twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan



【 locale 】コマンド――現在のロケールと使用可能なロケールの情報を表示する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、現在のロケールと使用可能なロケールの情報を表示する「locale」コマンドです。...
続きを読む...
 

【 localectl 】コマンド――ロケール設定の確認と変更

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ロケール(locale)設定を確認、変更する「localectl」コマンドです。...
続きを読む...
 

【 users 】コマンド――ログイン中のユーザーを一覧表示する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ログイン中のユーザーを一覧表示する「users」コマンドです。...
続きを読む...
 

シェルスクリプトに挑戦しよう(10)「read」コマンドでキーボードからの入力を受け取る

今回は、シェルスクリプトの中でキー入力を受け取る際に使用する「read」コマンドを取り上げます。まず、前回に続いて、文字列のパターンで分岐する「case」を使い、キー入力に応じて処理内容を変える方法を紹介します。後半では、readコマンドのその他のオプションについて解説します。...
続きを読む...
 

パケットフィルターでトレーシング? Linuxで活用が進む「Berkeley Packet Filter(BPF)」とは何か

Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。初回は、BPFの歴史や概要について。...
続きを読む...
 

【 groupmod 】コマンド――グループIDや名前を変更する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、グループIDやグループ名を変更する「groupmod」コマンドです。...
続きを読む...
 

シェルスクリプトに挑戦しよう(9)制御構文[その2]――caseによる条件分岐

今回は、文字列のパターンで分岐する「case」を解説します。複数の条件で“Aなら~する”、“Bなら~する”、“Cなら~する”のように処理を分けたい場合は、「if ~ elif ~ elif ~……」で書くこともできますが、文字列のパターンで分岐する場合は「case」が便利です。...
続きを読む...
 

【 groupdel 】コマンド――グループを削除する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、グループを削除する「groupdel」コマンドです。...
続きを読む...
 

【 groupadd 】コマンド――新規グループを作成する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、新規グループを作成する「groupadd」コマンドです。...
続きを読む...
 

【 userdel 】コマンド――ユーザーを削除する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ユーザーを削除する「userdel」コマンドです。...
続きを読む...
 

【 adduser 】コマンド――新規ユーザーを作成する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、新規ユーザーを作成する「adduser」コマンドです。...
続きを読む...
 

【 useradd 】コマンド――新規ユーザーを作成する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、新規ユーザーを作成する「useradd」コマンドです。...
続きを読む...
 

Red Hat買収はIBMのクラウドシェア拡大に寄与するか、ノークリサーチが分析

ノークリサーチは、IBMによるRed Hatの買収が、中堅中小企業に与える影響について分析結果をまとめた。Red Hat Enterprise Linuxのユーザー企業にはクラウドに移行しようとする意向が高く、支援体制によってはIBMのクラウド市場でのシェアが増える可能性があるとしている。...
続きを読む...
 

【 xxd 】コマンド――ファイルを16進数でダンプする、ダンプから復元する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ファイルを16進数でダンプし、ダンプから復元する「xxd」コマンドです。...
続きを読む...
 

シェルスクリプトに挑戦しよう(8)条件の書き方

シェルスクリプトの中では、さまざまな条件を指定して使います。今回は、if文での書き方を中心に「条件」の書き方を解説します。また、スクリプトで問題になりやすい「変数の引用符」についても取り上げます。...
続きを読む...
 

【 hexdump 】コマンド――ファイルを8進数や16進数でダンプする

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ファイルを8進数や16進数でダンプする「hexdump」コマンドです。...
続きを読む...
 

Keycloakで実用的なリバースプロキシ型構成を構築してみよう

本連載では、近年注目されている認証プロトコル「OpenID Connect」をサポートするオープンソースのシングルサインオン(SSO)ソフトウェア「Keycloak」の活用方法を解説していきます。Keycloakと標準的な認証/認可プロトコルに対応したプロキシを組み合わせることで、プロトコル未対応のアプリケーションに対し、安全なシングルサインオン環境を提供できます。...
続きを読む...
 

【 time 】コマンド(外部コマンド)――コマンドの実行時間と実行時のシステムリソース情報を計測する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、指定したコマンドの実行時間と実行時のシステムリソース情報などを計測する「time」コマンドです。...
続きを読む...
 

シェルスクリプトに挑戦しよう(7)制御構文[その1]――ifによる条件分岐

条件によって処理内容を変えたり、繰り返しなどを行ったりする際の書き方を「制御構文」と呼びます。代表的な制御構文としては、if文、case文、for文、while文があります。今回取り上げるのは、条件によって処理を分岐させる「if」です。...
続きを読む...
 

【 time 】コマンド(bash)――コマンドの実行時間を計測する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、指定したコマンドの実行時間を計測する「time」コマンドです。...
続きを読む...
 
5 / 35 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!