twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース ニュース

Linux/OSSニュース



“無関心化”する消費者と企業の向き合い方--アクセンチュア調査

アクセンチュアは6月3日、「グローバル消費者調査」に関する記者説明会を開催した。消費者の“無関心化”は先進国で顕著な傾向が続く一方で、企業は重要な社会的問題に対して明確な態度を示すことが期待されている。...
続きを読む...
 

伊藤若冲、「写実性」と「虚構性」の向こう側

「語る」はどこかに必ず「騙る」ことを宿している。それはなにも「世界は全てが虚構であり、真実はどこにも存在しない」という安易なニヒリズムを意味するわけではない。...
続きを読む...
 

GDPR施行1年、その影響と次なる議論の行方

EUの一般データ保護規則(GDPR)が施行されてから1年が経過した。GDPRはこれまでに社会にどのような影響を与えており、今後についてどのような議論が展開されようとしているのだろうか。...
続きを読む...
 

Ansibleでネットワークコード化――ネットワンに聞いた「地に足の着いた運用効率化」

 IoTやモバイル、クラウドの活用に伴い、企業ネットワークに接続するデバイスとそのトラフィック量は増え続けている。こうしたなか、多くの企業で課題となっ ...
続きを読む...
 

「Lumadaと共創で社会変革を加速」--日立製作所のIT領域における戦略

日立製作所は、2021年度にデジタル基盤「Lumada」を中核とするビジネスで売上収益3兆円を目指すとしたITセクターにおける戦略を発表した。...
続きを読む...
 

シェルスクリプトに挑戦しよう(18)連想配列

今回で「配列」は最終回となります。今回のテーマは、bashのバージョン4以降から使用できるようになった「連想配列」です。...
続きを読む...
 

英Arm、モビリティー分野のデータマネジメント領域でパイオニアと協業強化

英Armは5月30日、パイオニアとモビリティー分野のデータマネジメント領域で協業を強化すると発表した。交通事故削減に向け、人工知能(AI)を活用したデータ分析と行動予測・事故予測モデルの構築に関する共同開発を推進する。...
続きを読む...
 

日立と住信SBIネット銀行、AI活用した審査サービスで新会社を設立

日立製作所と住信SBIネット銀行は5月30日、新会社「Dayta Consulting」の設立を発表した。新会社は、人工知能(AI)を活用した審査サービスを提供する企業になる。...
続きを読む...
 

ガートナー、2019年のデータ/アナリティクス技術トレンドを発表

ガートナー ジャパンは5月30日、2019年のデータ/アナリティクステクノロジトレンドのトップ10を発表した。これらは今後3〜5年間に重大なディスラプション(破壊)をもたらす可能性のあるものとしている。...
続きを読む...
 

宮城県東松島市、KDDIら協力のもと農業IoTを導入

KDDIは6月1日から、宮城県東松島市でKDDIエボルバが運営する農産物栽培拠点において、AIを活用した水と肥料の供給システム「ゼロアグリ」と、「屋外クラウド録画パッケージ」の導入を開始したと発表した。...
続きを読む...
 

企業に突きつけられるデジタルとプライバシー

欧州でのGDPR施行を契機に、企業のデジタルビジネスにおける個人のデータやプライバシーへの取る組みがますます重要になってきた。昨今の動向が分かる記事をまとめた。...
続きを読む...
 

デル、機械学習専用の新サーバーを国内で発売

デルとEMCは、機械学習専用のサーバー新製品「Dell EMC DSS 8440」を発売した。「NVIDIA Tesla V100」を最大10基搭載可能で、初年度100台の出荷を見込む。...
続きを読む...
 

佐川グローバルロジがAIチャットボットを導入、社内問い合わせを効率化

佐川グローバルロジスティクスは2019年6月4日、リコーが開発したAI搭載チャットボット「RICOHChatbotService」を活用した社内問い合わせ窓口を ...
続きを読む...
 

「ふるさと納税」新制度スタート--今さら聞けない「最初の一歩」、税金の仕組み、選び方は?

6月1日から、ふるさと納税の新制度がスタートした。読者の方から、「やってみたいが何していいかわからない」との質問が今でもある。今回は改めて「ふるさと納税」の基礎を解説する。...
続きを読む...
 

IBMが開発者にDJI製ドローンを無償提供--自然災害アプリ開発コンペの参加者を募る

独学で開発者となったP・クルス氏は2018年に、 IBMの自然災害アプリ開発コンペティション「Call for Code」に昨年参加した。このコンペは、自然災害を防ぎ、自然災害に対応し、自然災害から回復するためのソリューションを見つけることを目指した取り組みだ。クルス氏はハリケーン・マリアに襲われたばかりのプエルトリコに住んでいたこともあり、このチャレンジはとりわけ意義深いものだった。...
続きを読む...
 

ISVやスタートアップのSaaS化を支援するプログラム--AWSなどが支援

CircleCIとAuth0、Stripeの日本法人3社は、ソフトウェア開発企業やスタートアップがSaaS事業に乗り出せるよう支援するプロジェクトを発足させた。AWSも支援する。...
続きを読む...
 

「Windows 10」ユーザー狙う不正な広告表示、マイクロソフトのアプリ内でも?

マイクロソフトのソフトウェアで不正なアプリ内広告が表示されていることに対して、一部のユーザーが不満の声を上げているという。...
続きを読む...
 

アクセンチュア、AI導入で仕事を奪われた従業員を配置転換する取り組み

人工知能(AI)を利用するさまざまなテクノロジーが人とテクノロジーの関係を一変させる、とAccentureは考えている。「AIの未来は、破壊的革新と生産性の新時代を約束する。その新時代には、人間の創意工夫が速度と精度によって強化される」というのが同社の公式見解だ。...
続きを読む...
 

今CIOが取り組むべき5つのテーマ

今やCIOはさまざまな課題を抱えており、どの取り組みを優先すべきかを判断するのは難しくなっている。この記事では、あえてITリーダーが優先度が低いと判断した課題を取り上げ、その重要性について検討してみたい。...
続きを読む...
 

「BI活用はツールの話だけではない」--マイクロストラテジーが指南

企業において、もっとBIが活用されるようになるためにはどうすればよいか。創業30年のBI専業ベンダーで、今も多くの企業に支持されている米MicroStrategyの日本法人マイクロストラテジー・ジャパンのプレジデントを務め、BI分野に長年携わってきた印藤公洋氏に聞いてみた。...
続きを読む...
 
10 / 2186 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!