twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ 未来のいつか

ブログ:未来のいつか



社会的共通資本 (岩波新書)、宇沢弘文著、読了、濫読日記風 2018、その41

社会的共通資本 (岩波新書)を読んだ。 社会的共通資本とは何かについて門外漢にもわかりやすく説明している。 自分は社会的共通資本というものをよく理解していなかったので本書によって学んだ。 社会的共通資本は、一つの国ないし特定の地域に住むすべての人々が、豊かな経済生活を営み、優れた文化を展開し、人間的に魅力のある社会を持続的、安定的に維持することを可能にするような社会装置を意味する。(iiページ) 社会的共通資本は自然環境、社会的インフラストラクチャー、制度資本の三つの大きな範疇に分けて考えることができる。 経済学の新古典派は社会問題は市場が見えざる手によって解決するので政府・公共政策の介入を最小限にすることを主張する。 しかし、公害問題をはじめとして、市場だけでは解決できない問題が様々ある。例えば道路、交通機関、上下水道、電力・ガスなど社会的インフラストラクチャーなどはそれにあたる。また教育、医療、司法、金融制度など、制度資本なども社会的共通資本の重要な構成要素である。 自動車の社会的費用(岩波新書)、宇沢弘文著、濫読日記風 2018、その16 - 未来のいつか/hyoshiokの日記で読んだ「自動車の社会的費用」も「社会的共通資本」のコンテキストで考えてみるとわかりやすい。 本書は1)社会的共通資本の考え方、2)農業と農村、3)都市を考える、4)学校教育を考える、5)社会的共通資本としての医療、6)社会的共通資本としての金融制度、7)地球環境。広範囲かつ網羅的に議論している。 オープンソースソフトウェア(OSS)の整備などは「社会的共通資本」としてコミュニティが整備・維持・管理している。市場、政府・公共ではないコミュニティ(第三セクター)の役割についての議論が必要だと思った。 地方都市の問題などは2)と3)で議論している。 「社会的共通資本」フレームワークは様々に応用可能で、例えば日本という地域を再生するとき、議論の枠組みを提供していると思った。(主語が大きくなりがちだけど、市場で解決するという新古典派とは距離を置く立場になる) オススメの一冊だ。 濫読日記風 2018 のうだま1 やる気の秘密 (幻冬舎文庫)、上大岡トメ&池谷裕二著、読了、濫読日記風 2018、その40 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 まんがでわかる 理科系の作文技術 (単行本)、久間月慧太郎(イラスト)、木下是雄(原作)、読了、濫読日記風 2018、その39 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

のうだま1 やる気の秘密 (幻冬舎文庫)、上大岡トメ&池谷裕二著、読了、濫読日記風 2018、その40

のうだま1 やる気の秘密 (幻冬舎文庫)を読んだ。 図書館本。脳の仕組みからやる気について分析している。脳は飽きっぽいらしい。三日坊主はしょうがない。やる気が出たからこぶしを上げるのではなく、こぶしをあげたからなんだかやる気が出る(34ページ)。 行動をすることによって脳がそれを認知するらしい。Body(カラダを動かす)、Experience(いつもと違うことをする)、Reward(ごほうびを与える)、Ideomotor(なりきる)がコツ(43ページ)。無意識は自分の意志では動かせないので、B/E/R/Iでまわりを巻き込んで脳をだます。 とりあえずやってみようと思った。 濫読日記風 2018 まんがでわかる 理科系の作文技術 (単行本)、久間月慧太郎(イラスト)、木下是雄(原作)、読了、濫読日記風 2018、その39 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 琥珀の夢 小説 鳥井信治郎、伊集院静著、読了、濫読日記風 2018、その38 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 幽霊たち(新潮文庫)、ポール・オースター著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その37 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その36 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 物語論 (講談社現代新書)、木村俊介著、読了、濫読日記風 2018、その35...
続きを読む...
 

まんがでわかる 理科系の作文技術 (単行本)、久間月慧太郎(イラスト)、木下是雄(原作)、読了、濫読日記風 2018、その39

まんがでわかる 理科系の作文技術 (単行本)を読んだ。 「理科系の作文技術 (中公新書 (624))」は自分にとって人生を変えた一冊だ。まあ、そのエッセンスをまんがという形式で薄めた本だとタカをくくって読んだが、意外(ごめんなさい)にも大変面白かった。ちょっとおバカな主人公が仕事でレポートを作っていく中で失敗を重ねながらも成長していくという王道のストーリー構成だ。面白かった。 パラグラフの説明(78ページ)は、79ページの最初の文を冒頭に持ってくるべきだと思う。 原著未読の人は、まあ、原著「理科系の作文技術 (中公新書 (624))」を読もうぜ。その後、まんがで読んで自分の理解を確認してみる。 ウェブで文書を書かなくちゃいけない人とか、仕事で文書を書かなくちゃいけない人には、中公新書版を強くオススメする。(余計なお世話感が漂うわけであるが)。騙されたと思って読んでください。 濫読日記風 2018 琥珀の夢 小説 鳥井信治郎、伊集院静著、読了、濫読日記風 2018、その38 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 幽霊たち(新潮文庫)、ポール・オースター著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その37 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その36 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

琥珀の夢 小説 鳥井信治郎、伊集院静著、読了、濫読日記風 2018、その38

琥珀の夢 小説 鳥井信治郎 上下巻を読んだ。 鳥井信治郎(寿屋洋酒店、後のサントリー)創業者の伝記。上巻は、丁稚奉公から豪華客船で神戸から小樽に行って戻ってくるところまで。序章で、丁稚時代の松下幸之助が鳥井信治郎に出会うエピソードがある。明治に生まれた商売の天才が出会った瞬間だ。 下巻はウィスキー作りに精魂を込めるエピソードなど。戦争が激しくなって山崎にある原酒を防空壕(?)に避難させて守ったり、大変な苦労をする。明治の人のスケールの大きさを感じざるを得ない。陰徳をあれば陽報あり。(禁酒をしているのだけどプレモルや山崎を飲んでみたくなった。) 伊集院静の小説は初めて読んだが、読みやすかった。 濫読日記風 2018 幽霊たち(新潮文庫)、ポール・オースター著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その37 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その36 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 物語論 (講談社現代新書)、木村俊介著、読了、濫読日記風 2018、その35 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 金閣寺、三島由紀夫著、読了、濫読日記風 2018、その34 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

幽霊たち(新潮文庫)、ポール・オースター著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その37

幽霊たち (新潮文庫)を読んだ。 ポール・オースター、柴田元幸訳。ブルーはホワイトから、ブラックという名の男の見張りを必要がなくなるまでつづけてくれという依頼を受ける。週に一回の報告書をホワイトに提出すると、小切手が送られてくる。ホワイトはブルーのために、ブラックのアパートを監視するための部屋をあらかじめ確保してある。ブラックを監視するだけで事件らしい事件は起こらないという不思議な小説だが一気に読ませる。ポール・オースターを初めて読んだが、面白かった。 柴田訳は読みやすくていいな。 濫読日記風 2018 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その36 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 物語論 (講談社現代新書)、木村俊介著、読了、濫読日記風 2018、その35 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 金閣寺、三島由紀夫著、読了、濫読日記風 2018、その34 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 フクロウ、宮崎学著、読了、濫読日記風 2018、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風 2018、その32...
続きを読む...
 

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その36

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)を読んだ。 ハックルベリー・フィンの冒けん、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その11 - 未来のいつか/hyoshiokの日記で書いた通り、先に柴田訳の「ハックルベリー・フィンの冒けん」を読んでいたので、その勢いでトム・ソーヤの冒険を読んだ。 物語の順番としては「トム・ソーヤの冒険」の続編として「ハックルベリー・フィンの冒険」という流れになる。 翻訳はとても読みやすい。 トムとハックはある殺人事件を目撃したり、トムはベッキーと洞窟で迷子になったり、様々な冒険をする。自分はハックの自由なところが大好きだ。 アメリカ育ちの子供は誰でも子供の頃読むのだろうか?いつかトムソーヤが冒険した地に旅をしてみたいと思った。 濫読日記風 2018 物語論 (講談社現代新書)、木村俊介著、読了、濫読日記風 2018、その35 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 金閣寺、三島由紀夫著、読了、濫読日記風 2018、その34 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 フクロウ、宮崎学著、読了、濫読日記風 2018、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風...
続きを読む...
 

物語論 (講談社現代新書)、木村俊介著、読了、濫読日記風 2018、その35

物語論 (講談社現代新書)を読んだ。 自分の中で「積読製造器」というジャンルの本がある。書評系の書籍などはまさにそれだ。紹介されている本が読みたくなってどんどん積読が増えていく。恐ろしいジャンルの本である。 本書は作家が自身の作品の創作について語る。小説の読み方や書き方が見えてくる。その作家の作品をもっと読みたくなる。読書案内にもなる。図書館で借りた。 以下は自分にとってのメモ書き。 村上春樹 11p、「悪霊」や「カラマーゾフの兄弟」はロシア語だから僕には訳せない。13p、新訳で「カラマーゾフの兄弟」を読み直していますけど、あれはほんとうに途中で立ち止まらなくて良い、読みやすい翻訳ですね。 橋本治 26p、わたしがワープロで描かなくなったのは、三島由紀夫について描いているときに、三島の直筆原稿が頭に浮かんだからです。34p、小説の主役は読者であって、たまに作者が主役になっている小説を読まされると辛いのは、描写とはたとえ一人称で書かれていても、これは他人にとってはどう見えるのだろうという視点が入らなければ小説ではないと、私が思っているからなんです。 重松清 53p、「コインロッカー・ベイビーズ」(講談社文庫)の時、村上龍さんが、100メートルダッシュを繰り返して、四二・一九五キロを走った、とあとがきに書かれていましたが、その言葉をずっと意識しながら書いていきました。 桜庭一樹 57p、「ファミリーポートレイト」(講談社)では、いまの時代ならではの女性のハードボイルド小説を書きたかったんです。 根岸たか旨 102p、その頃にともだちから「おまえ、最近天狗になっていないか」と事実を指摘されてしまいました。 渋谷陽一 121p、有名人とメシを食ったことを自慢するタイプのインタビュアーって馬鹿ですよね。 たとえばジョン・レノンは僕にとっては神様のような存在ですけど、それでも彼と二時間食事をするよりは三十分のインタビューする方が絶対におもしろいと思うんです。もっといえば、100回のメシよりも一回のインタビューのほうがいいんです。 かわぐちかいじ 136p、それぞれの漫画家が、何十年間もそれで生きてきた伝家の宝刀のようなものは、その人だけのものとして使われてきただけだった。そういう技術をいろいろな現役漫画家に聞いて、言語化して残しておくのはおもしろいことかもしれない。 弘兼憲史 165p、ディテールの重要性は痛感していましたから、国会議員への直接取材ではまず「朝食に何を食うか」「国会が休みの時はどこに行くか、何をしているのか」という日常の取材から始めました。 平野啓一郎 193p、以前、タクシーに乗ったら唐突に運転手のおじさんに話しかけられて、「お兄さんたちの世代が就職できないのは、結局、上の世代の雇用が守られているからでしょ」って言うんですよ。 196p、僕は、東西冷戦を自分の問題として経験した世代ではありません。ですから、一九八九年のベルリンの壁崩壊には驚いたけどあんまりピンと来ていなくて、むしろ、九一年の湾岸戦争の方がテレビで見ていて印象に残っています。 平野啓一郎 202p、「決壊」(新潮文庫)は、最初から問題を綺麗に整理せずに、そうした言葉の「迫力」をうまく出せたらと考えながら書いていたところもあるんです。 三島由紀夫が三十代のはじめに書いた「金閣寺」と。自分が三十代の前半で書いた「決壊」を比べて考えると… 209p、文学が「マイノリティ」であることを自認するのなら、もっと必死に「伝える」努力をすべきですよ。その意味で、レジス・ドブレの「メディオロジー宣言」には影響を受けました。 平野啓一郎...
続きを読む...
 

金閣寺、三島由紀夫著、読了、濫読日記風 2018、その34

金閣寺 (新潮文庫)を読んだ。 コンプレックスを抱えた主人公が金閣寺に放火するまでを描いた。三島由紀夫の美しい文体で構成されている。自分にはない語彙をこれでもかと散りばめているが注釈がそれを適度に補ってくれる。中村光夫解説 ベッカリーア「犯罪と刑罰」(290ページ)が出てくるが、誰かの小説にも出てきたけど、なんだったか思い出せない。でもって、犯罪と刑罰 (岩波文庫)が積読になっている。いつになったら読めるのだろうか? 濫読日記風 2018 フクロウ、宮崎学著、読了、濫読日記風 2018、その33 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風 2018、その32 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法、山田竜也著、読了、濫読日記風 2018、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 組織にいながら、自由に働く。仲山進也著、読了、濫読日記風 2018、その30 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 図書館に訊け!、井上真琴著、読了、濫読日記風...
続きを読む...
 

フクロウ、宮崎学著、読了、濫読日記風 2018、その33

フクロウを読んだ。 本書は1990年第9回土門拳賞を受賞した。 独自に開発した、無人カメラによって初めて撮影が可能になった貴重なショットからなる。 野生のフクロウを南アルプスの長野県上伊那郡中川村に観測小屋を立てて密着取材した。木偏の上に鳥と書いて梟(フクロウ)。宮崎学という写真家を「森の探偵」で知った。 宮崎学が開発した無人カメラでの数々のショットは下記で紹介した書籍に掲載されている。 森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風 2018、その32 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 濫読日記風 2018 森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風 2018、その32 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法、山田竜也著、読了、濫読日記風 2018、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 組織にいながら、自由に働く。仲山進也著、読了、濫読日記風 2018、その30 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 図書館に訊け!、井上真琴著、読了、濫読日記風...
続きを読む...
 

森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然、宮崎学、小原真史著、読了、濫読日記風 2018、その32

森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然を読んだ。 独自に開発した無人カメラに映った野生動物たちの生態系が興味深い。 クマが大きな肉球を持つのは無音で獲物に近寄って捕食するため(230ページ)とかなんとか。植物を食べる動物は蹄が発達している、なので足音がコツコツ。 写真家の宮崎さんの話を小原さんが聞くという形式が読みやすい。 野生の動物を撮影するために手作りの装置を工夫して作っている宮崎さんに独創性がある。 鳥獣被害対策として野生動物の生態系を知る必要があるが、本書はそのヒントに満ちている。おすすめだ。 濫読日記風 2018 フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法、山田竜也著、読了、濫読日記風 2018、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 組織にいながら、自由に働く。仲山進也著、読了、濫読日記風 2018、その30 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 図書館に訊け!、井上真琴著、読了、濫読日記風 2018、その29 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 機械との競争、エリック・ブリニョルフソン著、読了、濫読日記風 2018、その28 -...
続きを読む...
 
7 / 80 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!