twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか 情報生産者になる、上野千鶴子著、読了、濫読日記風 2018、その22

情報生産者になる、上野千鶴子著、読了、濫読日記風 2018、その22

情報生産者になる (ちくま新書)を読んだ。 研究指南書である。問いの立て方からアウトプットまで一気通貫に解説している。 研究とは何か(32ページ)。上野はそのプロセスを、1)問いを立てる、2)先行研究を検討する、3)対象を設定する、4)方法を採用する、5)理論仮説を立てる、6)作業仮説を立てる、7)データを収集する、8)データを分析する、9)仮説を検証する、10)モデルを構築する、11)発見と意義を主張する、12)限界と課題を自覚する、としている。 それぞれのステップについて実例を交えて解説している。例えば文献報告のフォーマット(66ページ)、研究計画書(73ページ)を例示している。具体的、実践的だ。 情報生産者とはまだ見ぬコンテンツを世に送り出す人である。それを公共財にしたいと願う者たちである。そのためには自分自身が「今ここにないもの」を夢見る能力が必要で、それが「問いを立てる」能力である。(371ページ) 研究者の卵としてその能力を研鑽していきたいと強く思った。 濫読日記風 2018 アメリカ紀行(岩波文庫)、チャールズ・ディケンズ著、読了、濫読日記風 2018、その21 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明、伊神満著、読了、濫読日記風 2018、その20...

情報生産者になる (ちくま新書)を読んだ。

研究指南書である。問いの立て方からアウトプットまで一気通貫に解説している。

研究とは何か(32ページ)。上野はそのプロセスを、1)問いを立てる、2)先行研究を検討する、3)対象を設定する、4)方法を採用する、5)理論仮説を立てる、6)作業仮説を立てる、7)データを収集する、8)データを分析する、9)仮説を検証する、10)モデルを構築する、11)発見と意義を主張する、12)限界と課題を自覚する、としている。

それぞれのステップについて実例を交えて解説している。例えば文献報告のフォーマット(66ページ)、研究計画書(73ページ)を例示している。具体的、実践的だ。

情報生産者とはまだ見ぬコンテンツを世に送り出す人である。それを公共財にしたいと願う者たちである。そのためには自分自身が「今ここにないもの」を夢見る能力が必要で、それが「問いを立てる」能力である。(371ページ)

研究者の卵としてその能力を研鑽していきたいと強く思った。

濫読日記風 2018

Read more at 未来のいつか
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!