twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース Linux.com Exclusive

Linux.com Exclusive



インターネットをより安全に、安心なサイトを着実に: Let's Encrypt の証明書 100 万枚達成

jzemlin's picture

 

(日本語参考訳。オリジナルのブログは米国時間 3 月 8 日に掲載。)

Let's Encrypt が本日、100 万枚目の無料証明書を発行しました (正確にはグリニッジ標準時 9:04am)。このサービスのベータ版をリリースしてからちょうど100 日後です。これは同グループにとって大きな成果ですが、Web にとっても、インターネットを利用しているすべての人々のセキュリティにとっても大きなニュースです。

この 3 か月で、私たちのオンライン活動や Web トラフィックは、Let's Encrypt の取り組みによってとても安全で保護されたものになりました。Let's Encrypt は The Linux Foundation が誘致し、Mozilla、Cisco、Electronic Frontier Foundation、Facebook、Google Chrome などが支援しているオープン ソース プロジェクトです。

暗号化されていることは、ブラウザのロケーション バーに小さな鍵が表示されることでわかりますが、これまでは、コストがかかることや手続きが複雑なことを理由に、多くの Web サイト オーナーが利用していませんでした。大企業や政府のサイトでさえも、重要なトランザクションを保護するためにのみ暗号化技術を使用し、その他のほとんどのトラフィックについては暗号化されず安全度が低いままでした。

しかし Let's Encrypt の証明書ならたったの数分でインストールでき、しかも無料なのです。そのインストールの簡単さこそが、このグループがこんなにも早く 100 万枚の証明書を発行できた要因です。新しい証明書発行のようすがこちらでリアルタイムに追跡できます。

このプロジェクトは、OVH、Wordpress.com、Gandi、Dreamhost、Digital Ocean などのホスティング企業からも大きなサポートを受けています。これらの企業は、トラフィックが傍受されたり改ざんされたりしないようにサイトを保護するサポートを行っています。Let's Encrypt の背後にある膨大な作業のおかげで、私たちは今、ネット上のすべての通信が守られている近未来を思い描くことができます。

Let's Encrypt や Core Infrastructure Initiative のようなプロジェクトは、Web や世界中の重要なインフラが人々にとって安全なものになるように、賢明で俊敏な歩みを進めています。積極的な予防的アプローチが、私たちを攻撃から守ってくれるのです。そうした取り組みは今日も着々と進められ、その作業の重要性を理解する企業に支援されています。Let's Encrypt チームのこの重要なマイルストーンを祝したいと思います。

Jim Zemlin のブログをもっと見る

 
10 / 312 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!