twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース ニュース

Linux/OSSニュース



NTTデータ ジェトロニクス、MDMによるSaaS型モバイル端末管理サービスを提供開始

 NTTデータ ジェトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳圭一郎、以下NTTデータ ジェトロニクス)は、Absolute Software Corporation(本社:カナダ・バンクーバー、会長兼CEO:John Livingston、トロント証券取引所:ABT、以下Absolute社)の最新製品である『Absolute Manage MDM 6.0』を使用したSaaS型モバイル端末管理サービスの提供開始を12月14日に発表した。12月15日には、無償トライアルの受付も開始するとしている。  今回発表のサービスは、Absolute社の高機能MDM製品の最新版『Absolute Manage MDM 6.0』を採用しており、iPhone/iPad等のiOSデバイスとAndroidデバイスを統一的に管理できる。資産管理機能では、67種類以上の端末情報を一元管理でき、情報漏えいリスクにつながる不正なJailbreakやroot化を検出することも可能という。...
続きを読む...
 

PHPの設定ファイルを作って配置してみる

 PHPの動作を制御する設定ファイルの作り方と配置する場所について解説します <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/fFeb4sdV7vMZ/e7e5b09f31532d6f8fd6be043dba6a52"/>...
続きを読む...
 

DeNAと中国アリババ傘下のAliCloudとの協業を発表

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功、以下DeNA)の中国子会社である上海縦游網絡技術有限公司(本社:上海、総経理:王勇、通称:DeNA China)と中国アリババグループ(阿里巴巴集団、本社:中国浙江省杭州市、CEO:Jack Ma)傘下のアリババクラウドコンピューティング(阿里雲計算有限公司、本社:中国浙江省杭州市、CEO:Wang Jian、以下AliCloud)が、DeNAのソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage(モバゲー)」に関する提携について発表をした。  両社はAliCloudのOSを搭載したスマートフォンを通じて中国版「Mobage」を中国国内のユーザに向けて展開するとしている。さらに、DeNAグループのゲームエンジン「ngCore(エヌジーコア)」をAliCloudのクラウドサービス上で中国のデベロッパー向け提供する。  AliCloudは、クラウドサービスを開発・提供しているアリババグループの子会社で、すべてのAndroid(*)アプリに対応した自社製OS「阿里雲OS (Aliyun OS)」を開発しており、2012年初めに「阿里雲OS」の新バージョンを搭載したスマートフォン「K-touch W800」が中国で発売される予定で、「K-touch W800」には中国版「Mobage」が唯一のソーシャルゲームプラットフォームとしてプリインストールされる。「K-touch W800」では、ホームスクリーンのアイコンをタップするだけで、中国版「Mobage」のゲームを利用する事が出来るようになるという。また、今回の提携により、一度の開発でAndroid とiOSの双方でゲームを展開することが可能なDeNAグループ独自のゲームエンジン「ngCore」による開発環境を、AliCloudのクラウドサービス上に提供するという。これにより、中国のデベロッパーは、AliCloudのデータセンター上でngCoreを利用することで、中国だけでなく、世界各国の「Mobage」ユーザに向けた効率的なゲーム開発が可能になるという。 【関連】...
続きを読む...
 

CentOS 6.1登場

CentOSプロジェクトは12月9日(米国時間)、CentOSの最新版となる「CentOS 6.1」を公開した。CentOS 6.1はRed Hat Enterprise Linux 6.1に対応するディストリビューション。i386版およびx86_64版が提供されている。...
続きを読む...
 

ビープラッツとセールスフォース、 セールスフォース・ドットコムのISVパートナーに対する販売支援において連携

 クラウド/SaaSの流通販売支援サービスを展開するビープラッツ株式会社、(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤田健治、以下「ビープラッツ」)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)のISVパートナーに対して、更なる販売の拡大を目的としたマーケットプレイスの利用連携を発表します。 【連携の内容】  セールスフォースのISVパートナーは、2011年12月現在約200社に及びますが、本連携により、セールスフォースISVパートナーは、ビープラッツが運営するASP・SaaSナビ(www.asp-navi.jp)での販売と、SaaSplats(www.saasplats.com)による再販を行うことが可能となります。 ビープラッツでは、ASP・SaaSナビ及びSaaSplatsでの販売にあたり、ISVパートナーを対象に以下のサービスを提供し、販売に伴う各種業務をISVに代わって対応致します。 ・ASP・SaaSナビでの露出、販売 ・SaaSplatsを活用した再販 ・顧客一次対応 ・セールスフォースがISVパートナーに提供する、システムの運用環境との連携による試使用の受付 ・正式なサービス利用申込受付 ・顧客への代金回収と契約管理  本連携により、ISVパートナーにおいては、自社のサービス企画や開発に集中することを可能とし、業務コストの低減に加え、提供するサービス向上とコアの業務に専念することが可能となります。 具体的には、従来の各社による顧客への直販モデルとは別に、ビープラッツが提携関係にある流通事業者などを通じた再販機会を得ることとなり、さらなる販路拡大と営業コストの低減を図ることが可能となります。  ビープラッツでは、本連携を契機に、既にセールスフォースのISVパートナーとして事業展開をされている事業者と、今後セールスフォースのISVパートナーとして事業展開を図る事業者を対象に、月額課金や従量課金を可能とする継続課金業務に特化した販売管理システムの提供や、クレジット課金・口座振替などの決済関連サービスの提供など、さらなるサービスの充実と展開を進めて参ります。  本連携内容については、12月14日、15日にて開催されるセールスフォース・ドットコム社主催Cloudforce 2011 Japanのビープラッツ出展ブース(I-49)にて詳細説明を予定しております。また、12月15日セッション番号I-6「なぜ、私たちはSalesforceを選んだのか」ISVが伝えるクラウドビジネス参入事例においても紹介を予定しております。http://cloudforcejapan.com/index.html  本連携にあたり、セールスフォース・ドットコム社より、以下のエンドースメントを頂いております。  セールスフォース・ドットコムは、ビープラッツ社との連携を歓迎致します。  Force.com上で開発されたアプリケーションが、弊社のマーケットプレイスだけでなく、ASP・SaaSナビやSaaSplatsでも提供されることで、より多くのお客様に有益なアプリケーションをご提供できるようになります。お客様がソーシャルエンタープライズを発展させる上で、それぞれのニーズに合うアプリケーションを迅速かつ容易に見つけられる環境は非常に重要です。クラウドビジネスを展開するISVパートナー様にも、課金業務代行やお客様との一次窓口機能を補完できるため、より多くの優れたアプリケーションをご提供できるようになると期待しています。 株式会社セールスフォース・ドットコム 専務執行役員 アライアンス&サービス統括本部長 保科 実 【ASP・SaaSナビ及びSaaSplatsについて】  ASP・SaaSナビ(www.asp-navi.jp)は、国内1000のサービス事業者と1100のサービスタイトルを掲載し、サービスの機能比較を可能とする日本最大規模のASP・SaaSのメディアサイトです。 SaaSplats(www.saasplats.com)は、ダイワボウ情報システム、大塚商会、ハイパー、伊藤忠商事などの国内の主要な流通事業者による、クラウド、SaaSの流通販売を展開するサービスです。2011年12月現在、本サービスは、約60社370アイテムのSaaS、クラウドサービス事業者の販売で利用されています。 【セールスフォースのISVパートナプログラムとは】  セールスフォース・ドットコムが提供するパートナープログラムのひとつで、クラウドプラットフォームを利用して自社のアプリケーションを開発/販売する「OEMプログラム」、当社のCRMとの機能連携を実現し、CRMのお客様に対する追加販売を可能とする「AppExchangeプログラム」で構成されます。このプログラムに加入することで、ISVパートナー様は開発環境の無償利用、トレーニングサービスの優遇、当社主催の各種セミナー/イベントへの参加などのベネフィットがあります。 ■ ビープラッツ株式会社について  ビープラッツは、月額課金や従量課金などの継続課金モデルを必要とするサービス事業者を対象とした販売管理支援サービス(ビー・プラッツ)と、これらのサービスの流通・販売支援としての「売る仕組み」を提供する(ASP・SaaSナビ及びSaaSplats)を提供するユニークな立ち位置のクラウド・SaaSの専門企業で、提供するサービスは以下の通りです; ・SaaSplats - クラウド、SaaSの流通販売支援サービス(www.saasplats.com) ・ASP・SaaSナビ - 国内1000のサービス事業者と1100のサービスタイトルを掲載し、サービスの機能比較を可能とする日本最大のASP・SaaSのメディアサイト(www.asp-navi.jp) ・ビー・プラッツ -...
続きを読む...
 

システムコールと標準ライブラリ関数の違いを知る

 システムコールは決して万能ではない。標準ライブラリ関数との違いを良く見極めることが大切だ...
続きを読む...
 

PHPスクリプトを実行できるようにする準備

 エクステンション組み込みの解説が終わったところで、PHPファイルを実行可能にする方法を解説します <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/fFeb4sdV7vMZ/62796ba151b2d9250cef1e5f8ab36992"/>...
続きを読む...
 

クレオネットワークス、クラウド型BPプラットフォーム対応サービス「BizTemplatePack」の販売開始を発表

 株式会社クレオネットワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:土屋 淳一、以下クレオネットワークス)は、ビジネス基盤サービス「SmartStage」(スマートステージ)シリーズとして、ビジネス運営のベストプラクティスを業務別に集約した業務プロセステンプレート『SmartStage BizTemplatePack』(スマートステージ ビズテンプレートパック、以下BizTemplatePack)の販売開始を12月8日に発表した。クレオネットワークスは、今年8月より、ビジネス状況の見える化を推進するクラウド型BPMプラットフォーム『SmartStage Bizplatform』(以下、BizPlatform)を提供してきた。今回販売を開始したBizTemplatePackは、業務のあるべき進め方を業務別に登録したテンプレートで、BizPlatform上で動作するという。BizTemplatePackの第1弾では「サービスデスクITIL」(ITサービス管理)、「ヘルプデスク」(ユーザーサポート)、「商談管理SFA」(営業管理)の各業務テンプレートを提供する。  サービスの提供に関して、クレオネットワークスは、従来の業務サービスの進め方(サービスプロセス管理)の複雑化を解消する為、人と業務手順の抜本的な効率化を目的としてビジネス運営のベストプラクティスを業務別に集約したBizTemplatePackの提供に至ったという。 ■BizTemplatePackのテンプレート内容 ・サービスデスクITIL システム運用のベストプラクティスであるITILをベースに「インシデント」「問題」「変更」「リリース」の4つのプロセスで構成。ライブラリで担当者一覧や構成管理を合わせることで業務の効率化を可能にした。 ・ヘルプデスク...
続きを読む...
 

Red Hat Enterprise Linux 6.2登場 - 仮想化機能強化

Red Hatは12月6日(米国時間)、Red Hat Enterprise Linuxの最新版となる「Red Hat Enterprise Linux 6.2」を公開した。仮想化関連技術やリソース管理機能などが強化されている。累積パッチの適用、各種機能拡張、セキュリティフィックスなども取り込まれている。テクノロジープレビューという位置づけにあるが「Linux Container仮想化技術」が同梱された点が興味を惹く。また、一般公開が開始されたRed...
続きを読む...
 

来春登場のFedora 17はBtrfs採用

来春にリリースされると見られる次期Fedora「Fedora 17」の主な新機能や変更が明らかになった。中でも注目しておきたいのが、Btrfsのデフォルト採用、配布物のほとんどを/usr/以下へ移動させる取り組み、3Dレンダリングに対応していないPCでもGNOME Shellが動作するようにソフトウェアレンダリングへの対応などだ。...
続きを読む...
 

RHEL 4、サポート終了迫る

Red Hat Enterprise Linux 4系のサポート終了期限が迫っている。サポートは2012年2月29日に終了する予定。Red Hatでは5系または6系などより新しいバージョンへ移行することを推奨している。移行が困難である場合、Red Hatまたはチャンネルパートナーを経由して3年間の延長サポートを申請することもできる。4系のサポート終了はCentOSやScientific LinuxなどRed Hat Enterprise...
続きを読む...
 

ZDNet: Finding a Linux Job

Steven Vaughan-Nichols reports on some additional insights from the upcoming...
続きを読む...
 

IT World: Dowsing Linux Jobs and Skills

Brian Proffitt takes a close look at the data surfaced...
続きを読む...
 

LinuxInsider: Open Source and the Open Road

The Linux Foundation's Rudolf Streif is interviewed in this story...
続きを読む...
 

どんな人名も正しく表示? IPAの新フォントを試そう!

 日々激しく動くOSSの世界。OSSの世界でちょっと話題になっていることや、今後重要になりそうな技術について解説していきます...
続きを読む...
 

PHPエクステンション組み込みの仕上げ

 今回は、前回までに紹介できなかったエクステンションから、役に立つものを選んで、組み込む方法を解説します <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/fFeb4sdV7vMZ/81dd523afa7c82f93f1331895c26d2f3"/>...
続きを読む...
 

ZDNet: Customizaton, Costs Key to Linux HPC Dominance

Excerpt: Linux...allows vendors to build a price-competitive machine faster than when using proprietary operating systems, Amanda McPherson, vice president of marketing and developer programs...
続きを読む...
 

シェルスクリプトはエレガントでなければならない

 気軽に使えるシェルスクリプト。しかし、気軽に使っていてはダメだ。OSの仕組みまで理解すると、ひと味違うスクリプトが書ける...
続きを読む...
 

Need Linux Skills: 12 Places to Learn Online

PC World reports on online Linux training opportunities.
続きを読む...
 

エイジア、メール配信システム「WEB CAS e-mail」クラウド版の外部システムとの連携をスピーディにする標準APIを提供開始

エイジア(品川区)は、メール配信システム「WEB CAS e-mail」のクラウド版の外部システムとの連携をスピーディに実現する標準APIの提供を開始した。 今回の標準APIで実現できる機能は以下。 ・今使っているアプリケーションに高度なメール配信インフラをプラス 「WEB CAS e-mail」のAPI連携機能を活用することにより、CRMやSFAといった外部システムに、配信性能が高く安定性のあるメール配信インフラを付加することができる。具体的には、メールコンテンツ作成や配信予約、配信結果取得、配信停止処理といったメールマーケティングに必要な機能を、「WEB CAS」への管理画面へのログインなしで、外部システムからの操作のみで行うことが可能となる。これにより、クライアント毎に最適な運用フローの構築およびオペレーションの簡素化が実現する。 ・外部データベースとの配信リスト同期もスピーディに実現 クライアント様が既に利用しているデータベースと、メール配信システム間のスピーディな連携も、API連携で実現する。「WEB CAS e-mail」の配信リスト自動一括登録APIを活用することで、既存データベースと「WEB CAS...
続きを読む...
 
2183 / 2186 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ


Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!