twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース ニュース

Linux/OSSニュース



日本NCR、百貨店システムのクラウドサービスを提供開始

 日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:マイケル・J・バリエ、以下日本NCR)は、12月27日に、百貨店システム資産の共有化、業務の共通化、サービス利用の共同化を実現するクラウドサービスの提供開始を発表した。第一弾として、山形県の老舗百貨店 株式会社大沼での本サービスの採用されたという。  同サービスは、日本NCRが長年携わった百貨店業務への実績とシステム構築実績を活かして、サービスの導入から利用開始後の運用管理、運用支援まで一括して対応する。また、各社に合せたシステムの選択が可能という。  従来百貨店では、ハードウェア・ソフトウェアへ個別に投資し、システムも自社運用をしていたが、初期投資の莫大な費用や運用による負荷が掛っていた。クラウドサービスを利用する事により、そういった初期費用や運用負担の軽減を可能とする。また、ランニングコストの平準化により、IT投資を削減する事も可能としている。クラウドサービスを導入するにあたり、懸念となる内部統制及び個人情報保護の点についてもセキュリティ面を強化する事により、導入を可能としている。  日本NCRでは、今後、「IT費用削減と経費の平準化」、「人材有効活用」、「業務の共通化」という課題を持っている地方の百貨店に対してサービスの導入を進めていくとしている。 【関連】 ASP・SaaSナビ 「 販売支援 」...
続きを読む...
 

2012年のインターネットを予想する~ネット規制からv4アドレス枯渇,2ちゃんねるまで ── 新春特別企画

あけましておめでとうございます。昨年に引き続き,新春特別企画でインターネットで起きそうなことを予想したいと思います。基本的にインターネットインフラまわりの話がメインです。...
続きを読む...
 

2012年の仮想化─キーワードはBCP,クラウド,そして“ハイパーバイザー戦争”が激化?! ── 新春特別企画

2011年を振り返ってみると,東日本大震災の影響もあり,BCP対策やDRサイトの構築といったトピックが多く語られましたが,その中で仮想化技術を活用しようと検討したケースも多いに違いありません。...
続きを読む...
 

ビッグデータを活かせるか?─2012年の展望 ── 新春特別企画

「ビッグデータ」はIT各社の事業戦略には必ずと言ってよいほど添えられるキーワードとなってきました。2012年にどういう動きがありそうか,予想してみたいと思います。...
続きを読む...
 

2012フラッシュストレージ新時代 ── 新春特別企画

皆様,新年あけましておめでとうございます。新年企画「今年の○○はどうなる?」として,ここ数年関心が高いコンピュータ用フラッシュメモリの方向性についてご紹介します。...
続きを読む...
 

ComputerWorld UK: Interview with Jim Zemlin

Glyn Moody recently interviewed Jim Zemlin while in Prague. Here...
続きを読む...
 

第4回 Azure上でのMySQLの起動[その1] ── LAMP開発者のためのWindows Azure講座

Windows Azure PlatformでMySQLを動作させるには2つの方法があります。1つは,WorkerRoleで動作させる方法,もう1つは,Windows Azureドライブを利用する方法です。...
続きを読む...
 

第4回 IPv6では,全てのアドレスに逆引きが設定できるわけではない─JPRS 藤原和典氏に聞く ── IPv6対応への道しるべ

連載第4回となる今回は,JPRSの藤原和典氏にお話を伺いました。...
続きを読む...
 

2011年12月28日 VirtualBox 4.1.8をインストールする方法 ── FreeBSD Daily Topics

Ports Collectionに登録されているVirtualBoxのバージョンは4.0.14ですが,portsとしてはすでに4.1.8に対応したものが存在します。...
続きを読む...
 

TKC、連結会計ソフトの中国語版の提供を発表

 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角 一幸/資本金:57億円)は、中堅・大企業向け連結会計システム「eCA-DRIVER」2012年1月提供版にて、「レポーティング・パッケージ」(オプション)の中国にも対応すると発表をした。  「eCA-DRIVER」は2000(平成12)年に初版の提供を開始して以来、法制度改正への対応および連結決算業務の向上等を目的としてサービスを展開し、上場企業を中心に約400グループで導入をされているという。今回、中国にも対応をすると発表をしたレポーティング・パッケージは、連結会計業務において各子会社や関連会社の決算データを収集するための入力画面、帳票レイアウトおよびその仕組み。すでに、英語版は提供をしているが、アジア圏の連結子会社を保有する企業が増えてきた事を背景に多言語化を実現する為に対応をする事になったという。利用形態は、「クラウド(ASP)型」のほか「社内設置型(C/S型、スタンドアロン型)」の2つ。今回の中国語対応に続いて、タイ語やベトナム語などへの対応への対応も予定しているという。  「クラウド(ASP)型」での提供価格は、初年度12,000円(次年度以降9,600円)。 【関連】 ASP・SaaSナビ 「 財務・会計管理 」 一覧 株式会社TKC...
続きを読む...
 

LibreOffice導入のJA福岡市がMicrosoft Officeからの移行に役立つマニュアルを公開(ニュース)

 JA福岡市は2011年12月27日、LibreOfficeの操作に関するよくある質問とその答えをまとめた文書「よく使うCalc&Writerマニュアル」を公開した。LibreOfficeは、OpenOffice.orgから派生したオープンソースのオフィスソフト。JA福岡市はLibreOfficeを導入しており、今後約840万円のコスト削減を見込んでいる。...
続きを読む...
 

第204回 Unity Lens 10番勝負 ── Ubuntu Weekly Recipe

Ubuntu標準のデスクトップインターフェースであるUnityには,「Lens」と呼ばれる検索システムがあります。今年最後のレシピではこのLens用に公開されているさまざまなアドオンを紹介します。...
続きを読む...
 

FreeBSD、緊急パッチをリリース - telnetdなど、5つの脆弱性にまとめて対応

FreeBSDセキュリティオフィサーから5件のセキュリティアドバイザリが公開された。サポート対象となるすべてのFreeBSDがこれら脆弱性の影響を受ける。特にtelnetd(8)の脆弱性には注意が必要。telnetd(8)にアクセスできる攻撃者はtelnetd(8)の動作している権限で任意のコードを実行できるという致命的な脆弱性であり、telnetd(8)を運用している場合にはただちに対応が求められる。...
続きを読む...
 

[OSS/Linux]Chrome、OpenOffice、Ubuntuなどクライアントに注目、スパコン京も(2011年アクセスランキング発表!)

 2011年に公開されたOSS/Linuxテーマの記事では、Chrome、Android、OpenOffice.og/LibreOffice、Ubuntuなどクライアントのオープンソースソフトウエア(OSS)に注目が集まった。Linuxを採用し世界一になったスーパーコンピュータ「京」の記事も好評を博した。...
続きを読む...
 

Mozilla、「Firefox 10」と「Thunderbird 10」のベータ版を公開(ニュース)

 米Mozillaは現地時間2011年12月23日、最新Webブラウザー「Firefox 10」のベータ版をリリースした。アップデート時のアドオンの対処を向上したほか、新たな開発者向けツールを組み込んだ。また、最新メールクライアント「Thunderbird 10」のベータ版も公開した。...
続きを読む...
 

第4回 ファイルの圧縮と展開(美女Linux 水口克也が伝授!初めてのコマンド活用術)

 Linuxコマンドをランダムに“美女”が紹介するWebサイト「美女Linux」を運営するLinuxジャパンの水口克也社長が、初めてコマンドを使うユーザーに実践的な活用術を手ほどきします。今回は、ファイルの圧縮と展開です。...
続きを読む...
 

ログイン時にbashがコマンドを読み込むファイルは?(今日の腕試し!)

 bashシェルは、ログインシェルとして起動されると、いくつかのファイルからコマンドを読み込んで実行します。bashがコマンドを読み込むファイルとして正しいものはどれでしょう?...
続きを読む...
 

富士通、SaaS提供サイト「J-SaaS」で2つの新サービスの販売開始

 富士通株式会社は、同社で運営している、中小企業向けSaaS提供サイト「J-SaaS」にて、就職情報共有サービス「就活皇 for J-SaaS」と、勤怠管理クラウドサービス「勤怠皇 for J-SaaS」の提供開始を発表した。  「就活皇 for J-SaaS」は、就職活動中の学生と専門学校などの就職担当者とのコミュニケーションをはじめ、求人情報の閲覧等が出来るという。また、履歴書などの就職活動に必要な文書の作成支援等の機能も提供するという。就活皇を導入する事により、学校側は、学生の就職活動状況をリアルタイムで把握ができる為、リアルタイムでの学生フォローを行う事ができる。これにより、就職率の向上や他校との差別化を進める事ができるという。提供価格としては、1ライセンス367円/月となり、毎年の学生数の変動に合せて利用が可能となる。  同時に提供開始された、「勤怠皇 for...
続きを読む...
 

CentOS 6.2登場 - RHELに短期追従

12月20日(米国時間)、CentOSの最新版となる「CentOS 6.2」が公開された。i386版とx86_64版が提供されている。CentOS 6.2はRHEL 6.2に対応するバージョン。数ヶ月単位での遅延が続いていたCentOSとしてはきわめて迅速なリリースが実施されたことになる。...
続きを読む...
 

同名コマンドのファイルがなぜ多数存在するのか?

 UNIX系のOSには、同じ名前のコマンドのファイルが複数存在する。その答えが分かると、シェルスクリプトマスターに近づく...
続きを読む...
 
2065 / 2069 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/12/04 2018年 12月 03日
  2. Today's Linux 2018/12/06 2018年 12月 05日
  3. Today's Linux 2018/12/10 2018年 12月 09日
  4. Today's Linux 2018/12/07 2018年 12月 06日
  5. Today's Linux 2018/12/11 2018年 12月 10日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!