twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか ミライの授業、瀧本哲史著、読了、濫読日記風 2018、その27

ミライの授業、瀧本哲史著、読了、濫読日記風 2018、その27

ミライの授業を読んだ。 世界を変えた20人の偉人についての本。14歳向けと書いてあるが、実は大人にとって重要な話が詰まっている。巻末には参考文献リストがあるので未読のものを読んでみたいと思った。ナイチンゲールが統計学者だった話、森鴎外がエビデンスを重要視しないで権威に頼っていた話、地図とは仮説だという話、日本国憲法の草稿を書いた女性、興味深いエピソードに満ちている。20人目の主人公は(本書を読んでください)。 ナイチンゲールの人となり、情報視覚化のテクニックをもっと知りたいと思った。 濫読日記風 2018 AI vs. 教科書が読めない子どもたち、新井紀子著、読了、濫読日記風 2018、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 花殺し月の殺人――インディアン連続怪死事件とFBIの誕生、デイヴィッド・グラン著、読了、濫読日記風 2018、その25 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 老人読書日記、新藤兼人著、読了、濫読日記風 2018、その24 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...

ミライの授業を読んだ。

世界を変えた20人の偉人についての本。14歳向けと書いてあるが、実は大人にとって重要な話が詰まっている。巻末には参考文献リストがあるので未読のものを読んでみたいと思った。ナイチンゲールが統計学者だった話、森鴎外がエビデンスを重要視しないで権威に頼っていた話、地図とは仮説だという話、日本国憲法の草稿を書いた女性、興味深いエピソードに満ちている。20人目の主人公は(本書を読んでください)。

ナイチンゲールの人となり、情報視覚化のテクニックをもっと知りたいと思った。


濫読日記風 2018

Read more at 未来のいつか
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!