twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ

ブログ

ブログ別アーカイブ l 未来のいつか l Android/OPhone雑記 l l
l アジアのペンギン l 烏龍の旅 l 第三のペンギン l TOMOYO Linux l

 

新着記事



大学時代のクラス会があった

自分が大学に入学したのは1977年なので40年前だ。当時はスマホやインターネットどころか、携帯もPCもなかった。若い人は想像もつかないかと思うが、スマホがない時代があった。スマホがなくてどうやって電話をかけるのか?Googleがなくてどうやって検索をするのか。Amazonがなくてどうやって本を買うのか。東横線は渋谷が終点で、改札口は駅員さんがいて、切符を回収していた。Suicaもない時代だった。切符を人力で回収というのは想像もつかないかもしれない。そんな時代だ。 それはともかく、僕たちは1977年に大学に入学して同じクラスになった。その連中とクラス会を行った。毎年、忘年会のシーズンと夏頃にはなんやかんやいって飲み会をする。幹事の新さんがいつも企画してくれている。ありがとう。 11人が集まった。タイで食品会社の社長をやっている柴さん、商社から自動車会社に転職した鈴木さん、いつも幹事をしてくれている建築業をやっている新さん、中東から帰国した富田さん、滋賀に単身赴任している浅田さん、メーカーから特許庁に転職した富樫さん、車メーカーからバイクメーカーへ渡り歩いた醍醐さん、大手電機メーカーの田中さん、富士通から関連子会社の社長になった玉谷さん、大手電機メーカーから米国コンピューターベンダーに転職した前田さん、そして私という面子だった。 年齢は60前後なので会社員なら定年間際だ。 タイで食品会社の社長をしている柴さんは元気なうちはずっとタイで働くそうだ。みんなタイに遊びに来てねーと言っている。建築業をやっている新さんを除けば、皆、会社員だ。定年である。65歳まで今の会社で働くという人が多い。特許庁は特に定年というのはないので、しばらくは勤めていられるそうだ。何年か特許庁で働くと弁理士の資格を取ることができるらしい。 大手電機メーカーだと60歳を過ぎると給与が激減する。それって随分ひどい話だと思うのだけど、会社としてはいかにして人件費を削減したいというようなことなのだろうか。 今までの経験を生かした形での転職先とかを見つけるのは難しいのだろうか。そんなことを思った。 自分より奥さんの方が手取りが多いという人もいる。羨ましいところである。 自分は特に手に職があるというわけではないが、なんとなくどうにかなるのではないかと楽観している。一つのところだけに収入源を依存しているのは危険なので、今後は副業などについても考えていきたい。60歳を過ぎてからの仕事、転職先などについて、いろいろと考えていたりする。 20世紀の会社員の典型的なロールモデル、一つの会社に定年までいて、退職金をもらって、年金で生活をするというのは、自分の場合はすでに崩壊しているので、60歳以降の働き方をじっくり考えて実践していく必要がある。...
続きを読む...
 

短編小説礼讃、阿部昭著、濫読日記風、その50

短編小説礼讃 (岩波新書 黄版 347)を読んでいる。品切れだったので図書館で借りた。 「 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記」で紹介されていたので、興味を持った。 下記は「序」の冒頭部分だ。 ルナールの『博物誌』の「蛇」のページを開くと、ボナールの描いた大きな蛇が黒々とのたくっていて、反対のページにはたった一行、 「長すぎる。」 と書いてある。これが詩ならば俳句よりも短い。 (1ページ) 「序」の冒頭でいきなり「博物誌 (新潮文庫)」が出てくる。 「博物誌」の「蛇」の項目はインパクトがある。見開き、左側にボナールの絵があって、「蛇」の定義が右側にある。(106ページ) 「短編小説礼讃」では、様々な短編小説を取り上げながら、その魅力を伝えている。 紹介されている短編小説を読みたくなる一冊だ。積読がどんどん増えていく。うれしい悲鳴だ。 濫読日記風 読書論、小泉信三著、濫読日記風、その49 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 幽霊たち、ポール・オースター著、柴田元幸訳、濫読日記風、その48 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 ティファニーで朝食を、トルーマン・カポーティ著、村上春樹訳、濫読日記風、その47 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 自分の中に毒を持て、岡本太郎著、濫読日記風、その46 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 天平の甍、井上靖著、濫読日記風、その45 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44...
続きを読む...
 

読書論、小泉信三著、濫読日記風、その49

読書論 (岩波新書)を読んだ。 「人生は短く、書物は多い。一生のうちに読みうる書物の数は知れている。それを思えば、いつまでも手当たり次第に読んでいるわけにはいかない。どうしても良書の選択が必要になる。何をいかに読むべきか。著者多年の豊かな読書体験と古今東西の優れた知性が残した教えに基づいて、さまざまな角度から読書を語る。」(表紙カバーから)初版が出版されたのが、1950年。1950年というのは太平洋戦争終戦後わずか5年なので、読書環境という意味では必ずしも恵まれていなかった。新版まえ書きで、戦後間もなくだったので、手元に蔵書もなく、引用もままならなかったという事情を記している。*1 第一章、何を読むべきか、第二章、如何に読むべきか、第三章、語学力について、第四章、翻訳について、第五章、書入れ及び読書覚書、第六章、読書と観察、第七章、読書と思索、第八章、文章論、第九章、書籍及び蔵書、第十章、読書の記憶、引用書目 網羅的な読書論になっていて、小泉の豊かな読書体験がうかがい知れる。明治の知識人は欧州に留学し、語学も英語はもとより、仏語、独語なども嗜んだようだ。 小泉が塾長時代の工学部(当時は藤原工業大学)の学部長谷村富太郎が、実業家方面から申しだされる、すぐに役に立つ人間を作ってもらいたいという註文に対し、すぐに役に立つ人間はすぐに役に立たなくなる人間だと、応酬して、同大学において基本的理論をしっかり教え込む方針を確立したとある(12ページ) 同様の意味において、すぐに役に立つ本はすぐに役に立たなくなる本である(同ページ) 私もこのフレーズが好きなのであるが、その原典が本書であることを初めて知った次第である。 古典というものはすぐに役には立たない。しかし、すぐに役に立たない本によって、今日まで人間の精神は養われ、人類の文化は進められてきた。 私は今までの人生の中で古典を読む経験が圧倒的に少なかったと自覚している。それが今の濫読につながっている。 如何に読むべきかという方法論において、再三反覆して読むことを勧めている。やや時を隔てて読むことによって、自分の成長を認めるのも愉快であるとしている(29ページ) 読書と観察で自分の観察力を不足を痛感したという(69ページ) 小泉の「アメリカ紀行」で観測力の不足を感じ、ゲーテの「イタリア紀行」を読んで感心したことを記している。 同様に読書と思索についても考察している。「吾々は読書によって思考を促され、また導かれる」(78ページ) その例として、漱石の「文学論」を引いている。(88ページ) 明治の文化人の凄みを感じさせる一冊である。彼は経済学者なのであるが、文学にも造詣が深い。小泉信三全集の目次を読んでみたいと思った。 一応、慶應義塾大学を卒業したので名前は知っていたけど、著作を読んだのは初めてだった。不勉強でごめんなさい(ぺこり) 濫読日記風 幽霊たち、ポール・オースター著、柴田元幸訳、濫読日記風、その48 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 ティファニーで朝食を、トルーマン・カポーティ著、村上春樹訳、濫読日記風、その47 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 自分の中に毒を持て、岡本太郎著、濫読日記風、その46 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 天平の甍、井上靖著、濫読日記風、その45 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

幽霊たち、ポール・オースター著、柴田元幸訳、濫読日記風、その48

幽霊たち (新潮文庫)を読んだ。 この本を読むきっかけは スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記で紹介されていた一冊だったからだ。(倉持裕、劇作家・演出家、159ページ) 冒頭からしてすごい。 まずはじめにブルーがいる。次にホワイトがいて、それからブラックがいて、そもそもの始まりの前にはブラウンがいる。ブラウンがブルーに仕事を教え、こつを伝授し、ブラウンが年老いたとき、ブルーが後を継いだのだ。物語はそのようにして始まる。舞台はニューヨーク、時代は現代、この二点は最後まで変わらない。(中略)やがてホワイトという名の男がドアを開けて入ってくる。物語はそのようにして始まる。 ホワイトからの仕事は、ブラックという名の男を見張り、必要がなくなるまでつづけてくれと。週に一回の報告書をホワイトに提出すると、小切手が送られてくる。ホワイトはブルーのために、ブラックのアパートを監視するための部屋をあらかじめ確保してある。 ブルーは見張り続ける。特に目立った動きはない。事件が起こることを待ち望むのだが何も起きない日々が続く。ブラックは何をしているのか、なぜホワイトはブルーにそのような仕事を依頼したのか。謎は一向に解明されない。 ポール・オースターの代表作と言われているらしい。 ミステリー仕立てで、あっという間に読める。グイグイ不思議な世界に引き込まれた。不条理的な読み方もできて面白かった。 なお、三浦雅士の文庫本解説があるが、本文のネタバレがあるので、最初に読まない方がいい。というか文庫本にこの解説が必要だったのかという疑問も残る。 「ガラスの街」、「鍵のかかった部屋」(「幽霊たち」にならぶニューヨーク三部作)も読んでみたいと思った。 濫読日記風 ティファニーで朝食を、トルーマン・カポーティ著、村上春樹訳、濫読日記風、その47 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 自分の中に毒を持て、岡本太郎著、濫読日記風、その46 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 天平の甍、井上靖著、濫読日記風、その45 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 -...
続きを読む...
 

ティファニーで朝食を、トルーマン・カポーティ著、村上春樹訳、濫読日記風、その47

ティファニーで朝食を (新潮文庫)を村上春樹の訳で読んだ。自分にとっては初めてのカポーティだった。 「ティファニーで朝食を」は、村上春樹の初期の小説のようなお洒落な作品だ。 第二次世界大戦下のニューヨークで、自由に生きる女優の卵のホリー・ゴライトリーと同じアパートに住む作家志願の主人公との物語だ。 村上春樹の訳はとても読みやすい。 「花盛りの家」、「ダイアモンドのギター」、「クリスマスの思い出」という短編と一緒に収められている。 村上春樹の訳者あとがきも参考になる。 トルーマン・カポーティの代表作「冷血」も読んでみたいと思った。 濫読日記風 自分の中に毒を持て、岡本太郎著、濫読日記風、その46 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 天平の甍、井上靖著、濫読日記風、その45 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 未成年、ドストエフスキー著、工藤精一郎訳、濫読日記風、その41 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 二子玉川本屋事情、濫読日記風、その40 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 コインロッカー・ベイビーズ、村上龍著、濫読日記風、その39 -...
続きを読む...
 

自分の中に毒を持て、岡本太郎著、濫読日記風、その46

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)を読んだ。 岡本太郎といえば「芸術は爆発だ」のおじさんだ。太陽の塔の作者でもある。そのくらいのことしか知らない。初めて彼の著作を読んだ。 岡本節がこれでもかこれでもかと炸裂する。芸術家として孤高の人でありながら商業的にも成功している。その語りを聞いている(読んでいる)だけでお腹いっぱいになる。 若き日の岡本太郎は1930年代のパリにいて、1940年ドイツ軍がパリを占領する直前にヨーロッパを去り、太平洋戦争突入直前に日本に帰ってきた(19ページ) 挑戦しろ。挑戦した上での不成功者と、挑戦を避けたままの不成功者とでは全く天地の隔たりがある。(26ページ) インターネット時代、失敗が奨励されている。素早く失敗して素早くそこから学ぶ。芸術家岡本太郎は芸術家の直感として挑戦し失敗することの大切さを肌でわかっていたのだろう。 若き日の岡本太郎はパリのキャフェで20世紀初頭の芸術家たちと交流する。シュール系の画家や詩人、哲学者、芸術批評家、写真家などなど。十年以上のフランス生活のほとんどはキャフェとともにあった(46ページ) ジョルジュ・バタイユとの出会いもキャフェがきっかけだった。 「よく、あなたは才能があるから、岡本太郎だからやれるので、凡人には難しいという人がいる。そんなことはウソだ。 やろうとしないから、やれないんだ。それだけのことだ。」(120ページ) 生きることそのものが芸術だという。 全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーっと開くこと。それが「爆発」だ。人生は本来、瞬間瞬間、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。命の本当のあり方だ。(191ページ) 本書に岡本太郎の哲学、考え方、生き方の一面を見た。 コミュニケーションというのはそもそも本質的に無条件なものだ。無償、無目的であるべきものだ、と僕は考える。ところが今日では、すべて経済的メリット、それに材料を提供するというだけの面で処理されてしまう。そこに人間存在の孤立化を逆に拡大しているという感じが生まれてくるのだと思う。確かにその虚しさを、危険を、みんな漠然と感じている。だから情報とは何かという問いが一種の批判の変形として繰り返して発せられるのだ。(197ページ) 岡本太郎の危機感を今こそ理解したいと感じた。他の著作も読んでみたいと思った。 濫読日記風 天平の甍、井上靖著、濫読日記風、その45 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 未成年、ドストエフスキー著、工藤精一郎訳、濫読日記風、その41 -...
続きを読む...
 

天平の甍、井上靖著、濫読日記風、その45

天平の甍 (新潮文庫)を読んだ。 天平5年(733年)、遣唐使として唐に渡った若い僧たちの物語である。仏教の経典を写経し、日本に持ち帰ることに命をかける僧たち。唐の高僧鑑真を伴って祖国に帰るために幾度となく困難に見舞われる。 仏教を日本に伝えるために、経典を写経しそれを日本に持ち帰ることと、高僧を日本に招くことが大きな使命になる。鑑真は何度も渡日を試みるが、ことごとく失敗する。命がけの物語だ。 遣唐使として唐にわたって無事に帰国することが当時いかに困難だったか、命をかけた試みだったかということがよく分かる作品だ。 唐招提寺に古寺巡礼をしてみたいと思わせる作品だった。 インターネットのない時代に経典がいかに貴重だったのか。写経によって一文字一文字書き移すという作業がどれほど重要だったのか。経典が命を賭して守るべきものだということがよくわかった。 普照らが持ち帰った経典の巻数、情報量はどのくらいだったのだろうか。何百巻、何千巻だったのだろうか。一巻あたり10万文字とかそのくらいのオーダーなのだろうか。多く見積もって数百キロバイトとかくらいだろうか。いずれにせよ、インターネットの時代であれば、秒の単位コピーできる情報量だ。情報の価値がほぼゼロになったと当時の人々が聞いたらどんなことを思うのだろうか。 1000年単位の時間を考えるいいきっかけになった。 オススメです。 濫読日記風 夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 未成年、ドストエフスキー著、工藤精一郎訳、濫読日記風、その41 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 二子玉川本屋事情、濫読日記風、その40 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 コインロッカー・ベイビーズ、村上龍著、濫読日記風、その39 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」、山口周著、濫読日記風、その38...
続きを読む...
 

夢十夜、夏目漱石著、濫読日記風、その44

夢十夜 他二篇 (岩波文庫)を読んだ。 夢十夜は、夏目漱石の短編だ。ちょっとした夢をみたという話を十夜収めている。 その中では、第六夜が好きだ。 運慶(うんけい)が護国寺(ごこくじ)の山門で仁王(におう)を刻んでいると云う評判だから、散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まって、しきりに下馬評(げばひょう)をやっていた。 運慶が仁王像を刻んでいるのを人々が見物している。鑿と槌でズンズン彫っている。 「よくああ無造作(むぞうさ)に鑿を使って、思うような眉(まみえ)や鼻ができるものだな」と自分はあんまり感心したから独言(ひとりごと)のように言った。するとさっきの若い男が、 「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋(うま)っているのを、鑿(のみ)と槌(つち)の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」と云った。 名人には彫るべきものあらかじめ見えているという話なのだけど、この小品には絶妙なオチがあって、それが味わい深い。 永日小品という作品は明治時代の日々のちょっとしたことが書かれている。 火鉢が目に浮かぶ。明治時代の家屋は寒かったのだろうなあと思う。昭和の時代にも火鉢はあったが、さすがに最近は見ない。 どうでもいい話なのだが、焼麺麭と書いてトーストと読ませるらしい。 濫読日記風 言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 未成年、ドストエフスキー著、工藤精一郎訳、濫読日記風、その41 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 二子玉川本屋事情、濫読日記風、その40 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 コインロッカー・ベイビーズ、村上龍著、濫読日記風、その39 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
続きを読む...
 

言葉にできるは武器になる、梅田悟司著、濫読日記風、その43

「言葉にできる」は武器になる。を読んだ。 タイトルがいい。「言葉にできない」ことは「考えていない」のと同じである。外に向かう言葉だけではなく、内なる言葉に目を向ける。それが考えるということだ。著者はそう主張する。 自分の考えを広げたり奥行きを持たせるために「内なる言葉」の存在を意識することが絶対不可欠である。(5ページ) 1章「内なる言葉」と向き合う、2章正しく考えを深める「思考サイクル」、3章プロが行う「言葉にするプロセス」 2章で具体的な思考サイクルをステップごとに分解して紹介している。思考を深めるために、「自分との会議時間を確保する」必要がある。(135ページ) 内なる言葉と向き合う時間を「自分との会議時間」と定義し、1週間に数回確保するようにしている。(136ページ) 考えを言葉にする実践的なプロセスが示されている。それを参考に言葉にしてみる練習をすればいい。いうのは簡単だがやるのは難しいけど、その方法が明示的に本書で示されているので、あとは練習のみである。 自分にはその練習が足りていないのだろうなあと感じた。日記を書いて少しは練習をしようと思った。 濫読日記風 スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 未成年、ドストエフスキー著、工藤精一郎訳、濫読日記風、その41 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 二子玉川本屋事情、濫読日記風、その40 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 コインロッカー・ベイビーズ、村上龍著、濫読日記風、その39 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」、山口周著、濫読日記風、その38 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 正しい本の読み方、橋爪大三郎著、濫読日記風、その37 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 漫画...
続きを読む...
 

スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書、テレビ東京報道局編著、濫読日記風、その42

スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書を読んだ。 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(WBS)の人気コーナー「スミスの本棚」を書籍化したもの。池上彰から始まって、著名人が自分の一冊を紹介する。 パラパラめくって、面白そうな本を発見する手引きになる。一人当たり数ページなのであっという間に読める。 いくつか気になった本を列挙しておく。いつか手に取ってみたいと思った。 「もうすぐ絶滅するという紙の書籍について」ウンベルト・エーコ、ジョン=クロード・カリエール著、「短編小説礼賛」阿部昭著、「幸福について 人生論」ショーペンハウアー著、「茶の本」岡倉天心著、「ゴムあたまポンたろう」長新太作、「迷惑な進化」「人はなぜSEXをするのか」シャロン・モアレム著、「幽霊たち」ポール・オースター著、「ルーカス帝国の興亡」ゲリー・ジェンキンズ著 その本を紹介した人の語りが面白いので、読んでみたら自分には響かないということはあるかもしれないけれど、それはそれだ。品切れや絶版になっているものもあるので、それらは図書館で借りたりしたい。 濫読日記風 未成年、ドストエフスキー著、工藤精一郎訳、濫読日記風、その41 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 二子玉川本屋事情、濫読日記風、その40 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 コインロッカー・ベイビーズ、村上龍著、濫読日記風、その39 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」、山口周著、濫読日記風、その38 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 正しい本の読み方、橋爪大三郎著、濫読日記風、その37 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 漫画 君たちはどう生きるか、吉野源三郎著、羽賀翔一(イラスト)、 濫読日記風、その36 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 Hit...
続きを読む...
 
15 / 101 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!