twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース ニュース

Linux/OSSニュース



RPA×AI×BIで業務を自動化--オートメーション・エニウェア

オートメーション・エニウェア・ジャパンは6月22日、報道機関向けの製品説明会を開催した。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールを中核に、人工知能(AI)やデータ分析(BI)の機能を組み合わせた“デジタルワークフォースプラットフォーム”を提供する。...
続きを読む...
 

IPA、AIの社会実装に関する調査報告書を公表

独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 技術本部 ソフトウェア高信頼化センターは「AI社会実装推進調査報告書」を公開した。...
続きを読む...
 

グーグル、VirusTotal Monitorをリリース--ウイルス対策ソフトの誤判定を軽減

新機能は、公開前のファイルを70種類以上のウイルス対策ソフトでスキャンし、誤ってマルウェアや偽陽性と判定した製品のベンダーに通知して、正しい対応を促す。...
続きを読む...
 

シスコ、位置情報サービスプラットフォームなど手がけるJuly Systemsを買収へ

July Systemsは、シスコのエンタープライズネットワーキンググループに統合され、さまざまな業界の屋内位置情報サービスを強化していく。...
続きを読む...
 

レッドハット、堅調な第1四半期決算発表--「OpenShift」など好調

レッドハットの第1四半期は、「ハイブリッドクラウドおよびデジタル変革イニシアティブに向け、Linuxコンテナのアプリケーションを近代化する」なかで、「OpenShift」分野が力強い成長を見せたという。...
続きを読む...
 

オラクルのL・エリソン氏、Fusion ERPなどに音声インターフェースを追加する計画に言及

オラクルはFusion ERPとFusion HCMのインターフェースに、「Amazon Alexa」などの音声サービスを組み込んでいくと発表した。...
続きを読む...
 

「トランプ劇場」につきあう?--ファンダ重視なら?

週前半の日米株式はトランプの劇場型政治の影響で乱高下した。こうしたなか、米国の経済は比較的堅調に推移している。トランプ・リスクを巡る展開に予断は許されないが、日米市場では「業績相場」が続くと見込んでいる。...
続きを読む...
 

「Windows Server 2019」新ビルド公開、「Hyper-V 2019」をプレビュー

マイクロソフトは米国時間6月19日、「Windows Server 2019」の新たなテストビルド(「Build 17692」)を公開した。同ビルドには、「Hyper-V 2019」初のInsider Preview版も含まれている。...
続きを読む...
 

NSSOLが自社のクラウドサービスにこだわる理由

今回は、新日鉄住金ソリューションズの大城卓 取締役常務執行役員と、グーグルの寳野雄太 Google Cloudカスタマーエンジニアの発言を紹介する。...
続きを読む...
 

2018年6月22日号 Cosmicの開発, Kata ContainersにおけるNVDIMMサポート ── Ubuntu Weekly Topics

6月は大きな変化は生じていないものの,少しずつ開発が盛り上がり始める時期です。これは言い換えると取り上げるべき事柄も少ないことも意味するのですが,いくつか興味深い動きが見えてきています。...
続きを読む...
 

大企業の顧客数が増加--「人とパートナーに投資」とVeeamのCEO

仮想化バックアップからクラウドに拡大するVeeam Software、バックアップ分野では後発だが、先に開催した年次イベント「VeeamOn 2018」ではデータ管理の5ステージを打ち出すなど、追う立場からリードする立場にメッセージを変えた。...
続きを読む...
 

インテルのクルザニッチCEOが辞任

インテルは米国時間6月21日、ブライアン・クルザニッチCEOが辞任し、ボブ・スワンCFOが暫定CEOに就いたと発表した。...
続きを読む...
 

第2回:集客から顧客獲得まで--各フェーズで「やるべきこと」

本連載では、マーケティングオートメーション(MA)ツール導入のポイントや、フェーズごとにやるべきことについて解説。今回は市場動向や導入目的といった基本を整理する。...
続きを読む...
 

エッジコンピューティングの"エッジ"とはどこか、なぜ重要か--可能性を探る

クラウドコンピューティングが普及し、さまざまなユースケースが生み出されているなか、エッジコンピューティングという新しい概念が登場している。エッジが配備される場所、そしてエッジの未来について考察する。...
続きを読む...
 

目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足

LPWA基地局の設置を皮切りに、ここ柏の葉でいろいろなIoTの取り組みが進んできた――。2018年6月5日に設立された「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」の幹事企業 ...
続きを読む...
 

SNMPの課題とTelemetry登場の背景

 ネットワークインフラの監視における「次世代SNMP」の位置づけとして、「Telemetry」(テレメトリ)が大きな注目を集めています。これは、AI( ...
続きを読む...
 

【 for 】コマンド(応用編その3)――回数を指定して繰り返し処理を行う

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、同じ処理を繰り返し実行する「for」コマンドです。...
続きを読む...
 

OpenSwitch (OPX) Delivers Enterprise-Grade, Deployment-Ready Solution for Composable Networking

New Release of Open Source Network Operating System Enhances Manageability, Automation, and Extends Hardware Compatibility as Inocybe Technologies, Metaswitch and Verizon Connect Join Community SAN FRANCISCO – June 21, 2018 – OpenSwitch, a Linux Foundation project with the mission of delivering a turn-key switching software solution based on the OPX open source Network Operating System (NOS), today announced availability of the OPX 2.3 software release, delivering an enterprise-grade composable networking solution for white box switches. OPX 2.3 brings important iterative updates that supplement networking, instrumentation and management features with enhanced automation capabilities, and extends OPX compatibility to two new families of hardware platforms. Architected as a scalable, cloud-ready, agile solution, the open source OpenSwitch software implements flexible infrastructure to enable both network operators and vendors to rapidly on-board premium open source premium NOS applications. Backed by industry leaders such as Dell EMC and Metaswitch, OPX 2.3 supports a rich set of L2/L3 networking features that are compatible with a wide variety of 10G, 25G, 40G and 100G hardware platforms from multiple vendors. Specific feature enhancements include SNMP support, upgradability via standard Linux apt tools, and persistent configuration. OPX 2.3 brings support for remote authentication and remote access control by adding Remote Authentication Dial-In User Service (RADIUS) and Terminal Access...
続きを読む...
 

Data Plane Development Kit (DPDK) Further Accelerates Packet Processing Workloads, Issues Most Robust Platform Release to Date

DPDK’s 18.05 Release, Named ‘Venky’ in Honor of “the Father of DPDK,” Brings Even Broader High-performance Accelerated Network Support to Cloud and Telco Markets SAN FRANCISCO – June 21, 2018 – Following the move one year ago to the Linux Foundation, the Data Plane Development Kit (DPDK) project today announced the availability of its milestone DPDK 18.05 ‘Venky’ software release, named after Venky Venkatesan, who was known as “the father of DPDK”. The DPDK project’s 5th major release since joining the Linux Foundation accelerates packet processing workloads running on a wide variety of CPU architectures (including x86, ARM and Power) and supports many enhancements for Encryption, Compression and Packet processing. Network performance, throughput, and latency are increasingly important for a whole range of applications and implementations such as 5G, Cloud, Network Functions Virtualization (NFV),  wireless core and access, wireline infrastructure, routers, load balancers, firewalls, video streaming, VoIP, SD-WAN, vCPE and more as the ways in which the world communicates rely more and more on fast and stable networks. By enabling very fast packet processing, DPDK makes it possible for organizations to move performance-sensitive applications – like the backbone for mobile networks and voice –  to the Cloud and help create...
続きを読む...
 

Heather Kirksey on Integrating Networking and Cloud Native

A lot of the interactions between the LF Networking and cloud native communities focus on how these technologies work together and on connecting people from different projects. As highlighted in the recent Open Source Jobs Report, cloud and networking skills are in high demand. And, if you want to hear about the latest networking developments, there is no one better to talk with than Heather Kirksey, VP, Community and Ecosystem Development, Networking at The Linux Foundation. Kirksey was the Director of OPNFV before the recent consolidation of several networking-related projects under the new LF Networking umbrella, and I spoke with her to learn more about LF Networking (LFN) and how the initiative is working closely with cloud native technologies. Kirksey explained the reasoning behind the move and expansion of her role. “At OPNFV, we were focused on integration and end-to-end testing across the LFN projects. We had interaction with all of those communities. At the same time, we were separate legal entities, and things like that created more barriers to collaboration. Now, it’s easy to look at them more strategically as a portfolio to facilitate member engagement and deliver solutions to service providers.” Bringing these six networking projects together lowers...
続きを読む...
 
1 / 1940 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/06/13 2018年 6月 12日
  2. Today's Linux 2018/06/14 2018年 6月 13日
  3. Today's Linux 2018/06/11 2018年 6月 10日
  4. Today's Linux 2018/06/19 2018年 6月 18日
  5. Today's Linux 2018/06/11 2018年 6月 10日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!