twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース

Linux/OSSニュース



「日中間通信」の課題と攻略法(後編)――グレートファイアウォールはもう怖くない

 グレートファイアウォール(防火長城、以下「GFW」)は、中国の電信条例を根拠として通信事業者/ISPが通信内容の確認を行う仕組みのことで、中国国内で ...
続きを読む...
 

Xen Project Hypervisor 4.11 Brings Cleaner Architecture to Hypervisor Core Technologies

Latest release adds PVH functionality for better security and performance SAN FRANCISCO, July 10, 2018 – The Xen Project, hosted by The Linux Foundation, today announced the release of Xen Project Hypervisor 4.11. The latest release adds new PVH-related functionality to simplify the interface between the Xen Project Hypervisor/Support and operating systems bringing added security and performance. The release also contains mitigations for the Meltdown and Spectre vulnerabilities. The Xen Project Hypervisor is used by more than 10 million users, and powers some of the largest clouds in production today, including Amazon Web Services, Tencent, Alibaba Cloud, Oracle Cloud and IBM SoftLayer. It is the base for commercial virtualization products from Citrix, Huawei, Inspur and Oracle, and security solutions from Qubes OS, Bromium vSentry, A1Logic, Bitdefender, Star Lab’s Crucible Hypervisor, Zentific and Dornerwork’s Virtuosity. Long-term development goals of the Xen Project continue to focus on less code, a smaller trusted computing base (TCB), less complexity, ease of maintenance, and better performance as well as scalability. To support these goals, the Xen Project has re-architected the Hypervisor’s core technologies, which encompass all core functionality, such as x86 support, device emulation and boot sequence. The latest PVH-related functionality in Xen Project 4.11...
続きを読む...
 

Xen Project Hypervisor 4.11 Brings Cleaner Architecture to Hypervisor Core Technologies

Latest release adds PVH functionality for better security and performance SAN FRANCISCO, July 10, 2018 – The Xen Project, hosted by The Linux Foundation, today announced the release of Xen Project Hypervisor 4.11. The latest release adds new PVH-related functionality to simplify the interface between the Xen Project Hypervisor/Support and operating systems bringing added security and performance. The release also contains mitigations for the Meltdown and Spectre vulnerabilities. The Xen Project Hypervisor is used by more than 10 million users, and powers some of the largest clouds in production today, including Amazon Web Services, Tencent, Alibaba Cloud, Oracle Cloud and IBM SoftLayer. It is the base for commercial virtualization products from Citrix, Huawei, Inspur and Oracle, and security solutions from Qubes OS, Bromium vSentry, A1Logic, Bitdefender, Star Lab’s Crucible Hypervisor, Zentific and Dornerwork’s Virtuosity. Long-term development goals of the Xen Project continue to focus on less code, a smaller trusted computing base (TCB), less complexity, ease of maintenance, and better performance as well as scalability. To support these goals, the Xen Project has re-architected the Hypervisor’s core technologies, which encompass all core functionality, such as x86 support, device emulation and boot sequence. The latest PVH-related functionality in Xen Project 4.11...
続きを読む...
 

関西学院大、日本IBMと「AI活用人材育成プログラム」を始動

関西学院大と日本IBMは、人工知能(AI)分野で学生のキャリアを支援する共同プログラムを開始する。...
続きを読む...
 

セキュリティ担当者は自動化の課題に直面--ジュニパーネットワークス調査

ジュニパーネットワークスは、セキュリティ自動化に関する担当者の意識調査の結果を発表した。...
続きを読む...
 

SHIFT、システム性能改善サービスを提供開始

SHIFTは、グループ間での情報連携を活用した「システム性能改善サービス」を開始すると発表した。膨大なコミュニケーションコストを大幅に削減する。...
続きを読む...
 

アビーム、統合セキュリティ対策ソリューションを提供開始

アビームコンサルティングは、統合セキュリティソリューション「ABeam Security」の提供を開始すると発表した。...
続きを読む...
 

日立ハイテク、海外グループ5社で「SAP S/4HANA Cloud」を導入

日立ハイテクノロジーズの海外のグループ企業5社で「SAP S/4HANA Cloud」を導入した。...
続きを読む...
 

少量データによる複数の機械学習技術、NECが開発

NECは、収集データ量が少ない場合でも効果を得られるとする複数の機械学習技術を開発した。...
続きを読む...
 

中国ITのすごさを印象付けた10のモノ・コト

中国はすごいという声をよくネット上で目にするようになった。中国はすごいの中でも特に出てくるのが、「中国のITはすごい」という声だろう。昔の中国ITといえば、「海賊版天国」や「ファミコン互換機」をはじめとしたB級テイストのモノやコトばかりだったように思う。...
続きを読む...
 

フォーム作成管理ツール「formrun」、SPA導入で顧客管理を効率化

formrunは、問い合わせや申し込みなど20種類のテンプレートから選択し、必要項目の追加やテキストの入力だけで、ビジュアルの豊かなフォームを作成できる。...
続きを読む...
 

世界景気に対する悲観は行き過ぎか--景気敏感株は売られ過ぎ?

貿易戦争は世界景気に悪影響を及ぼすところまでエスカレートするだろうか?代表的な悲観論と楽観論を紹介し、検証する。...
続きを読む...
 

国内ソフト市場は前年比成長率5.8%、働き方改革などがけん引--IDC

IDC Japanは、国内ソフトウェア市場(パッケージソフトウェア、SaaS、PaaSの売上額)の2017年の実績と2018~2022年の予測を発表した。...
続きを読む...
 

AIアシスタントで顧客の心をつかむ--どれほど人間らしくあるべき?

AIテクノロジやボットが注目される中、人々はどれほど人間らしいAIアシスタントを必要としているのだろうか。顧客の問題を解決し、自動化の進む未来に対応しようとする企業が、さまざまなサービスを展開している。...
続きを読む...
 

HPEのスーパーコンピュータが脳のモデル化を支援--「Blue Brain」プロジェクト

脳の機能性解明に取り組むスイスの研究イニシアチブ「Blue Brain Project」がHPEのスーパーコンピュータを導入する。哺乳類の脳のデジタルモデルおよびシミュレーションを構築する予定だ。...
続きを読む...
 

シーメンスとAlibaba Cloud、産業用IoTで提携

シーメンスとAlibaba Cloudは、中国における産業用モノのインターネット(IoT)の構築で提携すると発表した。...
続きを読む...
 

ファーストサーバ、「Zenlogic」サービスを再開--経過観察中に

ファーストサーバは、レンタルサーバサービスで発生していた高負荷による障害が緩和されたとしてサービス提供を再開した。...
続きを読む...
 

「iOS 11.4.1」公開、ロック中のUSBアクセサリ接続を制限する機能が追加

アップルは米国時間7月9日、「iOS 11.4.1」を正式にリリースした。...
続きを読む...
 

ANA、顧客体験の管理システムを導入--アンケートの収集・分析でサービス向上

全日本空輸(ANA)は、クアルトリクスの顧客体験管理(CEM)システム「Qualtrics Customer Experience Management Platform」を導入した。クアルトリクスが7月5日に発表した。...
続きを読む...
 

ウェブの時代はもう終わり--CMSを扱うようにスマホアプリを開発できる「yappli」

「ローコード/ノーコードプラットフォーム」をテーマにした第4回。今回は「Forguncy(フォーガンシー)」を提供するグレープシティに話を聞いた。...
続きを読む...
 
7 / 1961 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/07/06 2018年 7月 05日
  2. Today's Linux 2018/07/09 2018年 7月 08日
  3. Today's Linux 2018/07/10 2018年 7月 09日
  4. Today's Linux 2018/07/11 2018年 7月 10日
  5. Today's Linux 2018/07/12 2018年 7月 11日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!