twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ LF Staff's Blog - Noriaki Fukuyasu イノベーションとLinux.com

イノベーションとLinux.com

 

最近よく「イノベーション」という言葉を(以前より)よく聞くような気がします。

特にこの業界(Linux/OSS)に深く関わっていると、この言葉を極めて頻繁に聞きますし、自分自身よく口にします。

 

さてこの「イノベーション」が経済発展の主要因であると最初に主張したのは、シュンペーターです。

彼の言うイノベーションとは、例えば『駅馬車を沢山生産する』という連続性がある事象ではなく、『駅馬車』の延長線には無い『鉄道』を生み出すこと、この非連続性がイノベーションである、、、と以前何かの本で読んだ覚えがあります。

 

この非連続性(イノベーション)を生み出すのは容易い事ではないはずです。

(言うまでもなく、、、)

特に普段企業の一員として働くと、企業の他のメンバーと思想/着想が同化し、「非連続的」な発想が生まれにくくなるのでは無いかと思います。

 

私は以前日立製作所という会社に勤めていました。

とっても教育熱心な会社で、1年に何度も社員研修に出して頂きました。

その頃参加した研修の中での出来事です。

外部から招いた講師の方は、私たち日立の様々な部門から集められた30名くらいの社員に、ある問題に対する解決方法を3つ紙に書いて提出するように求めました。

 

結果、なんと様々な部門から集められた30名の、お互い一緒に働いた事など一度も無い社員の多くがほぼ同じ解決策を、同じような表現(言葉遣い)で提出したのです。

 

この現象は何も日立特有の現象では無いはずです。

同じような質問を他の企業で行えば、多くの企業で同じような現象がおきるのでは無いかと思います。

 

オープンソースのコミュニティによる開発の意義の一つはここにあるのでは無いかと思います。

つまり企業も、国籍も、言語も、文化的背景も違うメンバーが共同で開発を行うからこその「非連続性」が期待できるのでは無いでしょうか?

そしてイノベーションが生まれるのでは無いでしょうか?

 

で、結局何が言いたいかというと、私たちLinux.com Japanスタッフは、このLinux.com Japanを、企業の枠を超えたコミュニケーションのプラットフォームにしたいと考えているということです。

多くの方に情報発信をして頂き、またその情報に対して多くのフィードバックを受ける。その結果イノベーティブなアイデアが生まれる。

そんなサイトにしていければと思います。

 

と言う事で、「投稿機能」「フィードバック機能」「Twitter連動機能」近日公開予定です。

お楽しみに!!

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!