twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home LinuxCon Japan 2012特集 LinuxCon Japan 2012を3倍楽しむための基礎知識 第1回 Linuxはどうやってビジネスとして発展してきたのか?

LinuxCon Japan 2012を3倍楽しむための基礎知識 第1回 Linuxはどうやってビジネスとして発展してきたのか?

 

LinuxCon Japan 2012を3倍楽しむための基礎知識

第1回 Linuxはどうやってビジネスとして発展してきたのか? ─LinuxCon Japan 2011基調講演でわかる

 

コミュニティとビジネスは相互依存し,共栄している

去る3月9日,The Linux Foundationより6月に開催されるLinuxCon Japan 2012の基調講演者と注目のセッションが発表されました。

証券取引所におけるミッションクリティカルなシステムから情報家電・スマートフォン,それに自動車に至まで,今日のLinuxの活用シーンは極めて多岐に渡っており,今後もコンピューティングパワーを必要とする全ての産業における基礎構造(Fabric)の一部として,Linuxが重要な役割を果たしていくことはほぼ間違い無いでしょう。

ここに至るまでの過去20年間に渡るLinuxの成長過程において,ひとつ重要な真理があります。それは『コミュニティ』と『ビジネス』は相互に依存し,共栄しているという点です。

Linuxのカーネルコミュニティでは毎日約10,000行におよぶコードが追加され,他方で約5,000行にもおよぶコードが削除されていきます ※。膨大な量のイノベーションが,ものすごいスピードで行われています。私たちのビジネスはこの膨大なるイノベーションの恩恵にあやかっています。ビジネスの世界で日々刻々と変化していく技術的なニーズに対して,コミュニティは毎日10,000行というスピードで応えているわけです。

一方,コミュニティはこの膨大なイノベーションを企業からの支援によって実現しています。私たちが一般的に『コミュニティ』と呼んでいるLinuxカーネルの開発母体は,実態としては約8割がLinuxでビジネスを行っている企業に所属する開発者が,それぞれの企業の仕事としてコミュニティ開発を行っています()。

各企業はビジネス上必要とされる機能・性能を,自らの開発者をコミュニティに送り込み,コミュニティの一員として実装しているわけです。当然,それら企業が開発者をLinuxコミュニティへ送り込まなければ,コミュニティは毎日10,000行にも上るコードが追加されるような膨大なイノベーションは産まなくなります。

つまり今日私たちのビジネス基盤を支えるLinuxというソフトウェアは,このコミュニティとビジネスの相互依存と共栄の上に成り立っており,今後さらにLinuxの活用分野が拡大することが見込まれる中,コミュニティとビジネスの共栄をさらに拡大する必要があります。

そのためには,より多くの企業やそこで働く開発者にLinuxやコミュニティに関して深く理解し,開発へ参加する価値を認識してもらう必要があります。

※)
Linuxカーネル開発:誰がLinuxを開発しているか(第3版)』The Linux Foundation/2010年12月 より

gihyo.jp の記事全文を読む

 
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!