twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース Linux.com Exclusive Linux 3.10 ー 5 つの興味深い新機能を紹介 ―

Linux 3.10 ー 5 つの興味深い新機能を紹介 ―

原文へのリンクはこちらです。

わずか 9 週間という短い開発サイクルを経て、Linux 3.10 は日曜日に正式に公開されました。

Tux the Linux penguin

「もう一度 -rc (リリース候補版) を出すかどうかを考えて公開を一日遅らせましたが、そうすることのメリットがあまりないという結論に至りました」と Linux 創始者 Linus Torvalds は日曜日の夜の公開を発表する電子メールに書きました。

今回の開発サイクルは Torvalds が望んでいたほど穏やかではなく、後半になって思ってもいなかったほどの数の延期要請があったと Torvalds は説明しています。しかしながら、「ある時点で何かを先延ばしにするのはあまり意味のないことで、次のマージ ウィンドウへの積み残しが多くなるだけ」と彼は言います。

このような状況でこのカーネルの 7 番目のリリース候補版が最後となり、Linux 3.10 が正式に公開されました。

「パッチの約 3 分の 2 はドライバーに焦点を置いており、残りのパッチは arch のアップデートとその他のものが半々です」と Torvalds は指摘しています。「今回は大きな新サブシステムはありませんが、顕著な新機能があります。」

説明を聞くご準備はよろしいですか? いくつかのハイライトをちょっと見てみましょう。

  1. タイマーなしのマルチタスクをサポート

マルチタスク機能はこの数年で大幅に進化しましたが、今日多くの最新オペレーティング システムで採用されている「割り込み型マルチタスク」の代償は、タイマーが定常的にバックグラウンドで動いていなければならないことです。一方で「ノートパソコンやモバイル機器の CPU が低消費電力モードに入るにはシステムが非活動状態であることが必要です」と KernelNewbies.org のchangelog は説明しています。このタイマーの動作のために、これらの機器の CPU は本来節電すべきところで節電できていません。しかし、新しいカーネル 3.10 ではタイマーなしのマルチタスクがサポートされており、電力効率の向上をもたらすものと思われます。

  1. ARM big.LITTLE をサポート

Linux 3.10 のもう一つの注目点は、ARM big.LITTLE アーキテクチャのサポートです。同アーキテクチャは、「大きく」て速いプロセッサを「小さく」て電力効率の良いものと組み合わせる対称型マルチプロセッシングソリューションに特徴があります。「Linuxでは、電力効率の向上に寄与するスケジューリングは従来型のホモジニアス マルチプロセッシング アーキテクチャにおいても改善すべき課題として取り組まれています。big.LITTLE はプロセッサの混在に関して新たなレベルの自由度を持ち込みました」と Linux カーネル開発者で LWN.net の編集者 Jonathan Corbet は説明しています

  1. Bcache

半導体ドライブ記憶装置 (SSD) の注目度が高まる中 (このことは以前のカーネル リリースの際にも取り上げられていますが)、Linux 3.10 には SSD が他のブロック デバイスをキャッシュすることを可能にするファイルシステム無依存のテクノロジー Bcache が提供されました。デスクトップ、サーバー、高性能ディスクアレイ、さらに changelog の記述によれば「おそらく組み込みシステムさえも」念頭に置いて開発されており、SSD が従来の遅い記憶媒体のキャッシュ メモリとしての役割を果たすことを可能にします。

  1. スペース効率の良い Btrfs

一方、Btrfs ファイルシステムで新しいのは、メタデータ エクステントの参照に使われる新キータイプの導入です。これにより、ディスク スペースの使用効率が向上し、エクステント ツリーの大きさが 30% ~ 35% 縮小しました。このことは、コピー オン ライトオペレーションを減少させ、さらに、changelog の説明によると「エクステント ツリーの大部分がメモリに格納されることを意味し、その結果メタデータのオペレーションが速くなる」とのことです。

  1. 改善された Radeon サポート

そして最後に、Linux 3.10 は、AMD の最新の Radeon グラフィック チップに使われているビデオ アクセラレータをサポートしています。「新しい Linux カーネル内の Radeon ドライバーは、Radeon HD 4000 やより最近の HD グラフィック カードのユニファイド ビデオ デコーダ (UVD) とのインターフェイスを提供しています」と、The H の編集者 Thorsten Leemhuis は説明しています。

いつものことですが、これは Linux 3.10 の新機能紹介のほんの一部にすぎません。これ以外にも各種ドライバーの更新やスケーラビリティの向上など多くの機能拡張が行われています。詳細についてはThe H をご覧ください。

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!