twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース Linux.com Exclusive UEFI セキュア ブートの Windows マシンに Linux をインストールする

UEFI セキュア ブートの Windows マシンに Linux をインストールする

原文は、こちらです。 ※ この記事は「チュートリアル」からの転載です。

secure boot utility

Microsoft は Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) という機能を有効にしました。これは BIOS を置き換える最新の機能で、ブート時に不審なソフトウェアを起動しないようにします。Linux は UEFI のハードルを乗り越えることができますが、Windows 10 では難しいものになりました。

BIOS の置き換えとしての UEFI ですが、他のプラットフォームに対して深刻な問題を引き起こします。Windows 8 以降で Linux のインストールができなくなります。Microsoft は、UEFI を無効にすることができるよう各 Vendor に要求しました。そのため、Linux をインストールすることができるようになりました。Linux ディストリビューションのいくつか (Red Hat、Ubuntu、SUSE など少数) は、Secure Boot を完全にサポートしています。これらの会社は、ブートローダーが UEFI ファームウェアのチェックをパスするためのデジタル キーを購入しました。これによって、これらのディストリビューションはセキュア ブートを完全にサポートしています。 

それでは、新しいシステムを購入して Linux をインストールしたいときは、どうすれば良いでしょうか。答えは簡単ではありません。本チュートリアルは、UEIF セキュアブートで Linux をブートするための方法を提供するわけではありません。ディストリビューションごと、ハードウェアごとに異なるため、さまざまな方法がありますが、Linux とセキュア ブートに対応するための充分な情報を提供します。

良い方法

確実に問題を避ける方法として、BIOS によって、特定のコンポーネントを無効化する方法があります。無効にするものは、

  • Quickboot/Fastboot

  • Inel Smart Response Technology (ISRT)

  • FastStartUp (Windows 8 の場合)

これらを無効にすることで、ディストリビューションを問題なく起動できます。もし、セキュア ブート エラーまたはシグネチャ エラーが発生したときは、セキュア ブートを無効にしてください。もし、Windows 7 をお持ちのときは、標準的な手段 (マザーボードの BIOS 設定に割り当てられたキーの押下) で BIOS に入り、セキュア ブートを無効化します。Windows 8 の場合は、セキュア ブートの無効化は簡単ではありません。以下のことが必要です。

1. Window 8 をブートする

2. Windows+l キーを押下する

3. "Change PC Settings" をクリック

4. "General" をクリックし、次に "Advanced Startup" をクリック

5. "Restart Now" をクリック

6. "UEFI Firmware settings" をクリック

Windows 8.1 では、以下を実行してください。

1. 左のサイドバーから、"Update and "recovery" を選択

2. "Avanced startup" をクリック

3. "Restart Now" をクリック

マシンがリブートするので、BIOS に入り、セキュア ブートを無効化します。

注意: 特定の BIOS では、出荷時、EFI または "legacy" モードで実行されるようになっています。お持ちの BIOS がこのモード実行されていたら、Linux 実行は問題ありません。このようなマザーボードには "Compatibility Support Module" と表示されています。

セキュア ブートを無効化したら、Live ディスクを実行させて、ブートに関する問題がないことを確認します。そして、Linux をインストールします。

2 番目の解決案

セキュア ブートを無効化できないときの選択肢として、次に容易なものは、セキュア ブートをサポートしているディストリビューションを選ぶことです。Ubuntu 12.04.2 以降 (またはその公式派生ディストリビューション)、Linux Mint 16 以降を使用しているならば、それらはセキュア ブートをサポートしています。これらは、intel の UEFI/セキュア ブート コードを利用しています。また、エンタープライズ ディストリビューションの Red Hat と SUSE も、オフィシャル キーを購入しています。これらのディストリビューションでは、セキュア ブートの問題はありません。セキュア ブートが有効なマシン上で Ubuntu を起動させましたが、問題はありませんでした。

お好みのディストリビューションで、セキュア ブートまわりで問題があるときは、その開発者に改善策を聞くと良いでしょう。

デュアルブート

Windows と Linux を両方ブートしたいときは、どうすればよいでしょうか。Windows はセキュア ブートを使っていますが、そのことは、両方をブートするために問題でしょうか。Windows 8 や 8.1 であれば問題ありません。これらの特定の Windows では、セキュア ブートを無効化しても、両方の OS をブート可能です。ひとつ、問題点があります。

Windows 8 を持っていて、セキュア ブートを無効化します。Linux をインストールして、デュアル ブートできるようにします。ある日、Windows をブートして、8.1 のアップデートがあるか確認します。アップデートをインストールして、Linux を起動すると、ブート オプションにありません。どうすれば良いでしょう。簡単な方法は、Linux をインストールする前に、Windows 8.1 にアップグレードすることです。アップデート完了後、Linux をインストールすれば問題ありません。しかし、Linux をインストール済みの状態で、Windows を 8.1 にアップグレードした場合は、Linux Live ディスクから起動し、ブート修復ツールを実行する必要があります。修復ツールで問題が解決し、デュアル ブートができるようになります。

Windows 10 の問題

これは、悩ましい問題です。Microsoft は、Windows 10 ではセキュア ブートを無効化する機能を入れないようにメーカに要求しました。これは、PC ベンダーが他の OS をインストールするための障害を増やすことを意味しています。公式な決定はなされていません。もし、これが決定されたとしても、古いシステムには影響ありません。もし、現実になったとしても、Ubuntu、Fedora、Red Hat と SUSE は、UEFI の要求を満たす公式なデジタル キーを持っているので問題ありません。小さなディストリビューション (キーを購入することができない開発者がサポートしているような) では大問題です。

幸運なことに、越えられない壁ではありません。どうやるか? Linux のために作られた新しいマシンを売るベンダーがあります。System76 (訳注: 日本にも出荷できるようです) は、Linux 用のデスクトップ、ラップトップを売る大ベンダーのひとつです。ZaReason (訳注: こちらは日本には出荷しないようです) もそのひとつで、同様のソリューションとなります。両方の会社とも、優れたハードウェアを売るだけでなく、オープン ソースのコミュニティに貢献して、Linux が動作するハードウェアを Linux ユーザーに提供しています。Linux とオープン ソース用のハードウェアを販売する会社を支援することは、すべてのレベルで両者にとって良いことです。

もし、Linux ディストリビューション開発者であったら、Linux Foundation が発行した Making UEFI Secure Boot Work With Open Platforms を参照してください。

UEFI にインストールすることは不可能ではありません。しかし、Windows 10 ではその不可能が現実の問題となりました。もし、メーカーがセキュア ブート無効化をサポートしなくなったら、新しくハードウェアを購入するときに、どうするべきでしょうか。

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/04/12 2017年 4月 11日
  2. Today's Linux 2017/04/13 2017年 4月 12日
  3. Today's Linux 2017/04/19 2017年 4月 18日
  4. Today's Linux 2017/04/18 2017年 4月 17日
  5. Trivial Transfers with TFTP, Part 3: Usage 2017年 4月 11日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!