twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース

Linux/OSSニュース



「Adobe Reader」の脆弱性を研究者が指摘--アドビはセキュリティアップデート公開

「Adobe Reader」に影響する脆弱性が報告された。攻撃されるとハッシュ化されたパスワード値が盗まれる恐れがあるという。アドビは12日、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを公開し、多数の脆弱性を修正している。...
続きを読む...
 

MSが2月の月例セキュリティパッチを公開--IEのゼロデイ脆弱性のパッチも

マイクロソフトは2月の月例セキュリティパッチを公開し、さまざまな製品の77件の脆弱性を修正した。この中には、すでに悪用されているInternet Explorerのゼロデイ脆弱性も含まれている。...
続きを読む...
 

ゲイツ夫妻、恒例の年次書簡でトイレやDNA検査キットの重要性を指摘

慈善事業に取り組むビル&メリンダ・ゲイツ財団が恒例の年次書簡を発表。DNAキットの普及やトイレの改善を訴えた。...
続きを読む...
 

「Oracle Blockchain Platform 19.1.3」リリース--ブロックチェーンアプリを既存システムと統合しやすく

オラクルは米国時間2月12日、「Oracle Blockchain Platform」に複数の新機能を追加したと発表した。...
続きを読む...
 

NISAでよくある勘違い・失敗談

2月13日は、「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)の日」。筆者がよく聞くNISAの勘違い・失敗談について解説する。同じ失敗をしないように気をつけていただきたい。...
続きを読む...
 

グーグル、2018年の脆弱性報告者への報奨は計340万ドル

グーグルは、「Android」と「Chrome」などの脆弱性発見の報告に対し、2018年に総額340万ドル(約3億7500万円)の報奨金を支払った。...
続きを読む...
 

IBM、ハイブリッドクラウドの導入を支援する新ツールやサービス群を発表

IBMは米国時間2月12日、ハイブリッドクラウドの導入を支援する一連のツールとサービスを発表した。...
続きを読む...
 

IBM、AI「Watson」をマイクロサービス化--マルチクラウドで実行可能に

IBMは米国時間2月12日、米国サンフランシスコで開催の年次カンファレンス「IBM Think 2019」で、人工知能(AI)製品「IBM Watson」をマイクロサービス化し、マルチクラウド環境で利用可能にすると発表した。...
続きを読む...
 

中国人がスマートスピーカーを使わない理由

米国でスマートスピーカーが発売されるや、中国でも追随するように同種の製品が登場した。使い勝手は良いが、どうにも普及しないのはなぜか。...
続きを読む...
 

IT業界の「ポスト2020仮説」--2020年以降に本格化すると見られる10の仮説

デジタル技術の進展が急速に進む中、IT業界にも大きな変動が予想されます。今回は2020年以降に本格化すると見られるIT業界の動向に関する仮説を取り上げます。...
続きを読む...
 

サイバーセキュリティの世界における"敵対的AI"にどう備えるか--CylanceのCEOが語る

マルウェアを検知する人工知能(AI)システムの構築に携わる専門家であり、セキュリティ企業Cylanceの最高経営責任者(CEO)であるスチュアート・マクルーア氏に、今後台頭してくるであろう"敵対的AI"システムについて、そしてAIを搭載したセキュリティシステムを構築するうえで必要となるポイントについて語ってもらった。...
続きを読む...
 

sXGPは秋に立ち上がる! EPC搭載アクセスポイントの価格は10万円台

 「2018年度中は、パートナーであるSIerなどによる評価が進められ、2019年春からはユーザー企業による試験導入が始まる。実際に企業で使われるよう ...
続きを読む...
 

内側も信用できない--これからのセキュリティはIDが基準:マイクロソフト提言

企業システムのクラウド移行が進む中でマイクロソフトは、セキュリティ対策を従来のネットワーク境界からIDをベースとするアプローチに変化すべきだと主張する。...
続きを読む...
 

「世界のどこにいても適材を認識できる」--日立は人事SaaSをどう使っているのか?

日立製作所はグローバル人事基盤として「Workday」を導入している。この取り組みを統括するLevent Arabaci氏は、「世界のどこにいても、その仕事に適した人を探せる」と話す。...
続きを読む...
 

中小企業がIoTを使いこなすまで--東京都が進める支援事業の狙い

東京都は、2018年度から5年間の「中小企業のIoT化支援事業」を推進する。IoTの啓発にとどまらず、“使いこなす”までを目標に掲げる取り組みについて都立産業技術研究センターに話を聞いた。...
続きを読む...
 

「サポート詐欺」に新たな手口--シマンテックやトレンドマイクロを名乗る

ウイルス感染やシステムトラブルなどの偽の警告画面でユーザーをだます「サポート詐欺」に、セキュリティソフト会社を名乗る手口が見つかった。...
続きを読む...
 

これからの最高デジタル責任者に求められる役割

デジタル化による組織の変革を担う役割として、最高デジタル責任者(CDO)は存在感を示してきたが、デジタル化の進展に伴い、今後役割や意義が変化していく可能性もある。...
続きを読む...
 

「Docker」「Kubernetes」などに使われるコンテナランタイム「runc」に脆弱性

コンテナのセキュリティに関する最も大きな懸念の1つは、悪意のあるプログラムに感染し、それがコンテナ外に影響し、ホストシステムの攻撃に使われることだろう。ところが実際に、そのように悪用されかねないセキュリティホールが見つかった。ログラムに感染し、それがコンテナ外に漏れて、ホストシステムの攻撃に使われることだろう。...
続きを読む...
 

セールスフォースが「Health Cloud」を更新--健康の社会的決定要因などに焦点

患者が診察室で話す内容のほかにも、さまざまな要因が健康に影響を及ぼす可能性があることは広く認められている。それは健康の社会的決定要因と呼ばれ、交通機関へのアクセスや居住地域の安全性などが含まれる。Salesforceの「Health Cloud」の最新バージョンでは、医療提供者と費用負担者(例えば、保険会社や雇用主など)はそうした情報を文書化して、患者との関わり方に反映させることができる。...
続きを読む...
 

待っていた下落局面、日本株は再び買い場と判断--トランプ式「米中交渉」の行方

先週の日経平均は「トランプ発言」を受けて急落した。筆者はこれを過剰反応と考えている。その理由を3つ挙げて解説する。...
続きを読む...
 
3 / 2105 ページ

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!