twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか 金閣寺、三島由紀夫著、読了、濫読日記風 2018、その34

金閣寺、三島由紀夫著、読了、濫読日記風 2018、その34

金閣寺 (新潮文庫)を読んだ。 コンプレックスを抱えた主人公が金閣寺に放火するまでを描いた。三島由紀夫の美しい文体で構成されている。自分にはない語彙をこれでもかと散りばめているが注釈がそれを適度に補ってくれる。中村光夫解説 ベッカリーア「犯罪と刑罰」(290ページ)が出てくるが、誰かの小説にも出てきたけど、なんだったか思い出せない。でもって、犯罪と刑罰 (岩波文庫)が積読になっている。いつになったら読めるのだろうか? 濫読日記風 2018 フクロウ、宮崎学著、読了、濫読日記風 2018、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風 2018、その32 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法、山田竜也著、読了、濫読日記風 2018、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 組織にいながら、自由に働く。仲山進也著、読了、濫読日記風 2018、その30 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 図書館に訊け!、井上真琴著、読了、濫読日記風...

金閣寺 (新潮文庫)を読んだ。

コンプレックスを抱えた主人公が金閣寺に放火するまでを描いた。三島由紀夫の美しい文体で構成されている。自分にはない語彙をこれでもかと散りばめているが注釈がそれを適度に補ってくれる。中村光夫解説

ベッカリーア「犯罪と刑罰」(290ページ)が出てくるが、誰かの小説にも出てきたけど、なんだったか思い出せない。でもって、犯罪と刑罰 (岩波文庫)が積読になっている。いつになったら読めるのだろうか?

濫読日記風 2018

Read more at 未来のいつか
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!