twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか 機械との競争、エリック・ブリニョルフソン著、読了、濫読日記風 2018、その28

機械との競争、エリック・ブリニョルフソン著、読了、濫読日記風 2018、その28

機械との競争を読んだ。 テクノロジーは雇用を奪うか?本書は雇用を奪うという立場。技術の進化は長期的には雇用を生むというのが従来の説であったが、著者は技術の進化が早すぎて、雇用を奪うと主張する。4章で19の提言をしている。1、教育の投資、4、義務教育の授業時間を増やす、5、スキルを持つ労働者の移民を積極的に受け入れる、6、起業家教育を行う、10、通信・輸送インフラの強化に投資する、11、基礎研究への予算を増やす、16、住宅ローンへの補助金を減らす、19、著作権の保護期間は短縮すべき。ザ・セカンド・マシン・エイジの著者。 ブックリスト 機械との競争 ザ・セカンド・マシン・エイジ プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える? 濫読日記風 2018 ミライの授業、瀧本哲史著、読了、濫読日記風 2018、その27 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 AI vs. 教科書が読めない子どもたち、新井紀子著、読了、濫読日記風 2018、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 花殺し月の殺人――インディアン連続怪死事件とFBIの誕生、デイヴィッド・グラン著、読了、濫読日記風...

機械との競争を読んだ。

テクノロジーは雇用を奪うか?本書は雇用を奪うという立場。技術の進化は長期的には雇用を生むというのが従来の説であったが、著者は技術の進化が早すぎて、雇用を奪うと主張する。4章で19の提言をしている。1、教育の投資、4、義務教育の授業時間を増やす、5、スキルを持つ労働者の移民を積極的に受け入れる、6、起業家教育を行う、10、通信・輸送インフラの強化に投資する、11、基礎研究への予算を増やす、16、住宅ローンへの補助金を減らす、19、著作権の保護期間は短縮すべき。ザ・セカンド・マシン・エイジの著者。


ブックリスト


濫読日記風 2018

Read more at 未来のいつか
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!