twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home LinuxCon Japan 2012特集 LinuxCon Japan 2012 第2日目Keynote Sessionsレポート─OSSの技術革新と業界の動向

LinuxCon Japan 2012 第2日目Keynote Sessionsレポート─OSSの技術革新と業界の動向

6月6~8日に横浜で開催された「LinuxCon Japan 2012」は,Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェア(OSS)分野の国際技術カンファレンスとしてアジア地区で最大規模のイベントで,日本では4回目のLinuxConです。今回は,その中から2日目の基調講演の内容をレポートします。

情報家電業界ではOSの長期サポートプロジェクトが進行中

2日目は,NECの柴田次一氏のセッション「Collaboration in the Open Source World」で幕を開けました。スマートフォンやタブレットなどの組込分野で注目されるLTSI(Long-Term-Support Initiative)の取り組みについての解説です。

NEC 柴田次一氏

NEC 柴田次一氏

「ちょうど10年前,2002年頃にはエンタープライズシステムのLinuxサーバを誰がサポートするかで問題になりました」と氏は言います。エンタープライズシステムの中でもミッションクリティカルな部分にLinuxサーバを採用するユーザが増え,長期間に渡るサポートが必要になってきたころです。ミッションクリティカルなシステムでは安定性を求めて枯れたバージョンが導入され,しかも長く使われる傾向が強いのに対し,進歩の早いLinuxのメインラインから,どのようにバグフィクスなどを取り入れるかが課題となりました。そのギャップを解消し,Linuxエンタープライズシステムを安定稼働させるのに効果を発揮したのが,特定バージョンの古いカーネルに対しメインラインのバグフィックスをバックポートする,LTS(Long-Term Stable)の仕組みでした。

LTSIも,同じく長期サポートのニーズに対応すべく動き出したプロジェクトです。以前から,家電製品のライフサイクルがAndroidOSのライフサイクルに合わないことが課題となっていました。「Androidカーネルは平均6カ月くらいで新バージョンがリリースされますが,Android搭載機器の製品寿命は2年ほど。ベンダーは4つのバージョンを並行してサポートしていかなければならず,ハードな仕事となります」(柴田氏)。

LTSIでは,LTSと同じく特定のカーネルを選んで業界共通の基盤とし,長期サポートを行います。バグフィックスのバックポートだけでなく,メインラインへのアップストリーム活動もサポート,「ライフタイムをリーズナブルなものにし,開発コストを下げる」というものです。また,LTSIには,デベロッパー向けにMLでインフォメーションを行うなど,業界全体で情報や経験を共有する場としての機能もあります。

Androidデバイスでは,バックポートされたバグフィクスやセキュリティパッチや,googleから提供されるパッチに加え,端末が採用しているチップベンダーによるパッチ,デバイスを製造したベンダーからのパッチの4種類があり,サポートが複雑化している

Androidデバイスでは,バックポートされたバグフィクスやセキュリティパッチや,googleから提供されるパッチに加え,端末が採用しているチップベンダーによるパッチ,デバイスを製造したベンダーからのパッチの4種類があり,サポートが複雑化している

「いま,業界内では,多くの企業が同じバグに取り組んでいます。A社が対処したバグは,同じカーネルを使うB社でも同じように対処しなければならないのです。こうしたバグフィクスを業界内でシェアすることでメリットが生まれます。LTSIのメンバーになることはボランティアではなく,参加することが会社の利益となるのです。さらに,エンジニアたちの間にも企業の壁をまたいで情報共有を行い,コラボレーションをする。これこそオープンソースらしい取り組みだと言えるでしょう」

仮想化関連企業はクラウド構築を容易にすべく周辺環境の整備に取り組む

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/10/09 2018年 10月 08日
  2. Today's Linux 2018/10/10 2018年 10月 09日
  3. Today's Linux 2018/10/12 2018年 10月 11日
  4. Today's Linux 2018/10/17 2018年 10月 16日
  5. Today's Linux 2018/10/18 2018年 10月 17日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!