twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ

ブログ

ブログ別アーカイブ l 未来のいつか l Android/OPhone雑記 l l
l アジアのペンギン l 烏龍の旅 l 第三のペンギン l TOMOYO Linux l

 

新着記事



テスト駆動開発、Kent Beck著、和田卓人訳、濫読日記風、その28

テスト駆動開発の発売記念という建てつけの技術書の歩き方勉強会「テスト駆動開発」編 - connpassというイベントに参加した。 テスト駆動開発は2003年に翻訳出版されたのだが、絶版になっていて、先日、和田さんが訳し直して出版された。その経緯は新訳版『テスト駆動開発』が出ます - t-wadaのブログが詳しい。 ソフトウェア技術書の古典的名著を翻訳しなおし、復刊するという商業ベースにはなかなか乗りにくいことを敢行した和田さんとオーム社に拍手を送りたい。 再翻訳に当たって、1)サンプルのソフトウェアのバージョンを最新にした、2)判型を小さくした(持ち運びやすい)、3)サンプルコードの省略をやめ、コードの変更点を目立たせ、各章ごとにその時点の全コードを記載する、というような工夫を施した。 それによって、現時点でも非常に読みやすい構成になっている。 そして本書の最大の特長は、付録Cにある、和田さんによる解説である。2003年に出版された版(絶版になったもの)によってテスト駆動開発が紹介されてから、ブームになり、普及するにつれ、「教条主義化」と「意味の希薄化」が始まる。そのような背景と文脈を本書の解説は生々しく記している。 本書の本質は2003年当時とほとんど変わっていない。継続的インテグレーションや継続的デリバリーなど一般的になり、アジャイル開発も普及してきた。そのような環境が変わったとしても、テスト駆動開発の本質はほとんど変わっていない。その文脈をしっかりと付録Cの解説は伝えている。 ソフトウェア関連技術書でこのように息の長い価値を持つものは多くはない。若い人が本書の本質を理解するために、付録Cは必須だったと言える。おじさんたちは、おそらくその文脈を多かれ少なかれ知っているだろう。しかし、そのようなものは必ずしも言語化されていない。文脈をしっかりと言語化した意義は大きい。 若者や初学者にテスト駆動開発について学びたければ本書を読めと勧められる。中堅ベテランにはとりあえず付録Cを読め、話はそれからだ。とも言える。 プログラマ必読書である。 濫読日記風 教場0、長岡弘樹著、濫読日記風、その27 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 岩波文庫と私、濫読日記風、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

教場0、長岡弘樹著、濫読日記風、その27

教場0: 刑事指導官・風間公親を読んだ。 県警の刑事指導官・風間公親とその指導を仰ぐ新人刑事との物語。6話からなる。 第一話 仮面の軌跡、第二話 三枚の画廊の絵、第三話 ブロンズの墓穴、第四話 第四の終章、第五話 指輪のレクイエム、第六話 毒のある骸。 それぞれのエピソードは、初めから犯人が明らかになっていて、風間と新人刑事のコンビが、どのように犯人を追い詰めるかが焦点となる。それぞれに、巧みなトリックが仕込まれている。 印象に残ったのは、第五話。20歳年上の認知症の妻を殺害する夫。最後が切なかった。 濫読日記風 岩波文庫と私、濫読日記風、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 死ぬほど読書、丹羽宇一郎著、読了、濫読日記風、その25...
続きを読む...
 

岩波文庫と私、濫読日記風、その26

大きめの本屋に行くと文庫本目録などをくれる。 岩波文庫の小冊子「岩波文庫と私」をもらった。(非売品なので近所の書店で入手しよう。) 岩波書店の雑誌「図書」に2017年7月号から9月号に掲載された「岩波文庫と私」という下記の対談を収録したものだ。 1)小野正嗣、沼野充義、2)奥泉光、熊野純彦、3)佐藤優、保坂正康。 それぞれが、岩波文庫に入っている書籍について、自分自身の読書体験とともに、あーだ、こーだと語る。 岩波文庫は、いまだに岩波茂雄の創刊の辞が載っている。青空文庫にあったので、全文を掲載する。 読書子に寄す ――岩波文庫発刊に際して―― 岩波茂雄  真理は万人によって求められることを自ら欲し、芸術は万人によって愛されることを自ら望む。かつては民を愚昧ならしめるために学芸が最も狭き堂宇に閉鎖されたことがあった。今や知識と美とを特権階級の独占より奪い返すことはつねに進取的なる民衆の切実なる要求である。岩波文庫はこの要求に応じそれに励まされて生まれた。それは生命ある不朽の書を少数者の書斎と研究室とより解放して街頭にくまなく立たしめ民衆に伍せしめるであろう。近時大量生産予約出版の流行を見る。その広告宣伝の狂態はしばらくおくも、後代にのこすと誇称する全集がその編集に万全の用意をなしたるか。千古の典籍の翻訳企図に敬虔の態度を欠かざりしか。さらに分売を許さず読者を繋縛して数十冊を強うるがごとき、はたしてその揚言する学芸解放のゆえんなりや。吾人は天下の名士の声に和してこれを推挙するに躊躇するものである。このときにあたって、岩波書店は自己の責務のいよいよ重大なるを思い、従来の方針の徹底を期するため、すでに十数年以前より志して来た計画を慎重審議この際断然実行することにした。吾人は範をかのレクラム文庫にとり、古今東西にわたって文芸・哲学・社会科学・自然科学等種類のいかんを問わず、いやしくも万人の必読すべき真に古典的価値ある書をきわめて簡易なる形式において逐次刊行し、あらゆる人間に須要なる生活向上の資料、生活批判の原理を提供せんと欲する。この文庫は予約出版の方法を排したるがゆえに、読者は自己の欲する時に自己の欲する書物を各個に自由に選択することができる。携帯に便にして価格の低きを最主とするがゆえに、外観を顧みざるも内容に至っては厳選最も力を尽くし、従来の岩波出版物の特色をますます発揮せしめようとする。この計画たるや世間の一時の投機的なるものと異なり、永遠の事業として吾人は微力を傾倒し、あらゆる犠牲を忍んで今後永久に継続発展せしめ、もって文庫の使命を遺憾なく果たさしめることを期する。芸術を愛し知識を求むる士の自ら進んでこの挙に参加し、希望と忠言とを寄せられることは吾人の熱望するところである。その性質上経済的には最も困難多きこの事業にあえて当たらんとする吾人の志を諒として、その達成のため世の読書子とのうるわしき共同を期待する。   昭和二年七月 http://www.aozora.gr.jp/cards/001119/files/42753_16113.html 昭和二年当時は円本ブーム、文学全集ブームだったらしい。円本は一冊が安くてお得だけど、セットで予約購読しなければならない。それに対して岩崎茂雄の文庫は全巻買わなくていい、一冊ずつ誰でも読める。業界の常識に喧嘩を売っているようなものである。すごい。 いまだに「読書子に寄す」を岩波文庫に載せているところがロックだ。 この小冊子の小野正嗣と沼野充義や奥泉光と熊野純彦の対談で、古典だけではなくて、「大江健三郎自選短篇 (岩波文庫)」のような現代作家の作品も読めるということを知った。 「文語訳 旧約聖書 I 律法...
続きを読む...
 

死ぬほど読書、丹羽宇一郎著、読了、濫読日記風、その25

本好きなので「読書」の本をあれやこれや読んでいる。昨日、紹介した「読書力 (岩波新書)」や、 濫読日記風、その7 - 未来のいつか/hyoshiokの日記の「僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意」もそうだ 死ぬほど読書 (幻冬舎新書)は、昨日紹介した「読書力」と立場が違って、「読む、読まないは君の自由なんだから、本なんて読まなくていいよ」というところから入っていく。一見逆の立場に見えなくもないのだが、実はそうではなくて本を読むことの意義を説いていく。そして、どのような本を読むのか、本を読む効用、読書の真価、本の底力などを解く。 著者が読んだ本のことが随所に紹介されていて、それを読むと紹介されたものを読みたくなる。そうやって読書本に誘われてますます読書の深みにはまっていく。それが嬉しい。自分でもだんだん変なところに行きつつあるなあと思った次第である。 「 エリック・ホッファー自伝ー構想された真実、エリック・ホッファー著、読了、濫読日記風、その20 - 未来のいつか/hyoshiokの日記」で書いた、エリック・ホッファーの「現代という時代の気質」が157ページで紹介されている。本書を読んだ時にはすっかりスルーしていた。今、読み返してみて嬉しい再発見である。 144ページには、宮大工の西岡常一氏の「木のいのち木のこころ」が紹介されている。これも読んでいる最中である。両者とも一読目にはスルーしていたが、別の読書体験から気になって結局同じ本にたどり着く奇跡を経験した。 本書は著者が引用している本への入り口として読むと面白いと思った。 濫読日記風 読書力、齋藤孝著、濫読日記風、その24 -...
続きを読む...
 

読書力、齋藤孝著、濫読日記風、その24

読書力 (岩波新書)を読んだ。 著者の主張は明確だ。著者は、本は「別に読まなくていい」ものではなくて、「当然読むべき」ものであると主張する。 読書力とは何か、なぜ読書力などということを言い出すことになったか、そして、どのように本を読むかということを記している。本を読むことはスポーツのように訓練をすることによって上手になっていく。本を読めない人は、その訓練が足りていないのだという。読書力をつけるには、目安として「文庫百冊・新書五十冊を読んだ」こととしている。 私は本は楽しみのために読むので、どんな読み方をしてもいいし、人に読めとまでは言っていない。もちろん、読まないより読んだ方がいいとは思っているが、たとえそのようなことを言ったとしても、読むやつは読むし読まないやつは読まないので、読まねばならないと他人にいうのは無駄だと感じる。 著者は、もっと強い立場だ。「読書はしなくても構わない」ものではなくて、「読書は必要」だと強く主張する。 著者の主張に感化されたのか、やっぱり、そうだよなあと思う。本書を読んで若い人に「本は読んでも読まなくても自由だ」というのは無責任すぎると感じた。 何を読むか、どう読むかは自由だとしても、「本は読むべき」だという主張には肯定せざるをえない。本書はそれだけの説得力がある。 技としての読書として、具体的に読書力を作る方法を指南している。読書力は自然に身につくものではなくて、それなりのステップ(訓練)が必要だ。詳細は本書に譲るとしても、音読し、線を引きながら読み、ギヤチェンジしながら読む方法を紹介している。さらに読書によってコミュニケーション能力を向上させる方法を紹介している。 最後に文庫百選、ブックリストが付いている。実践的なブックリストなので参考にして自分の読書の幅を広げてみたいと思った。 濫読日記風 世界の美しい図書館、濫読日記風、その23 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 タイムスリップ・コンビナート、笙野頼子著、濫読日記風、その22...
続きを読む...
 

世界の美しい図書館、濫読日記風、その23

文字通り「世界の美しい図書館」を100館集めた。日本の図書館も入っている。 図書館の写真を眺めていると旅に出たくなる。その図書館で時を忘れて過ごしたい。目的もなくともかくぶらぶらと書庫を回ってみる。素敵だ。 この9月に、「大人のきっぷ」を使って、秋田の国際教養大学の図書館に行った。 大人の休日倶楽部パスで4日間行き当たりばったりの旅をした - 未来のいつか/hyoshiokの日記 秋田から国際教養大学の図書館に行く。まず、イオンモールまでバスで移動して、さらに乗り換えて大学に行く。 日曜、祝日などは秋田駅からシャトルバス(無料)が運行されている。10:30のに乗った。高校生くらいの若者がいっぱい乗り込んでいた。モールは高校生の社交場だ。 http://akita-aeonmall.com/news/information/13 http://web.aiu.ac.jp/wp/wp-content/themes/aiu/doc/access/AeonLine.pdf 「世界の美しい図書館」は、世界の様々な美しい図書館を紹介している。写真を見ているだけでため息が出る。 国際教養大学の図書館がすごいというので見学に行った。24時間365日オープンしているそうだ。学外者も見学できる。知のコロシウム。リベラルアーツの大学だ。素晴らしい図書館だった。 http://web.aiu.ac.jp/library/outline/ おまけ:図書館の使い方 図書館の使い方 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 を知らない人が以外と多いので、記しておいた。もちろん、先に述べたように、特に目的もなくぶらぶらするというのも一つの楽しみ方である。 専門図書館を支えこなせるようになりたいが、それは別途機会を見つけて調べてみたいと思う。 図書館に行こう - 未来のいつか/hyoshiokの日記 濫読日記風 タイムスリップ・コンビナート、笙野頼子著、濫読日記風、その22 -...
続きを読む...
 

タイムスリップ・コンビナート、笙野頼子著、濫読日記風、その22

笙野頼子の作品を初めて読んだ。なにこれ、面白い。 タイムスリップ・コンビナート マグロと恋愛をする夢を見て悩んでいたある日、主人公に当のマグロから電話がかかってきたところから話が始まる。ともかくどこかへ出掛けろとしつこく言われ、結局(JR鶴見線の終着駅の)海芝浦という駅に行かされる羽目になった。 あなたは海芝浦に行ったことがあるだろうか。私はある。駅の目の前が海で、改札の向こうが東芝の工場の入り口だ。社員以外は立ち入れない。外に出ようにも出られない、知る人ぞ知る奇妙な駅だ。 この世界観でグイグイ話を持っていくのが、タイムスリップ・コンビナートだ。短編だ。京浜工業地帯の工場群はSFチックなモチーフに満ちている。無機質。ブレードランナーの世界である。 第111回芥川賞受賞作。別に芥川賞はどうでもいいのだが、面白かったことは間違いない。 文庫本の「あとがきに変わる対話」も面白い。 タイムスリップ・コンビナートは笙野頼子三冠小説集 (河出文庫)にも採録されていて、こちらの方が入手しやすい。 濫読日記風 「エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告」と「アイヒマン調書――ホロコーストを可能にした男」を読んだ、濫読日記風、その21 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 エリック・ホッファー自伝ー構想された真実、エリック・ホッファー著、読了、濫読日記風、その20 -...
続きを読む...
 

「エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告」と「アイヒマン調書――ホロコーストを可能にした男」を読んだ、濫読日記風、その21

「エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】」と「アイヒマン調書――ホロコーストを可能にした男 (岩波現代文庫)」を読んだ ナチスによるユダヤ人虐殺のキーマン、親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン。1960年に拘束後、8ヶ月、275時間にわたる尋問が行われた。 前者はユダヤ人虐殺を首謀したアイヒマンの裁判を傍聴した記録。著者アーレントは本書の中で、イスラエルの裁判権、アルゼンチンからアイヒマンを拉致・連行したことの正当性、裁判そのものの正当性などを問う。アイヒマンは命令に従って実行しただけで罪の意識はない、法に従って粛々とユダヤ人を殺害していく小心者の役人として描かれる。巨悪は普通の人によってなされるということを本書は示している。そのような人は「悪を行う意図」を持っていない。新版に追加された山田正行の解説も参考になる。 後者はそのアイヒマン裁判の証拠となった調書をもとにしたドキュメンタリー。取り調べに当たったレス大尉(イスラエル警察)のあとがきに彼の思いが詰まっている。調書は淡々と質問を投げ掛けるだけなので、そこに感情の起伏はないが、あとがきにはそれがある。レス大尉の父親もアイヒマンのホロコーストの犠牲になったが、それを尋問中にアイヒマンに伝えた時のエピソードも書かれている。(386ページ)優秀な官僚が大量殺人という巨悪を行う。命令に従ったまでだという立場で自分を弁護するアイヒマンには良心の呵責は見られない。 組織の中では誰でも犯罪者になりうる。自分が犯罪者ではないのはたまたまそこにいなかっただけなのかもしれないと思うとそこに恐ろしさを感じる。 濫読日記風 エリック・ホッファー自伝ー構想された真実、エリック・ホッファー著、読了、濫読日記風、その20 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 カラマーゾフの兄弟を再読した、濫読日記風、その19 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

エリック・ホッファー自伝ー構想された真実、エリック・ホッファー著、読了、濫読日記風、その20

エリック・ホッファー自伝―構想された真実を読んだ。 エリック・ホッファーという人について全く知識なく自伝を読んだ。面白かった。 彼は1902年にドイツ系移民として生まれ、7歳で失明し、15歳の時視力回復する。正規の学校教育を受けていない。日雇い労働で生きながらえながら放浪をしつつ、独学をした。ドストエフスキーの「白痴」は、ほとんど内容を覚えてしまうくらい読んだ。「罪と罰」と「カラマーゾフの兄弟」を読み返してみて、自分の心が成熟していることに気づく。(27ページ) しかしながら、この時期ドストエフスキーやその他の作家たちよりも、彼の心を支配した一冊の本があった。旧約聖書である。(28ページ) モンテーニュのエセーを読みそこに自分の姿を発見する。(90ページ)砂金採掘の時期に、勉強し、考え、そして書いた。仕事のない日を過ごすために十分な読み物を用意する必要があって、古本屋で1000ページくらい本を1ドルで買った。表紙には「ミシェル・ド・モンテーニュのエセー」と書かれていた。 スタインベックが「怒りの葡萄」(1939年)で鮮烈に描いたあの苦悩を経験したのである(184ページ) 彼の放浪の旅と季節労働者としての定職を持たない生き様がスゴい。 彼の他の著書も読んでみたいと思った。それだけのインパクトはあった。おすすめだ。 ブックリスト エリック・ホッファー自伝―構想された真実 白痴 1 (河出文庫) 白痴 2...
続きを読む...
 

カラマーゾフの兄弟を再読した、濫読日記風、その19

ドストエフスキーの読書会の最後の課題本が「カラマーゾフの兄弟」で、課題的には一回読了している*1ので特に問題(?!)はないのだけど、なんとなく再読するくらいの勢いがないといけないのではないかと思い新潮文庫版(原卓也訳)で飛ばし読みをした。 その感想。長い上に落ちも結論もありません。 連続する読書会「ドストエフスキー」 ドストエフスキーの読書会、最終回は「カラマーゾフの兄弟」だ。読んだよ。読んだ。読みましたとも。この傑作を。読了したツワモノたちの中に一人で入りましたとも。 おなじみの光文社古典新訳文庫(亀山郁夫訳)でガッツリ読んで、勢い余って、二周目に突入して、今度は新潮文庫版(原卓也訳)で読んだ。 光文社古典新訳文庫には、主要登場人物の名前が書いてある栞が付いているので、初心者に優しい。そればかりか、各巻ごとに亀山郁夫先生の読書ガイドが付いている。なじみの薄いロシア文学あるいはドストエフスキーの人となりなどを知るには最高の構成になっている。光文社古典新訳文庫ラブである。通常、文庫本の「解説」とか「あとがき」とかどう考えても手抜きのあってもなくてもいいよな、むしろないほうがいいくらいのものが多いが、この亀山読書ガイドはそれだけで独立して読めるだけの内容が詰まっている。各巻ごとにあらすじ、主な登場人物のキャラクター、時代背景などが解説されているので、ロシア文学リテラシーが全くなくてもふんふん、そーゆーことなのね、と読める。ドストエフスキーどころかロシア文学を一冊も読んだ事がない自分にとって重要な地図と羅針盤になった。*2 強欲なカラマーゾフさんとその息子(三兄弟)の物語で、お父さんのカラマーゾフさんが誰かに殺されて、その容疑者として長男(ミーチャ)が逮捕され、裁判にかけられる、というのが非常にざっくりとしたあらすじである。 ネットで「兄弟」を調べてみても、あまりネタバレを発見できない。誰も読んでないんじゃないの?と思わなくもないが、2000ページを超える小説のあらすじを記すだけでも大変だし、いきなりネタバレするようなことを書くというのも何を書けばネタバレになるのか、それすらもよくわからないという状況なのではないかと予想する。 本書は長編ミステリーとしても読めるし、人間の欲望、宗教と無神論、科学と宗教、人間社会にまつわるありとあらゆるものが全部入っているヒューマンドラマとしても読める。 まあ、そんなこんなで一回目はストーリー展開に翻弄されながら読んだ。そして何を思ったか新潮文庫版ですぐに再読した。 青空文庫に「カラマゾフの兄弟」の上巻があるので、作者の序論を引用する 作者より  この物語の主人公アレクセイ・フョードロヴィッチ・カラマゾフの伝記にとりかかるに当たって、自分は一種の懐疑に陥っている。(中略) それにしても、自分は、こんな、実に味気ない、雲をつかむような説明にうき身をやつすことなく、前口上などはいっさい抜きにして、あっさりと本文に取りかかってもよかったであろう。お気にさえ召せば、通読していただけるはずである。ところが、困ったことには、伝記は一つなのに、小説は二つになっている。しかも、重要な小説は第二部になっている――これはわが主人公のすでに現代における活動である。すなわち、現に移りつつある現在の今の活動なのである。第一の小説は今を去る十三年の前にあったことで、これはほとんど小説ロマンなどというものではなくて、単にわが主人公の青年時代の初期の一刹那いっせつなのことにすぎない。そうかといって、この初めの小説を抜きにすることはできない。そんなことをすれば、第二の小説の中でいろんなことがわからなくなってしまうからである。しかも、そうすれば自分の最初の困惑はいっそう紛糾してくる。すでにこの伝記者たる自分自身からして、こんなに控え目で、つかみどころのない主人公には、一つの小説でもよけいなくらいだろうと考えているのに、わざわざ二つにしたら、いったいどんなことになるであろう。それにまた、自分のこの不遜ふそんなやり口を、どうして説明したらよいであろう? http://www.aozora.gr.jp/cards/000363/files/42286_37300.html つまり、2000ページ以上費やして描かれた「兄弟」の全体を読んだつもりになっていたのだが、自分が読んだのは二つある小説のうちの前半部分だけだったのである。そしてドストエフスキーは前半部分を書き終えたのちにすぐになくなっている。 すなわち「カラマーゾフの兄弟」という小説は未完の大作なのである。 一度目読んだ時は「作者より」に明示的に描かれていることなんか見事にスルーして、壮大な物語に翻弄されて、そういう構造だったのかというのを全く読解できていなかった。自分の読解力の無さというかリテラシーの低さに絶望した。...
続きを読む...
 
18 / 101 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!