twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ ブログ

ブログ

ブログ別アーカイブ l 未来のいつか l Android/OPhone雑記 l l
l アジアのペンギン l 烏龍の旅 l 第三のペンギン l TOMOYO Linux l

 

新着記事



AndroidでのSkype利用は、音声が小さい

やっと日本でも正式にau以外でも、AndroidでSkypeがサポートされ、マー...
続きを読む...
 

許可を求めるな謝罪せよ。(Don’t ask for permission, beg for forgiveness )

インターネットなんつーものはね、許可なんか求めていないクレージーな人たちによって作られてきたんだよ。それによって社会はすごくよくなったんだ。もし彼らが許可を求めていたら何も起こらなかった。そんな社会を我々は求めているのか。そーゆーことだと思う。許可を求めるな。謝罪せよ。 http://twitter.com/#!/hyoshiok/status/33183999060873216 この「許可を求めるな。謝罪せよ」というフレーズは@kawagutiに教えてもらったのだが、彼は@hiranabeから3Mの社是として聞いていて、その心はというと、ともかく試してみてうまくいかなかったら、その時また考えるというような趣旨の行動規範ということらしい。*1 関係各位の許可を求めていたら絶対物事は進まないし、何も始まらない。何かをやってうまくいくこともあれば失敗することもあって、その試行錯誤によって人は学んでいく。延々と議論ばっかりして思い悩んで何もしないというのは単に時間を浪費しているだけだ。 なんでもやってみなはれ。そーゆー精神だ。そーゆー行動規範だ。うまく行かなかったら、ごめん、うまくいかなかった、これに懲りずにがんばろう。そーゆー行動規範だ。 これは、いまの日本の「これは大丈夫ですかね」「ちょっと検討したほうがいいですよね」「許可とっていないですよ」的な会話にある、コンプライアンス重視という名を借りた許可を求める文化と対極にある、チャレンジ精神である。 許可を求めるという行動は、許可をされていないことは決してしないということで、指示されたことはやるけど、指示されていないことはやらないということの裏返しだ。 別に私はもちろん法律違反を勧めているわけではない。最低限の守るべきルールはある。それを仮に共通善(Common Good)的ななにものかとして、その範囲の中で、もっと自由で豊かな社会を作りたいという意志の元、なにかをやってみるという行為に価値を見出す。出る釘を伸ばす社会の方がそうでない社会よりも健全だと思う。 自分で考えて自分で行動する。それだけの話だ。もちろん、それは誰かに指示されるより自分で考える分大変だ。責任も伴う。何かをやってみる、ハッカー精神でもある。FacebookもTwitterもGoogleも、そーゆー精神でやってきたんだと思う。そーゆー行動規範を共有したいと思う。 3Mの社風 下記に3Mの社史みたいなのがある。 http://multimedia.3m.com/mws/mediawebserver?mwsId=66666UuZjcFSLXTtlxMt4xT6EVuQEcuZgVs6EVs6E666666--&fn=3M_COI_Book.pdf それをみると"It is easier to ask forgiveness than permission. With a sincere attitude toward one’s work, the chances of doing real...
続きを読む...
 

映画ソーシャルネットワークは、Facebook物語じゃない。

週末に映画ソーシャルネットワークを見に行きました。映画を見た後に何か違和感を感じ...
続きを読む...
 

MeeGo 1.1 on VMware

単に先達の成果をなぞるだけですが http://meego-users.jp/node/155 「TOMOYO LinuxをMeeGoで動かす」というお題の中でMeeGoをVMware上で動かしている方がいらっしゃいましたので、真似てみます。 (1)VMware Playerのインストール VMware 5までは、なけなしの金をはたいて (SmithMicroの安売りクーポンをPayPal決済する... 続きを読む...
続きを読む...
 

001ht(HTC Desire HD)使用感

HTC Desire HD(Softbank 001ht)を使い始めて1ヶ月が経...
続きを読む...
 

MeeGo関連書籍

MeeGoに関連する書籍について紹介です。MeeGoの事をもっと知りたい読者の為に役立つ情報です。

こちらは2011年4月販売予定です。
この書籍ではQtの機能を使いながら、MeeGo搭載すばらしいデバイスを実現する方法を解説した内容に
なる予定です。さらに、MeeGoとクロスフラットフォーム環境、アプリケーション、UIフレームワーク等について
詳しい内容になる予定です。
 
MeeGoモバイルアプリケーション開発について書かれている書籍です。多数のサンプルソースコード
も紹介されていますので、段階的にアプリケーション開発ができるような内容になっています。
 
こちらの書籍はQt基礎,QML,Web Runtimeについて書かれています。主にMeeGo,Open Symbian等の
オープンプラットフォーム向けのモバイル開発を紹介しています。
 

TOMOYO Linux 1.8.0p1 / AKARI 1.0.6 が公開されました。

http://kumaneko-sakura.sblo.jp/article/42329534.html http://sourceforge.jp/projects/tomoyo/lists/archive/users/2010-December/000782.html...
続きを読む...
 

風をつかまえた少年

http://www.ted.com/talks/william_kamkwamba_on_building_a_windmill.html William Kamkwambaというマラウイに住む少年が14歳の時、手作りの風車で発電をした。TEDのビデオを観てほしい。 貧しくて中学校に行く余裕もない。近所の小学校の図書館で「物理学入門」や「エネルギーの利用」などという本を読み、独学で電気を学んだ。自転車のダイナモを利用して発電をするというアイデアを思いつき、友人の助けをかり風力発電を作ってしまった。 魔術の支配する村で育った少年。2000年ころの干ばつでは飢餓により餓死者が出たり、コレラ、マラリア、エイズなどでの死者も多い。 わたし自身、マラウイと言う国がアフリカのどこにあるのか知らなかった。アフリカ中央部、タンザニア、モザンビーク、ザンビアに囲まれる国なのであるが、そもそも、タンザニアやモザンビークがどこにあるのかすらよく分かっていないので、地図でみても、ふーん、という感じである。 そのような村で育ったカムクワンバ少年が風車を作り、それが評判を呼び、2007年のTEDカンファレンスに招待されることになった。そして、それをきっかけに彼の活動が広く知られるようになった。本書はその歩みを伝えている。 誰からも教わらずに図書館の本から風力発電を作ったという奇跡。希望に満ちた一冊である。I tried, and...
続きを読む...
 

2010-12-27

seiya1311のニックネームは『若きスペインの走法』です。 http://shindanmaker.com/48494#f1copy 23:29 via Twitter for iPhone @tamuv おかえりです、ただいま〜 23:27...
続きを読む...
 

勉強会同好会

奇妙な名前の同好会を作ったのは約半年前である。半年同好会の会長(ぐはは)をしてみての振り返りをしてみた。 勉強会勉強会*1というこれまた奇妙なコミュニティをかれこれ二年くらいやっていて、勉強会に関するちょっとしたノウハウ、運営上必要になる情報等をいろいろな人やコミュニティと共有してきた。勉強会というか勉強家愛というか、勉強会が好きでしょうがない、手段と目的を履き違えたような多様な人たちといろいろ集まってみて、IT系の勉強会のあれやこれやについてそれなりに経験をつんできた。 その勉強会がもつパワーというかお金に変えられない価値を会社の中に持ち込むという試みが社内勉強会なわけであるが、そもそも勉強会というような形式は、自分の周辺で同じような問題意識、興味を持った人たちが自主的に開催するものだから、自分の半径5メートルが会社しかない人にとっては、必然的に会社の人と勉強会をすることになる。むしろ社外での勉強会に参加するということの方が非日常的なことである。 しかし、インターネットというメディアによってわれわれはソーシャルなネットワークを手に入れ、結果として勉強会のようなコミュニティを大量に発生させた。 インターネットにある勉強会での経験を社内の勉強会に逆輸入するというのが、ある種、社内勉強会の面白いところである。そして、社内勉強会での経験を会社や組織の壁を越えて流通、共有する。そのプラットフォームとして、勉強会同好会なるものを会社に作った。 というようなお題目はいいのであるが、会社の中には、人事の人とかPRの人とか、社員の親睦を深め、社内活性化をすることがお仕事の人もいて、会社として同好会を支援するという仕組みもあり、それにのってみることにした。弊社には野球同好会とかテニス同好会とか、由緒正しい同好会や、ワイン同好会とかラーメン探検同好会とか、食(?)関係の同好会もあったりして、社員の親睦を図ることに余念がない。 さて勉強会同好会である。一応、会長、書記、会計、監事などの役職があり、会員の互選で選ばれる。人事に会員名簿を提出し、半期に一度活動報告をする。 月一回程度の活動をして会員の親睦を深めるというのが活動の趣旨なので、勉強会が好きな人、社内報の人、人事の人などなど、いろいろな部署の人とゆるゆると活動をした。最初の仕事(?)は同好会のポスターを作ることで、ポスター係が素敵なポスターを作ってくれた。どもありがとうございます。 USTのやり方講座とか、社外の人と一緒に社内Twitterのこととか、DevLOVEの人とかと会社の壁を越えて社内勉強会について、お話などをした。 社内同好会ならではのこと...
続きを読む...
 
93 / 101 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!