twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース

Linux/OSSニュース



PR: 機能美ここに極まる。光学12倍プレミアムモデル。

ソリッドなデザインに、多彩な機能を凝縮。IXY 1/IXY 3デビュー。 Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

NECと日本MS、大企業向けクラウドで協業拡大--まずはコラボ分野で展開

NECと日本マイクロソフトは、大企業向けクラウド事業で協業を拡大する。第1弾としてコラボレーション分野で協業していく。...
続きを読む...
 

日本オラクルがJD Edwardsの最新版を投入、IBM環境のサポートを改めて表明

 日本オラクルはERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」の最新版を発表した。...
続きを読む...
 

NECとマイクロソフトが戦略協業、ワークスタイル変革ソリューションをグローバル展開

NECと日本マイクロソフトは2012年4月6日、大企業向けクラウド事業の戦略協業の拡大を発表。その第1弾として、コミュニケーション・コラボレーション分野のソリュ ...
続きを読む...
 

アカマイの日本法人社長に徳永信二氏が就任

アカマイ・テクノロジーズは2012年4月6日、徳永信二氏が日本法人社長に4月1日付けで就任したと発表した。現在、職務執行者会長を務める小俣修一氏は、徳永氏への職 ...
続きを読む...
 

ウィルコムの累計契約数が過去最高を突破

ウィルコムは2012年4月6日、累計契約数が過去最高を突破したと発表した。3月末時点の累計契約数は468万1600件(うちPHSは455万6400件、3Gは12 ...
続きを読む...
 

日産CIO 行徳氏「ビジネスを変革するソリューションの提供がIS部門の役割」

日産でCIOを務める行徳セルソ氏が、自社のIT戦略と改革について語った。行徳氏は「日産のグローバルISのビジョンは明確だ」と述べている。...
続きを読む...
 

PR: ◇技術者必見◇マイクロソフトが無料でここまで!?

マイクロソフトの知られざる充実支援サービスをイラストで一挙ご紹介 Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

オラクル、インメモリ型BIアプリケーション--業種業務向けに拡充

米オラクルはインメモリ型BIアプリケーションの「Oracle Manufacturing Analytics」と「Oracle Enterprise Asset Management Analytics」を発表した。ビジネスアナリティクス強化の一環になる。...
続きを読む...
 

日立、マレーシアの金融IT企業を買収へ--グローバル化加速させる

日立がマレーシアの金融IT企業をTOBで買収する。国外企業のM&Aを積極的に進める日立、この分野の買収は国内外で初だという。...
続きを読む...
 

オラクル、データ検出アプリケーション提供--エンデカ製品を改良

米オラクルは企業向けデータ検出アプリケーション「Oracle Endeca Information Discovery」の提供開始を発表した。同ソフトウェアは2011年10月に買収を発表した米エンデカが開発していた。...
続きを読む...
 

2012年4月6日号 MAAS(Metal as a Service)プロジェクトの公開・日本語Remixのリリース予定・Ubuntu StudioのLTS化・FCM#59・UWN#259 ── Ubuntu Weekly Topics

12.04はBeta2から最終版へのスパートにあります。大量のUIFe等の風物詩を見せつつ,一方ではUbuntu StudioがLTS(ただし3年間)になるという快挙を成し遂げました。...
続きを読む...
 

PR: ◇技術者必見◇マイクロソフトが無料でここまで!?

マイクロソフトの知られざる充実支援サービスをイラストで一挙ご紹介 Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

オラクル、SAPシステム向け新BIアプリケーション

米オラクルは、SAPシステム向けの新しいビジネスインテリジェンスアプリケーション2つと、すでに提供を始めている財務分析アプリケーションの機能強化を発表した。...
続きを読む...
 

2012年4月6日号 MAAS(Metal as a Service)プロジェクトの公開・日本語Remixのリリース予定・Ubuntu StudioのLTS化・FCM#59・UWN#259 ── Ubuntu Weekly Topics

12.04はBeta2から最終版へのスパートにあります。大量のUIFe等の風物詩を見せつつ,一方ではUbuntu StudioがLTS(ただし3年間)になるという快挙を成し遂げました。...
続きを読む...
 

IIJとACCESS、OpenFlow/SDN開発の合弁会社を設立

インターネットイニシアティブ(IIJ)とACCESSは2012年4月5日付けで、SDN(SoftwareDefinedNetwork)を実現するソフトウェアの研 ...
続きを読む...
 

Ubuntu製品に期待するものは?--ユーザー調査

「Ubuntu」はサーバやクラウドといった分野への参入を果たし、今後はテレビやタブレット、スマートフォンといった分野にも製品を投入する予定だ。本記事では、同OSがどのようなユーザーに利用されているのか、そして今後のUbuntu製品に対する彼らの期待を紹介する。...
続きを読む...
 

viエディタで「%」を押すとどうなる?(今日の腕試し!)

 viエディタのコマンドモードで「%」記号を入力するとどうなりますか?...
続きを読む...
 

リスモン、カスタマイズ可能な与信管理サービスをクラウド型で提供を開始

 与信管理ASPサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都千代田区、以下 リスモン)は、与信管理クラウドサービスを新サービスとして、2012年3月より一部会員企業での稼動を開始した事を2012年4月5日に発表した。  現在、リスモンが提供している与信管理ASPサービスは、会員共通の画面で格付や与信限度額等の与信管理指標などを提供するサービス。それに対して、今回稼働を開始した与信管理クラウドサービスは、企業内の各システムに格納されている情報およびリスモンの与信管理指標などを連携させて一元管理できるようにするなど、ユーザニーズに合わせてカスタマイズしたサービスを提供するとしている。  同サービスを利用する事により、リスモンが保有している250万社の最新の格付情報を即時に照会でき、自社の債権管理情報などの取引先情報も合わせて一元的に管理する事ができる為、取引先管理業務に活用ができる。また、ワークフロー機能を提供し、与信限度申請などの与信管理に関する申請業務の付加軽減が行えるとしている。 ■与信管理クラウドサービスの特徴は以下。 ・与信管理情報の統合管理 ・債権・限度額管理情報のオープン化 ・自社格付システムの構築 ・ワークフローの効率化 【関連】...
続きを読む...
 

グーグル、フェイスブックがNW機器の調達先をシフトさせている理由――米Pica8社のOpenFlowスイッチが日本上陸

OpenFlowやSDN(SoftwareDefinedNetwork)への関心が高まるなか、また1社、OpenFlowスイッチベンダーが日本に本格上陸する。O ...
続きを読む...
 
1717 / 1779 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/01/10 2018年 1月 09日
  2. Today's Linux 2018/01/12 2018年 1月 11日
  3. Today's Linux 2018/01/15 2018年 1月 14日
  4. Today's Linux 2018/01/16 2018年 1月 15日
  5. Today's Linux 2018/01/17 2018年 1月 16日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!