twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ

ブログ

ブログ別アーカイブ l 未来のいつか l Android/OPhone雑記 l l
l アジアのペンギン l 烏龍の旅 l 第三のペンギン l TOMOYO Linux l

 

新着記事



GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦、中田敦著、濫読日記風、その32

GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦を読んだ。 日経BPシリコンバレー支局長の中田敦さんの渾身の一冊だ。ウェルチ時代のM&Aを成長路線に据えたコングロマリット経営からデジタル製造業への転換について現地取材をもとに書かれている。 日本ではレガシーな重厚長大企業というイメージのGEがどのように変革していったか。54ページに、リーンスタートアップで有名なエリック・リースから教えを請うエピソードが紹介されている。2012年夏のことだ。「圧倒的なスピードで製品を改善させていくシリコンバレーのスタートアップと競合するようなことがあったら、巨大化してスピードに劣る当時のGEでは、到底太刀打ちできないことに気づかされた」 GEがどのようにシリコンバレー流を学んでいったか。アジャイル開発の手法などはピボタルの開発者とペアを組んで学んだ。シリコンバレーのディシプリンを身につけ、それを忠実に実践している(125ページ) 過去の経験則が通用しない世界なのでリーンスタートアップを実践することでしか未来はない(205ページ) 人事制度も、「人事評価」から「従業員の能力開発」へとシフトした(206ページ) GEという重厚長大なレガシー企業がどのようにしてシリコンバレー流を身につけたか。それを開設した良著だ。戦略転換に苦しんでいる日本の大手メーカに勤めている人にも参考になるのではないだろうか。 リーンスタートアップといえばEric Ries の近著には、本人がGEの重役会に呼ばれるエピソードから始まる。The Startup Way: How Modern Companies Use Entrepreneurial Management to Transform Culture andDrive Long-Term Growthこちらも読んでみたい。 濫読日記風 やし酒飲み、エイモス・チュツオーラ著、土屋哲訳、濫読日記風、その31 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

やし酒飲み、エイモス・チュツオーラ著、土屋哲訳、濫読日記風、その31

やし酒飲み (岩波文庫)を、岩波文庫、私の三冊という記事で見つけて偶然読んだ。 なんの先入観も予備知識もなく読んで、その世界観にやられた。 冒頭がすごい。 わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった。わたしの生活は、やし酒を飲むこと以外には何もすることのない毎日でした。当時は、タカラ貝だけが貨幣として通用していたので、どんなものでも安く手に入り、おまけに父は町一番の大金持ちでした。 えー。子供の頃からやし酒飲みだったって、言っている意味がわからない。そもそも「やし酒」ってなんだろうか。南国に生えるやしから取ったお酒なのだろうか。梅酒みたいなものなのだろうか。どんな味がするのだろうか。ちょっと味見をしてみたい。 その国では子供がお酒を飲むのが許されているのだろうか。日本も昔は子供でもお酒を飲んでいそうだから、広い世界の中には、十になった子供の頃からやし酒飲みの地域があっても不思議ではない。 金持ちのドラ息子は昼からやし酒を飲んでへべれけになっているのだろうか。 妄想は尽きないのであるが、やし酒を飲むだけの生活と思いきや、いきなりやし酒造りの名人が死んでしまうので、やし酒に事欠くことになる。ピンチだ。そこで死んだ自分専属のやし酒造り名人を探しに行く。死んだものは「死者の町」にいるので、そこへ旅に行く。 あらすじはどうでもいいので(というか、あらすじを追うような小説ではない)、ともかく読んでみてほしい。奇妙な物語である。 アフリカ文学の最高傑作と呼ばれているらしい。 200ページもないので、すぐに読める。 私はこの手の小説は嫌いではない。むしろ好きだ。おすすめです。 濫読日記風 定年バカ、勢古浩爾著、濫読日記風、その30 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 方法序説、デカルト著、谷川多佳子訳、濫読日記風、その29 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 テスト駆動開発、Kent...
続きを読む...
 

定年バカ、勢古浩爾著、濫読日記風、その30

定年バカ (SB新書)を読んだ。 若い人は興味はないと思うが、定年について書かれた「定年本」というジャンルがある。本屋で探してみると、そこそこ見つかる。 自分は、なんやかんや言って、来年で還暦なので、嫌でも「定年本」に目がいく。本屋ではついつい手に取ってしまうし、そこそこ読んでいる。 働きかた系の本という意味では、「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」なんかも、広いくくりで言えば、「定年本」のジャンルにかすったりする。 人生100年時代だ。人生二毛作である。単線的な、学校を出て、就職して、一つの会社に定年まで勤め上げて退職金をもらって、老後は年金で生活するというライフスタイルはとっくの昔に破綻している。 多くの「定年本」は玉石混合で、碌でもないものも少なくはない。むしろ碌でもないものが多い。 本書は、そのような「定年本」を切って捨てる。老後の経済的な心配をして、生きがいを持って、社会と繋がるなどなど、いらないおせっかいである。「自分の好きにすればいい」のである。 身も蓋もない。 多くの「定年本」は胡散臭いと私も思う。ほとんどが箸にも棒にもかからない。 本書は、そのような箸にも棒にもかからない「定年本」を切って捨てているのが潔い。最後に本書で紹介した「定年本」39冊について、著者の評価が星三つで示されていて、面白い。けちょんけちょんにけなされている本を読んでみたいと思った。ブックリストとしても使える。 面白かった。 濫読日記風 方法序説、デカルト著、谷川多佳子訳、濫読日記風、その29 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 テスト駆動開発、Kent Beck著、和田卓人訳、濫読日記風、その28 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

方法序説、デカルト著、谷川多佳子訳、濫読日記風、その29

方法序説 (岩波文庫)を読んだ。 岩波文庫で100ページちょっとなのですぐ読めるといえばすぐ読めるのだけど、自分には、ピンとこなかった。うーん、残念。あとで出直すことにします。 濫読日記風 テスト駆動開発、Kent Beck著、和田卓人訳、濫読日記風、その28 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 教場0、長岡弘樹著、濫読日記風、その27 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 岩波文庫と私、濫読日記風、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 死ぬほど読書、丹羽宇一郎著、読了、濫読日記風、その25 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 読書力、齋藤孝著、濫読日記風、その24 -...
続きを読む...
 

テスト駆動開発、Kent Beck著、和田卓人訳、濫読日記風、その28

テスト駆動開発の発売記念という建てつけの技術書の歩き方勉強会「テスト駆動開発」編 - connpassというイベントに参加した。 テスト駆動開発は2003年に翻訳出版されたのだが、絶版になっていて、先日、和田さんが訳し直して出版された。その経緯は新訳版『テスト駆動開発』が出ます - t-wadaのブログが詳しい。 ソフトウェア技術書の古典的名著を翻訳しなおし、復刊するという商業ベースにはなかなか乗りにくいことを敢行した和田さんとオーム社に拍手を送りたい。 再翻訳に当たって、1)サンプルのソフトウェアのバージョンを最新にした、2)判型を小さくした(持ち運びやすい)、3)サンプルコードの省略をやめ、コードの変更点を目立たせ、各章ごとにその時点の全コードを記載する、というような工夫を施した。 それによって、現時点でも非常に読みやすい構成になっている。 そして本書の最大の特長は、付録Cにある、和田さんによる解説である。2003年に出版された版(絶版になったもの)によってテスト駆動開発が紹介されてから、ブームになり、普及するにつれ、「教条主義化」と「意味の希薄化」が始まる。そのような背景と文脈を本書の解説は生々しく記している。 本書の本質は2003年当時とほとんど変わっていない。継続的インテグレーションや継続的デリバリーなど一般的になり、アジャイル開発も普及してきた。そのような環境が変わったとしても、テスト駆動開発の本質はほとんど変わっていない。その文脈をしっかりと付録Cの解説は伝えている。 ソフトウェア関連技術書でこのように息の長い価値を持つものは多くはない。若い人が本書の本質を理解するために、付録Cは必須だったと言える。おじさんたちは、おそらくその文脈を多かれ少なかれ知っているだろう。しかし、そのようなものは必ずしも言語化されていない。文脈をしっかりと言語化した意義は大きい。 若者や初学者にテスト駆動開発について学びたければ本書を読めと勧められる。中堅ベテランにはとりあえず付録Cを読め、話はそれからだ。とも言える。 プログラマ必読書である。 濫読日記風 教場0、長岡弘樹著、濫読日記風、その27 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 岩波文庫と私、濫読日記風、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記...
続きを読む...
 

教場0、長岡弘樹著、濫読日記風、その27

教場0: 刑事指導官・風間公親を読んだ。 県警の刑事指導官・風間公親とその指導を仰ぐ新人刑事との物語。6話からなる。 第一話 仮面の軌跡、第二話 三枚の画廊の絵、第三話 ブロンズの墓穴、第四話 第四の終章、第五話 指輪のレクイエム、第六話 毒のある骸。 それぞれのエピソードは、初めから犯人が明らかになっていて、風間と新人刑事のコンビが、どのように犯人を追い詰めるかが焦点となる。それぞれに、巧みなトリックが仕込まれている。 印象に残ったのは、第五話。20歳年上の認知症の妻を殺害する夫。最後が切なかった。 濫読日記風 岩波文庫と私、濫読日記風、その26 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 死ぬほど読書、丹羽宇一郎著、読了、濫読日記風、その25...
続きを読む...
 

岩波文庫と私、濫読日記風、その26

大きめの本屋に行くと文庫本目録などをくれる。 岩波文庫の小冊子「岩波文庫と私」をもらった。(非売品なので近所の書店で入手しよう。) 岩波書店の雑誌「図書」に2017年7月号から9月号に掲載された「岩波文庫と私」という下記の対談を収録したものだ。 1)小野正嗣、沼野充義、2)奥泉光、熊野純彦、3)佐藤優、保坂正康。 それぞれが、岩波文庫に入っている書籍について、自分自身の読書体験とともに、あーだ、こーだと語る。 岩波文庫は、いまだに岩波茂雄の創刊の辞が載っている。青空文庫にあったので、全文を掲載する。 読書子に寄す ――岩波文庫発刊に際して―― 岩波茂雄  真理は万人によって求められることを自ら欲し、芸術は万人によって愛されることを自ら望む。かつては民を愚昧ならしめるために学芸が最も狭き堂宇に閉鎖されたことがあった。今や知識と美とを特権階級の独占より奪い返すことはつねに進取的なる民衆の切実なる要求である。岩波文庫はこの要求に応じそれに励まされて生まれた。それは生命ある不朽の書を少数者の書斎と研究室とより解放して街頭にくまなく立たしめ民衆に伍せしめるであろう。近時大量生産予約出版の流行を見る。その広告宣伝の狂態はしばらくおくも、後代にのこすと誇称する全集がその編集に万全の用意をなしたるか。千古の典籍の翻訳企図に敬虔の態度を欠かざりしか。さらに分売を許さず読者を繋縛して数十冊を強うるがごとき、はたしてその揚言する学芸解放のゆえんなりや。吾人は天下の名士の声に和してこれを推挙するに躊躇するものである。このときにあたって、岩波書店は自己の責務のいよいよ重大なるを思い、従来の方針の徹底を期するため、すでに十数年以前より志して来た計画を慎重審議この際断然実行することにした。吾人は範をかのレクラム文庫にとり、古今東西にわたって文芸・哲学・社会科学・自然科学等種類のいかんを問わず、いやしくも万人の必読すべき真に古典的価値ある書をきわめて簡易なる形式において逐次刊行し、あらゆる人間に須要なる生活向上の資料、生活批判の原理を提供せんと欲する。この文庫は予約出版の方法を排したるがゆえに、読者は自己の欲する時に自己の欲する書物を各個に自由に選択することができる。携帯に便にして価格の低きを最主とするがゆえに、外観を顧みざるも内容に至っては厳選最も力を尽くし、従来の岩波出版物の特色をますます発揮せしめようとする。この計画たるや世間の一時の投機的なるものと異なり、永遠の事業として吾人は微力を傾倒し、あらゆる犠牲を忍んで今後永久に継続発展せしめ、もって文庫の使命を遺憾なく果たさしめることを期する。芸術を愛し知識を求むる士の自ら進んでこの挙に参加し、希望と忠言とを寄せられることは吾人の熱望するところである。その性質上経済的には最も困難多きこの事業にあえて当たらんとする吾人の志を諒として、その達成のため世の読書子とのうるわしき共同を期待する。   昭和二年七月 http://www.aozora.gr.jp/cards/001119/files/42753_16113.html 昭和二年当時は円本ブーム、文学全集ブームだったらしい。円本は一冊が安くてお得だけど、セットで予約購読しなければならない。それに対して岩崎茂雄の文庫は全巻買わなくていい、一冊ずつ誰でも読める。業界の常識に喧嘩を売っているようなものである。すごい。 いまだに「読書子に寄す」を岩波文庫に載せているところがロックだ。 この小冊子の小野正嗣と沼野充義や奥泉光と熊野純彦の対談で、古典だけではなくて、「大江健三郎自選短篇 (岩波文庫)」のような現代作家の作品も読めるということを知った。 「文語訳 旧約聖書 I 律法...
続きを読む...
 

死ぬほど読書、丹羽宇一郎著、読了、濫読日記風、その25

本好きなので「読書」の本をあれやこれや読んでいる。昨日、紹介した「読書力 (岩波新書)」や、 濫読日記風、その7 - 未来のいつか/hyoshiokの日記の「僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意」もそうだ 死ぬほど読書 (幻冬舎新書)は、昨日紹介した「読書力」と立場が違って、「読む、読まないは君の自由なんだから、本なんて読まなくていいよ」というところから入っていく。一見逆の立場に見えなくもないのだが、実はそうではなくて本を読むことの意義を説いていく。そして、どのような本を読むのか、本を読む効用、読書の真価、本の底力などを解く。 著者が読んだ本のことが随所に紹介されていて、それを読むと紹介されたものを読みたくなる。そうやって読書本に誘われてますます読書の深みにはまっていく。それが嬉しい。自分でもだんだん変なところに行きつつあるなあと思った次第である。 「 エリック・ホッファー自伝ー構想された真実、エリック・ホッファー著、読了、濫読日記風、その20 - 未来のいつか/hyoshiokの日記」で書いた、エリック・ホッファーの「現代という時代の気質」が157ページで紹介されている。本書を読んだ時にはすっかりスルーしていた。今、読み返してみて嬉しい再発見である。 144ページには、宮大工の西岡常一氏の「木のいのち木のこころ」が紹介されている。これも読んでいる最中である。両者とも一読目にはスルーしていたが、別の読書体験から気になって結局同じ本にたどり着く奇跡を経験した。 本書は著者が引用している本への入り口として読むと面白いと思った。 濫読日記風 読書力、齋藤孝著、濫読日記風、その24 -...
続きを読む...
 

読書力、齋藤孝著、濫読日記風、その24

読書力 (岩波新書)を読んだ。 著者の主張は明確だ。著者は、本は「別に読まなくていい」ものではなくて、「当然読むべき」ものであると主張する。 読書力とは何か、なぜ読書力などということを言い出すことになったか、そして、どのように本を読むかということを記している。本を読むことはスポーツのように訓練をすることによって上手になっていく。本を読めない人は、その訓練が足りていないのだという。読書力をつけるには、目安として「文庫百冊・新書五十冊を読んだ」こととしている。 私は本は楽しみのために読むので、どんな読み方をしてもいいし、人に読めとまでは言っていない。もちろん、読まないより読んだ方がいいとは思っているが、たとえそのようなことを言ったとしても、読むやつは読むし読まないやつは読まないので、読まねばならないと他人にいうのは無駄だと感じる。 著者は、もっと強い立場だ。「読書はしなくても構わない」ものではなくて、「読書は必要」だと強く主張する。 著者の主張に感化されたのか、やっぱり、そうだよなあと思う。本書を読んで若い人に「本は読んでも読まなくても自由だ」というのは無責任すぎると感じた。 何を読むか、どう読むかは自由だとしても、「本は読むべき」だという主張には肯定せざるをえない。本書はそれだけの説得力がある。 技としての読書として、具体的に読書力を作る方法を指南している。読書力は自然に身につくものではなくて、それなりのステップ(訓練)が必要だ。詳細は本書に譲るとしても、音読し、線を引きながら読み、ギヤチェンジしながら読む方法を紹介している。さらに読書によってコミュニケーション能力を向上させる方法を紹介している。 最後に文庫百選、ブックリストが付いている。実践的なブックリストなので参考にして自分の読書の幅を広げてみたいと思った。 濫読日記風 世界の美しい図書館、濫読日記風、その23 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 タイムスリップ・コンビナート、笙野頼子著、濫読日記風、その22...
続きを読む...
 

世界の美しい図書館、濫読日記風、その23

文字通り「世界の美しい図書館」を100館集めた。日本の図書館も入っている。 図書館の写真を眺めていると旅に出たくなる。その図書館で時を忘れて過ごしたい。目的もなくともかくぶらぶらと書庫を回ってみる。素敵だ。 この9月に、「大人のきっぷ」を使って、秋田の国際教養大学の図書館に行った。 大人の休日倶楽部パスで4日間行き当たりばったりの旅をした - 未来のいつか/hyoshiokの日記 秋田から国際教養大学の図書館に行く。まず、イオンモールまでバスで移動して、さらに乗り換えて大学に行く。 日曜、祝日などは秋田駅からシャトルバス(無料)が運行されている。10:30のに乗った。高校生くらいの若者がいっぱい乗り込んでいた。モールは高校生の社交場だ。 http://akita-aeonmall.com/news/information/13 http://web.aiu.ac.jp/wp/wp-content/themes/aiu/doc/access/AeonLine.pdf 「世界の美しい図書館」は、世界の様々な美しい図書館を紹介している。写真を見ているだけでため息が出る。 国際教養大学の図書館がすごいというので見学に行った。24時間365日オープンしているそうだ。学外者も見学できる。知のコロシウム。リベラルアーツの大学だ。素晴らしい図書館だった。 http://web.aiu.ac.jp/library/outline/ おまけ:図書館の使い方 図書館の使い方 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 を知らない人が以外と多いので、記しておいた。もちろん、先に述べたように、特に目的もなくぶらぶらするというのも一つの楽しみ方である。 専門図書館を支えこなせるようになりたいが、それは別途機会を見つけて調べてみたいと思う。 図書館に行こう - 未来のいつか/hyoshiokの日記 濫読日記風 タイムスリップ・コンビナート、笙野頼子著、濫読日記風、その22 -...
続きを読む...
 
9 / 92 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/12/03 2018年 12月 02日
  2. Today's Linux 2018/12/04 2018年 12月 03日
  3. Today's Linux 2018/12/06 2018年 12月 05日
  4. Today's Linux 2018/12/07 2018年 12月 06日
  5. Today's Linux 2018/12/10 2018年 12月 09日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!