twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース ニュース

Linux/OSSニュース



あらゆるサービスの基盤でLinux/OSSが活用(編集長が展望する2012年)

 2012年、Linuxとオープンソースソフトウエア(OSS)の動向として最も注目すべきは、“サービスの基盤”としてもっと活用されていく点だ。その好例が199ドルで販売されている米Amazon.comの「Kidle Fire」。同社が電子書籍を提供するサービス用の端末として提供しているから実現できる低価格だろう。...
続きを読む...
 

bgコマンドの説明として正しいのは?(今日の腕試し!)

 多くのLinux/UNIXで標準のシェルとして使われているbashには、bgというコマンドが組み込まれています。bgコマンドの説明として正しいものはどれでしょう?...
続きを読む...
 

あらゆるサービスの基盤でLinux/OSSが活用(編集長が展望する2012年)

 2012年、Linuxとオープンソースソフトウエア(OSS)の動向として最も注目すべきは、“サービスの基盤”としてもっと活用されていく点だ。その好例が199ドルで販売されている米Amazon.comの「Kidle Fire」。同社が電子書籍を提供するサービス用の端末として提供しているから実現できる低価格だろう。...
続きを読む...
 

bgコマンドの説明として正しいのは?(今日の腕試し!)

 多くのLinux/UNIXで標準のシェルとして使われているbashには、bgというコマンドが組み込まれています。bgコマンドの説明として正しいものはどれでしょう?...
続きを読む...
 

あらゆるサービスの基盤でLinux/OSSが活用(編集長が展望する2012年)

 2012年、Linuxとオープンソースソフトウエア(OSS)の動向として最も注目すべきは、“サービスの基盤”としてもっと活用されていく点だ。その好例が199ドルで販売されている米Amazon.comの「Kidle Fire」。同社が電子書籍を提供するサービス用の端末として提供しているから実現できる低価格だろう。...
続きを読む...
 

bgコマンドの説明として正しいのは?(今日の腕試し!)

 多くのLinux/UNIXで標準のシェルとして使われているbashには、bgというコマンドが組み込まれています。bgコマンドの説明として正しいものはどれでしょう?...
続きを読む...
 

あらゆるサービスの基盤でLinux/OSSが活用(編集長が展望する2012年)

 2012年、Linuxとオープンソースソフトウエア(OSS)の動向として最も注目すべきは、“サービスの基盤”としてもっと活用されていく点だ。その好例が199ドルで販売されている米Amazon.comの「Kidle Fire」。同社が電子書籍を提供するサービス用の端末として提供しているから実現できる低価格だろう。...
続きを読む...
 

bgコマンドの説明として正しいのは?(今日の腕試し!)

 多くのLinux/UNIXで標準のシェルとして使われているbashには、bgというコマンドが組み込まれています。bgコマンドの説明として正しいものはどれでしょう?...
続きを読む...
 

あらゆるサービスの基盤でLinux/OSSが活用(編集長が展望する2012年)

 2012年、Linuxとオープンソースソフトウエア(OSS)の動向として最も注目すべきは、“サービスの基盤”としてもっと活用されていく点だ。その好例が199ドルで販売されている米Amazon.comの「Kidle Fire」。同社が電子書籍を提供するサービス用の端末として提供しているから実現できる低価格だろう。...
続きを読む...
 

bgコマンドの説明として正しいのは?(今日の腕試し!)

 多くのLinux/UNIXで標準のシェルとして使われているbashには、bgというコマンドが組み込まれています。bgコマンドの説明として正しいものはどれでしょう?...
続きを読む...
 

あらゆるサービスの基盤でLinux/OSSが活用(編集長が展望する2012年)

 2012年、Linuxとオープンソースソフトウエア(OSS)の動向として最も注目すべきは、“サービスの基盤”としてもっと活用されていく点だ。その好例が199ドルで販売されている米Amazon.comの「Kidle Fire」。同社が電子書籍を提供するサービス用の端末として提供しているから実現できる低価格だろう。...
続きを読む...
 

PKBソリューション、スマートフォン/モバイルに対応のスタンプラリーASPを提供開始

 株式会社PKBソリューション(滋賀県野洲市、代表取締役:山本浩史HP:http://www.pkbsolution.co.jp/)は、スマートフォンやガラケーといわれる、従来の携帯電話に対応した『モバイルスタンプラリーASP』の提供開始を12月26日に発表した。FeliCaリーダーとスマートフォン端末もしくはモバイル端末を利用することによって簡単にスタンプラリーによるプロモーションが行えるという。  今回、提供を開始した『モバイルスタンプラリーASP』は、従来のFeliCa(フェリカ)リーダーでは、お財布ケータイの機能を持つ携帯端末しか対応しておらず、急速な普及を進めているiPhone端末ではFeliCaリーダー機器では対応できないという状況だった。だが、同サービスでは、ビー・ユー・ジー社のピットタッチ・ミニSを採用し、専用アプリをダウンロードする事によりお財布ケータイの機能のついていないスマートフォンでもスタンプラリーに参加出来るような仕組みを作り上げた。これにより、幅広いユーザに対してスタンプラリーに参加できるような環境を作り、プローモーションへの可能性を広げた。  同地点にFeliCaリーダーを複数設置しても利用する事ができ、スタンプ取得地点の順序も設定する機能も整備している。また、複数の地点内に取得しなければコンプリートにならないという設定も出来る為、柔軟なスタンプラリーの企画を立てる事ができる。  『モバイルスタンプラリーASP』の導入価格は初期費用が40万円~、月額費用は3万円~としている。フェリカリーダー端末は、別途レンタルか購入をする必要がある。 【関連】 ASP・SaaSナビ 「 モバイル 」 一覧...
続きを読む...
 

安全を考えてPHPの実行時設定を調整する

 PHPを初期設定のまま使うと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。不要なトラブルを避けるための要点を解説します <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/fFeb4sdV7vMZ/9a58117d63bb9a8137caaaaf8280d541"/>...
続きを読む...
 

何をオープンソースにするべきか(1)(生越昌己のオープンソースGTD)

 今回からしばらく、「技術」「ビジネス」「コミュニティ」のちょっと外側の話を続けて行きたいと思います。今回は少し前に「何をオープンソースにしないかを語る人は少ない」というtweetを見掛けたので、その辺を考えてみようと思います。...
続きを読む...
 

日本NCR、百貨店システムのクラウドサービスを提供開始

 日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:マイケル・J・バリエ、以下日本NCR)は、12月27日に、百貨店システム資産の共有化、業務の共通化、サービス利用の共同化を実現するクラウドサービスの提供開始を発表した。第一弾として、山形県の老舗百貨店 株式会社大沼での本サービスの採用されたという。  同サービスは、日本NCRが長年携わった百貨店業務への実績とシステム構築実績を活かして、サービスの導入から利用開始後の運用管理、運用支援まで一括して対応する。また、各社に合せたシステムの選択が可能という。  従来百貨店では、ハードウェア・ソフトウェアへ個別に投資し、システムも自社運用をしていたが、初期投資の莫大な費用や運用による負荷が掛っていた。クラウドサービスを利用する事により、そういった初期費用や運用負担の軽減を可能とする。また、ランニングコストの平準化により、IT投資を削減する事も可能としている。クラウドサービスを導入するにあたり、懸念となる内部統制及び個人情報保護の点についてもセキュリティ面を強化する事により、導入を可能としている。  日本NCRでは、今後、「IT費用削減と経費の平準化」、「人材有効活用」、「業務の共通化」という課題を持っている地方の百貨店に対してサービスの導入を進めていくとしている。 【関連】 ASP・SaaSナビ 「 販売支援 」...
続きを読む...
 

2012年のインターネットを予想する~ネット規制からv4アドレス枯渇,2ちゃんねるまで ── 新春特別企画

あけましておめでとうございます。昨年に引き続き,新春特別企画でインターネットで起きそうなことを予想したいと思います。基本的にインターネットインフラまわりの話がメインです。...
続きを読む...
 

2012年の仮想化─キーワードはBCP,クラウド,そして“ハイパーバイザー戦争”が激化?! ── 新春特別企画

2011年を振り返ってみると,東日本大震災の影響もあり,BCP対策やDRサイトの構築といったトピックが多く語られましたが,その中で仮想化技術を活用しようと検討したケースも多いに違いありません。...
続きを読む...
 

ビッグデータを活かせるか?─2012年の展望 ── 新春特別企画

「ビッグデータ」はIT各社の事業戦略には必ずと言ってよいほど添えられるキーワードとなってきました。2012年にどういう動きがありそうか,予想してみたいと思います。...
続きを読む...
 

2012フラッシュストレージ新時代 ── 新春特別企画

皆様,新年あけましておめでとうございます。新年企画「今年の○○はどうなる?」として,ここ数年関心が高いコンピュータ用フラッシュメモリの方向性についてご紹介します。...
続きを読む...
 

ComputerWorld UK: Interview with Jim Zemlin

Glyn Moody recently interviewed Jim Zemlin while in Prague. Here...
続きを読む...
 
2181 / 2186 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!