twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか 老人読書日記、新藤兼人著、読了、濫読日記風 2018、その24

老人読書日記、新藤兼人著、読了、濫読日記風 2018、その24

老人読書日記 (岩波新書)を読んだ。 映画監督の新藤兼人が88歳の時(2000年発行)に記した読書日記だ。妻を亡くして一人で生きる老人(身につまされるね)の生活。 若き日の京都(1942年頃)、古書店とのほのぼのとしたやりとりとか印象的だった。西田幾太郎「善の研究」が青春の証だ。巨匠は何を糧に人格を形成したのか。その片鱗を見る。自分も古典に親しみたい。 盛岡から軽便鉄道で岩手山の麓の雫石へ行くのである。 妻がよく言ったものだ。 「軽便鉄道が走ると、小岩井牧場の子馬が汽車と一緒に走るの」(23ページ) 映画監督・シナリオライター・作家の目から様々な作品を読み解いていく。それはラスコーリニコフであり、荷風の断腸亭日乗であり、漱石や子規などである。作品の中に「私」を発見していく。 私とは何かを読み解く読書となる。 最近の作品も紹介している。村上春樹訳「心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)」。凶悪犯の兄のことを四人兄弟の末弟が書いた。 どれもこれも新藤兼人の解説が面白くてすぐにでも読みたくなる。既読のもの(例えば罪と罰)はこのような視点から読むのだなあという発見になるし、未読のものは、その作品の魅力を様々な角度で伝えてくれるので興味がわく。非常に効率的な積読製造器になっている。やばいよ。気がついたら「心臓を貫かれて」を買っていた。 老人読書日記 (岩波新書) 心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)...

老人読書日記 (岩波新書)を読んだ。

映画監督の新藤兼人が88歳の時(2000年発行)に記した読書日記だ。妻を亡くして一人で生きる老人(身につまされるね)の生活。

若き日の京都(1942年頃)、古書店とのほのぼのとしたやりとりとか印象的だった。西田幾太郎「善の研究」が青春の証だ。巨匠は何を糧に人格を形成したのか。その片鱗を見る。自分も古典に親しみたい。

盛岡から軽便鉄道で岩手山の麓の雫石へ行くのである。

妻がよく言ったものだ。

「軽便鉄道が走ると、小岩井牧場の子馬が汽車と一緒に走るの」(23ページ)

映画監督・シナリオライター・作家の目から様々な作品を読み解いていく。それはラスコーリニコフであり、荷風の断腸亭日乗であり、漱石や子規などである。作品の中に「私」を発見していく。

私とは何かを読み解く読書となる。

最近の作品も紹介している。村上春樹訳「心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)」。凶悪犯の兄のことを四人兄弟の末弟が書いた。

どれもこれも新藤兼人の解説が面白くてすぐにでも読みたくなる。既読のもの(例えば罪と罰)はこのような視点から読むのだなあという発見になるし、未読のものは、その作品の魅力を様々な角度で伝えてくれるので興味がわく。非常に効率的な積読製造器になっている。やばいよ。気がついたら「心臓を貫かれて」を買っていた。



濫読日記風 2018

Read more at 未来のいつか
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!