twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home Linux コミュニティ 30人のLinuxカーネル開発者の仕事場訪問 30 週連載企画 (4): 30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問: Jes Sorensen

30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問

30 週連載企画 (4): 30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問: Jes Sorensen


原文へのリンクはこちらです。

 Jes Sorensen は、Red Hat の Platform Enablement Team の Linux カーネル エンジニアとしておもにソフトウェア RAID に取り組んでいます。また、Linux Plumbers Conference の共同議長を務めており、時間があるときには WiFi デバイス ドライバーにも取り組んでいます。

Jes Sorensen desk

彼は、KVM (Kernel-based Virtual Machine)、高速ネットワーキング、Linux/ia64、Linux/m68k、システムライブラリ (glibc)、ハイエンド NUMA システムなどの分野で 20 年以上 Linux カーネルとユーザーランドの仕事をしてきました。

この記事はカーネル開発者の仕事場を訪問する人気シリーズの続きです。以前の記事では、カーネル開発者の Shuah KhanSteve RostedtGreg Kroah-Hartman を取り上げました。今後取り上げて欲しいカーネル開発者がいたら、ぜひコメントしてください。

Linux.com: 自分の仕事場でどこが一番気に入っていますか?

Jes Sorensen: 電動で高さ調整ができる机です。これのおかげで、朝起きて30 センチの積雪に驚いても車で移動する必要はなく、自由に立ったり座ったりして仕事ができます。それから、もちろん Jura 社の J9 エスプレッソ マシンです。(こういうものがないとカーネル開発者はやっていけません。)

一番気に入らないところはどこですか?

Sorensen: 私は机の上に機器を積み上げたり、乱雑にするのがとても嫌です。言うまでもなく、私のオフィスはビデオにあるように常に片付いています。本当です!!!

今まで使用した中で一番奇妙な仕事場はどのようなところですか?

Sorensen: 特に奇妙な仕事場の記憶はありませんが、あえて言うなら私が最初のパラレル HIPPI ドライバーを書いた頃、CERN の地下室にあったネットワーク機器研究室でしょう。または、Linuxcare のオタワ オフィスです。電気技術者が配線を混線させてしまい、その結果すべてのソケットから火花が飛び、そこにいた全員がパニックになって部屋から慌てて逃げ出しました。




Linux カーネル開発者の仕事場訪問 (ビデオ): K.Y. Srinivasan, Microsoft
K.Y Srinivasan は Microsoft の Windows サーバー部門のアーキテクトで、Hyper-V ハイパーバイザと Azure クラウド環境において Linux を正常に実行させることに従事しています。このビデオで彼は私たちにワシントン州レドモンド近くの山中の自宅オフィスを案内し、自身の仕事場についての質問に答えています。  
Linux カーネル開発者の仕事場訪問 (ビデオ): Stephane Graber, LXC
Stephanie Graber は Canonical Ltd. のソフトウェア エンジニアで、LXC を含む LinuxContainers.org のプロジェクト リーダーです。彼はこのビデオでカナダのケベック州モントリオールにある自宅オフィスを案内し、仕事場に関する質問に答えています。  
Linux カーネル開発者の仕事場訪問 (ビデオ): Tejun Heo, Red Hat
Tejun Heo は Linux カーネルの開発者で、Red Hat の主任ソフトウェア エンジニアです。このビデオで彼は自宅オフィスを案内し、カーネル サブシステム メンテナーとしての彼の仕事についての質問に答えています。  
 Linux カーネル開発者の仕事場訪問 (ビデオ): John Linville
John Linville は Red Hat の主任エンジニアで、Linux カーネルの無線 LAN のメンテナーです。このビデオで彼は Fedora と RHEL のワークステーション、年代物の ハードウェアのコレクション、現在進めているレトロ コンピューティング プロジェクトなどを紹介しながら自宅オフィスを案内しています。  
30 週連載企画 (4): 30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問: Jes Sorensen
Jes Sorensen は、Red Hat の Platform Enablement Team の Linux カーネル エンジニアとしておもにソフトウェア RAID に取り組んでいます。また、Linux Plumbers Conference の共同議長を務めており、時間があるときには WiFi デバイス ドライバーにも取り組んでいます。
30 週連載企画 (3): 30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問: Shuah Khan
Shuah Khan は、Samsung オープンソース グループの Linux カーネル シニア デベロッパーです。彼女は、Android メインライン化プロジェクト、LED クラス ドライバー、IOMMU、DMA ほか多くのさまざまなカーネルサブシステムに貢献してきました。今回のインタビューの中で、自身の仕事場のようすやカーネル開発に使うハードウェアを紹介してくれました。
30 週連載企画 (2): 30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問: Steve Rostedt
今週は、Red Hat に勤務し、Stable Linux カーネルのリアルタイム パッチのメンテナーでもあるSteve Rostedt にお話を伺いました。オフィスのようすをビデオで詳しく紹介してくれたので、彼が Linux カーネル開発の魔法と熱狂に取り組んでいるようすがよくわかります。
30 週連載企画 (1): 30 人の Linux カーネル開発者の仕事場訪問: Greg Kroah-Hartman
今年の 30 週 30 人シリーズの第 1 回は、Stable Linux カーネルツリーのメンテナーであり、かつLinux Foundation のフェローでもある Greg Kroah-Hartman です。Greg は美しい北西部太平洋岸にある自分のワークスペースのビデオを提供してくれました。また、過去に使用していた興味深いワークスペースについても詳しく語ってくれました。

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/04/11 2018年 4月 10日
  2. Today's Linux 2018/04/16 2018年 4月 15日
  3. Today's Linux 2018/04/17 2018年 4月 17日
  4. Today's Linux 2018/04/19 2018年 4月 18日
  5. Today's Linux 2018/04/20 2018年 4月 19日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!