趣旨の輪講という授業があって、その順番が先日回ってきた。準備をどのようにするか、何の論文を読むか、どのようにまとめるか皆目見当がつかない。そんなこんなで昨年末ごろから論文を集めて目を通すことにした。今日はそのお話。紹介する論文は大学院の入試の時に調べた論文を中心に調査することにした。 論文の検索は大学の論文検索システムやGoogle Scholarを使う。https://scholar.google.co.jp 図書の検索はOPACやカーリルを使う。https://calil.jp ある分野を網羅的に俯瞰したい場合は定番の教科書を読むのが一番なのだけどその分野の初学者だとそもそもどれが定番の教科書なのかわからないということがあったり、まるっきり新しい分野だと定番の教科書が存在していない可能性がある。その場合はその分野の専門家に聞けばいい。大学はその分野の専門家がいるので(それを仕事にしているので)、オススメの教科書などを聞いちゃったりする。 コンピュータサイエンスの分野であれば重要な論文は全てオンラインで検索可能なのでGoogle Scholarでざっと関連分野を調べて深掘りしていく。いわゆる人文科学、社会科学系の先行調査はどうやっているのだろうか。図書館を利用するという意味では最初のとっかかりはそれほど違わないのだろうか。 研究者の卵(まだ孵化していない)とはいうもののコンピュータアーキテクチャの定番の教科書は「Computer Architecture, Sixth Edition: A Quantitative Approach (The Morgan Kaufmann Series in Computer Architecture and Design)」というようなことは知っている。第1版の頃からの愛読書だ。 先日ACMとIEEE Computer Societyの学生会員にもなったのでそれぞれのDigital Libraryにもアクセスできる。*1 例えば下記の論文を検索してみる。https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=en&as_sdt=0%2C5&q=Staring+into+the+Abyss%3A+An+Evaluation+of+Concurrency+Control+with+One+Thousand+Cores&btnG= 2014年の頃の論文だ。クリックするとACM Digital Libraryにアクセスできる。(会員じゃないとアクセスできないかもしれないけど。)...
続きを読む...
 

はてなダイアリーからはてなブログへ移行しました

長らく利用していたはてなダイアリーからはてなブログへ移行しました。それに伴い、ブログのURLも変更になっています。昔の日記からは自動的にこちらにリダイレクトされるような設定になっているようです。 それではこちらでもご愛顧いします。(気持ち的にははてなダイアリーのままなので、日記のつもりで書いています)...
続きを読む...
 

ネットプリント、ネットワークプリントについて

コンビニで簡単にファイルを印刷できるサービスが便利だ。 大きく分けてセブン・イレブン系(ネットプリント)とローソン、ファミマ系(ネットワークプリント)などでできるのがある。使い勝手が若干違うが、基本的には印刷したいファイルをアップロードして、コンビニ店舗で印刷する、白黒一枚20円だ。文書だけではなくて写真なども印刷できる。 自分は自宅にプリンタを持っていないので重宝している。正月休みは論文を大量に印刷してせっせと読んだ。 セブン‐イレブンで簡単プリント ?ネットプリント(個人のお客様)? ネットワークプリント|パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷 コンビニのコピー機はお札を受け付けてくれないのでレジで1000円札をコインに両替してもらおう。 セブン・イレブンの印刷の場合は、1ファイルごとにプリント予約番号というのを入れて印刷する。複数ファイルを一気に印刷する機能はない。 ローソン、ファミマ系の場合は、ユーザー番号でログインすると印刷するファイルを選べるので複数ファイルを一気に印刷できる。ただ、コピー機のメニューでネットプリント機能を選んでも起動に時間がかかるのでどちらの方式にも一長一短がある。 自宅そばのコンビニを使うのでもいいし、出先でちょっとしたファイルを印刷するのでもいい。利用シーンはいろいろとあると思う。スタバの前のコンビニで印刷というようなことも可能だ。...
続きを読む...
 

ネットプリント、ネットワークプリントについて

コンビニで簡単にファイルを印刷できるサービスが便利だ。大きく分けてセブン・イレブン系(ネットプリント)とローソン、ファミマ系(ネットワークプリント)などでできるのがある。使い勝手が若干違うが、基本的には印刷したいファイルをアップロードして、コンビニ店舗で印刷する、白黒一枚20円だ。文書だけではなくて写真なども印刷できる。自分は自宅にプリンタを持っていないので重宝している。正月休みは論文を大量に印刷してせっせと読んだ。セブン‐イレブンで簡単プリント ~ネットプリント(個人のお客様)~ ネットワークプリント|パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷コンビニのコピー機はお札を受け付けてくれないのでレジで1000円札をコインに両替してもらおう。セブン・イレブンの印刷の場合は、1ファイルごとにプリント予約番号というのを入れて印刷する。複数ファイルを一気に印刷する機能はない。ローソン、ファミマ系の場合は、ユーザー番号でログインすると印刷するファイルを選べるので複数ファイルを一気に印刷できる。ただ、コピー機のメニューでネットプリント機能を選んでも起動に時間がかかるのでどちらの方式にも一長一短がある。自宅そばのコンビニを使うのでもいいし、出先でちょっとしたファイルを印刷するのでもいい。利用シーンはいろいろとあると思う。スタバの前のコンビニで印刷というようなことも可能だ。...
続きを読む...
 

2019年、あけましておめでとうございます。研究者の卵としての抱負

昨年は還暦で定年退職をして9月末より大学院博士課程の学生になった。今年は研究者の卵として学んでいきたいと思う。 どんなプロジェクトも楽観的に始まり悲観的に終わる。博士号取得のプロジェクトもそんな予感がする。 悲観的に終わらないためにもプロジェクト管理の経験を持ってどうにか対処をしたいと思うのだが、絶対的な能力不足という問題もあるので、それについては地道に網羅的な学習・勉強をしたいと思う。数学の学び直しとか、論文の作成技術の向上とか、あれやこれやである。 リサーチクエスチョンの健全性を担保するために幅広い学際的な議論が必要だと思うのだが、論文を1000本くらい読んでから顔を洗って出直してこい、という気もしなくはない。初学者として学ぶ順序があるのではないかと推測する。 趣味の読書も貪欲に突き進みたい。スゴ本をいっぱい発見したい。日記にも100冊くらいは紹介したい。昨年60冊くらい紹介したので7割増しくらいの分量になる。小説をもっと増やしたいと思う。新しい知識を得るというよりも新しい視点を得るための読書にしたい。 行き当たりばったりの一人旅も行いたい。自動車でアメリカ横断をしたいのだが、時間を取れるか調整したい。 フリーランスとしての仕事は研究に支障のない範囲で行いたいと思う。コラボレーション、仕事の依頼などは連絡してほしい。 人生の壁打ちも必要だと思うので、飲み会などにも積極的に参加したい。(飲まないけれど)。 ランチやお茶飲みなどどんどんやりたい。比較的時間の自由はきくのでお茶などは気楽に声をかけていただけると嬉しい。 1000...
続きを読む...
 

2019年、あけましておめでとうございます。研究者の卵としての抱負

昨年は還暦で定年退職をして9月末より大学院博士課程の学生になった。今年は研究者の卵として学んでいきたいと思う。どんなプロジェクトも楽観的に始まり悲観的に終わる。博士号取得のプロジェクトもそんな予感がする。悲観的に終わらないためにもプロジェクト管理の経験を持ってどうにか対処をしたいと思うのだが、絶対的な能力不足という問題もあるので、それについては地道に網羅的な学習・勉強をしたいと思う。数学の学び直しとか、論文の作成技術の向上とか、あれやこれやである。リサーチクエスチョンの健全性を担保するために幅広い学際的な議論が必要だと思うのだが、論文を1000本くらい読んでから顔を洗って出直してこい、という気もしなくはない。初学者として学ぶ順序があるのではないかと推測する。趣味の読書も貪欲に突き進みたい。スゴ本をいっぱい発見したい。日記にも100冊くらいは紹介したい。昨年60冊くらい紹介したので7割増しくらいの分量になる。小説をもっと増やしたいと思う。新しい知識を得るというよりも新しい視点を得るための読書にしたい。行き当たりばったりの一人旅も行いたい。自動車でアメリカ横断をしたいのだが、時間を取れるか調整したい。フリーランスとしての仕事は研究に支障のない範囲で行いたいと思う。コラボレーション、仕事の依頼などは連絡してほしい。人生の壁打ちも必要だと思うので、飲み会などにも積極的に参加したい。(飲まないけれど)。 ランチやお茶飲みなどどんどんやりたい。比較的時間の自由はきくのでお茶などは気楽に声をかけていただけると嬉しい。1000 speakers conference in Englishは参加者が延べ1000人になるまで続けるつもりなのだが、まだ後600名以上必要なので、皆様の参加を待っている。英語で発表する機会(練習する機会)が必要な人はぜひ参加してほしい。カーネル読書会というlinuxやOSSに関するハードコアな勉強会みたいなものも細々と続けていきたいので参加者募集中だ。いろいろとやりたいことがてんこ盛りでとっちらかっちゃった印象だけど、ご支援・ご協力よろしくお願いいたします。...
続きを読む...
 

研究者の卵としての2018年ふりかえり

2018年は還暦の年だ。 9月に満60歳になり定年退職をした。( 9月末で60歳定年退職しました - 未来のいつか/hyoshiokの日記) 人生の節目である。そして、それを機に9月末より東京大学大学院情報理工学研究科博士課程に入学し現役の大学生である。 仕事はすっぱりやめた。 人生100年時代、人生二毛作。18歳のつもりで学び直している。数年後に何が起こるかわからない。変化が前提の時代だ。それゆえに自分の知識やスキルをアップデートしておきたい。それが人生を自由に生きるコツだと思う。 学生は自由だ。何を学ぶか、何を学ばないかを選択する自由がある。今日何をするか、何をしないか選択する自由がある。 若い頃はその自由を持て余していた。何に使っていいかイメージが湧かなかった。社会人経験を積み、自分がやりたいこと、やりたくないこと、得意なこと、不得意なこと、社会から期待されていること、期待されていないこと、様々な軸があることを知り、その中で自分を相対的に位置づけることが必要だということを学んだ。...
続きを読む...
 

研究者の卵としての2018年ふりかえり

2018年は還暦の年だ。 9月に満60歳になり定年退職をした。(9月末で60歳定年退職しました - 未来のいつか/hyoshiokの日記) 人生の節目である。そして、それを機に9月末より東京大学大学院情報理工学研究科博士課程に入学し現役の大学生である。 仕事はすっぱりやめた。 人生100年時代、人生二毛作。18歳のつもりで学び直している。数年後に何が起こるかわからない。変化が前提の時代だ。それゆえに自分の知識やスキルをアップデートしておきたい。それが人生を自由に生きるコツだと思う。学生は自由だ。何を学ぶか、何を学ばないかを選択する自由がある。今日何をするか、何をしないか選択する自由がある。若い頃はその自由を持て余していた。何に使っていいかイメージが湧かなかった。社会人経験を積み、自分がやりたいこと、やりたくないこと、得意なこと、不得意なこと、社会から期待されていること、期待されていないこと、様々な軸があることを知り、その中で自分を相対的に位置づけることが必要だということを学んだ。給料をもらうために会社員をやっていると今日やらないといけないことを自分が選ぶという自由はほとんどない。せいぜい、AとBどちらを先にやるかとか、その程度の選択肢でしかない。毎日会社に行って仕事をする。それ以上でもそれ以下でもない。学生は自由だ。自分の人生を選択する自由がある。研究者の卵として研究者に必要なスキルを身につけるにはどのようにしたらいいのだろうか?正直よくわからなかった。先行研究の調査はどのようにしたらいいのだろうか?博士論文のテーマはどのように見つけたらいいのだろうか?全く五里霧中であった。enPiTという前職時代に関わっていたプロジェクトのFD(教員が教授方法について議論する取り組み)合宿が先日あったので大学教員を務める人々に博士課程のことについていろいろと伺った。何を今更言っているのだ、お前は。という声が聞こえてきそうである。実際、その通りである。しかし、自分は行動してから考えるという方法で人生を乗り越えてきた。Never too late だ。不確実性の時代、あらかじめ計画を立てておくということは不可能だ。様々な先輩たちに博論で苦労していた時代の話を聞いた。琉球大学の國田さんから「できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)」をオススメされた。これは自分も実は読んでいて、『学術書を書く』、『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)』読了、濫読日記風、その11 - 未来のいつか/hyoshiokの日記で紹介している。 「できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか」は米国の心理学者がいかに多量に論文を書くかというノウハウを記したものだ。 第2章がすごい。言い訳は禁物ー書かないことを正当化しないとして、「書く時間が取れない」「もう少し分析しないと」「文章をたくさん書くなら、新しいコンピュータが必要だ」「気分が乗ってくるのを待っている」などなどの書かない言い訳、書けない言い訳をあっさり粉砕している。 毎日執筆時間を決めて、その時間には執筆に専念しろという。毎日書く。それだけだという。 これは間違いなく正しい。正しいことだけど、作文技術の教科書にはおそらく誰も記していなかったことなのではないだろうか。画期的だ。騙されたと思って読んでほしい。すごい本だ。 東大生はこんな本を読みながら研究して論文を多数発表して学術書を書いているのだろうか。それができれば苦労しないという声が聞こえてきそうだが、それができない人は研究者にはなれないのだろうなあとも思った。いやはや身も蓋もない。 できてもできなくても毎日毎日論文調査をする。大学院試験の口述試験の時に使った自己紹介(?)のスライドを見直して、引用した文献を再度調査することにした。それが載っているProceedings、その論文を引用している論文、その論文が引用している論文、専門分野のトップカンファレンスで発表されている論文などを調査することをとっかりとした。4ヶ月前の自分に助けられた。とっかかりの論文は自分が発見していたではないか。1年半前の自分に助けられた。研究者になるためには、言い訳をしてはいけないということを知識として得ていたではないか。それができていなかっただけだ。できてもできなくても毎日毎日論文調査をする。最初の一歩を踏み出せた気がする。...
続きを読む...
 
1 / 78 ページ

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!