twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース

Linux/OSSニュース



NPOの情報発信力を強化「やまなし絆ネットワーク」--日本MSが支援

山梨県などが市民活動の情報発信力の強化を目的に、ポータルをWindows Azure上に構築した。TwitterやFacebookなどとも連携している。...
続きを読む...
 

2012年3月13日 23日,FreeBSDベンダサミット開催 - 参加企業募集 ── FreeBSD Daily Topics

今月の23日,AsiaBSDCon 2012に併設する形でFreeBSDベンダサミットの開催を企画しています。...
続きを読む...
 

地方都市から情報発信するモデルになる--トライポッドワークス 佐々木社長

震災復興に尽力するトライポッドワークスの佐々木賢一社長は「地域コミュニティの努力だけでは、どうにもならない」という。これはビジネス面でも同様のことが言えそうだ。...
続きを読む...
 

PR: リモートオフィスソリューションでビジネスが変わる!

専用スマホで電話にかかるトータルコストの削減と安全・便利なオフィス環境を実現! Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

富士通研、ビッグデータからクラウドに効率収集する技術--通信量100分の1に

富士通研究所は、クラウドに収集される大量の実世界のデータを、ネットワークを中継するデートウェイを介して効率的に収集する分散処理技術を開発した。...
続きを読む...
 

日本OSS貢献者賞に法林浩之氏ら、奨励賞に中学生開発者やRubyの会、sinsai.infoなど(ニュース)

 日本OSS推進フォーラムは2012年3月13日、「第7回 日本OSS貢献者賞」および「第7回 日本OSS奨励賞」の受賞者を選定した。日本OSS貢献者賞に法林浩之氏や平松雅巳氏ら4人、日本OSS奨励賞の個人部門に中学生開発者の福森匠大氏や矢倉大夢氏ら5人、団体部門に日本Rubyの会やsinsai.info、下北沢オープンソースCafeが選ばれた。...
続きを読む...
 

通信機器製造のヨコオ、グループウェアとメールをSaaS型に刷新

通信機器などを製造するヨコオはグループウェアとメールシステムをSaaS型に刷新している。...
続きを読む...
 

住友生命、営業端末にWindowsの専用スレートPC4万台導入

住友生命は営業職員の新しい携帯端末として4万台の専用スレートPCを導入する。7月から約3万人が利用を開始する。...
続きを読む...
 

PR: 光の天使キャラの声を募集中。

音声を投稿するだけでどなたでも参加できます。 Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

日本HP、クラウドやモバイル環境をセキュリティリスクから守る企業向け製品群を発表

日本HPは、企業が利用するクラウドサービスやモバイル環境、自社構築システムをサイバー攻撃などのリスクから守るためのセキュリティ製品群を発表した。...
続きを読む...
 

Oracle EBSをライフサイクルで最適化するサービス--SCSKなど3社が提供

SCSK、東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)、日本ユニシスの3社はERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」のライフサイクルを最適化する「Oracle EBS最適化サービス」を4月1日から提供する。...
続きを読む...
 

防御と検知の投資バランスを見直すべきだ--RSAの最高情報セキュリティ責任者

RSAで最高情報セキュリティ責任者を務めるエドワード・シュワルツ氏は、セキュリティ技術をさまざまな切り口で評価しているという。...
続きを読む...
 

Linux Mint最新版、最軽量デスクトップを搭載

Linux Mintの開発チームは9日(米国時間)、Linux Mintの最新版に「Linux Mint 12 LXDE」を新たにラインアップに加えた。Linux Mint 12は、Ubuntu 11.10をベースに開発されたLinuxディストリビューションで昨年の11月末に公開されている。Ubuntuとは異なる独自のUIを採用することでユーザに受け入れられている。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/8mSdwisfjdyR/6aa3590acd1637021a1d17e8dc7b64a6"/>...
続きを読む...
 

「Wine 1.4」ついに登場 - 2年ぶりの最新版

Wineプロジェクトが、Wineの最新版を公開した。Wineは、Windows向けのアプリケーションを他のOS上でネイティブに動作させることを目的に開発されている互換レイヤ。公開されたのは最新の安定版「Wine 1.4」で、2010年7月に公開されたWine 1.2より20ヵ月が経過している。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/8mSdwisfjdyR/1c5184ec507b62e55e2074349e2a7027"/>...
続きを読む...
 

PR: 光の天使キャラの声を募集中。

音声を投稿するだけでどなたでも参加できます。 Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

「Windows 8 Consumer Preview」--良い点と悪い点、それに最悪な点

マイクロソフトの次期OSである「Windows 8」のベータ版である「Windows 8 Consumer Preview」が一般ユーザー向けに公開された。そこで、仮想マシンと物理マシンの双方で試用したファーストインプレッションを報告する。...
続きを読む...
 

日本最大級のWi-Fiストリート「福岡・天神地下街」

天神地下街(福岡市中央区)は、九州最大の繁華街である天神の渡辺通り直下、地下鉄空港線天神駅から地下鉄七隈線天神南駅の間を含めた約600メートルにわたって南北に走 ...
続きを読む...
 

フリービット、クラウドデータセンターのOEMサービス「YouriDC」の提供開始を発表

 フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下、フリービット)は、データセンター事業者、ISP、SIer、CATV事業者、コンテンツ事業者など、クラウドデータセンターサービスへの参入を検討している企業に対して、柔軟なクラウド・サービスの事業展開をするための新OEMサービス「YouriDC」の提供開始を発表した。  「YouriDC」は、クライアント企業が、競争力のある独自のクラウド・サービスを展開するために、多くの実績を持つフリービットのクラウドを利用できるサービス。クライアント企業は、「新卒の給与程度」の月額費用だけで、インフラなどを購入することなく、クラウドサービスの展開が可能になるという。同サービスでは、IPv6にも対応した、容量60GBのクラウドを利用する事ができる。また、全国300を超えるISPに対して導入されてきた、インターネットインフラOEMサービス「YourNet」と互換性のあるサービスAPIの提供し、「YourNet」の重要な差別化要因である、クライアント企業によるAPI経由の独自サービス構築という柔軟性を提供するとしている。 「YoriDC」の特長は以下。 ・低単価で独自クラウド・サービスの事業展開が可能。 ・全国300を超える導入・運用実績 ・IPv6対応の大容量60GB ・仮想サーバーやネットワーク環境、ファイアウォール設定等を、ブラウザーからフルコントロール ・DR(ディザスタリカバリー)対策も万全 ・安心の運用監視サービスや、電話サポートサービスをオプションで選択可能 【関連】...
続きを読む...
 

米HP、アマゾンと同様のパブリッククラウドを2カ月以内に開始か

HPが2カ月以内に「Amazon Web Services」と同様のパブリッククラウドサービスを開始する予定であると、米New York TimesのBits blogが伝えた。...
続きを読む...
 

au Wi-Fi SPOTのスポット数が8万突破

KDDIは2012年3月12日、公衆無線LANサービス「auWi-FiSPOT」のスポット数が8万を突破したと発表した。2月17日に7万スポットを突破しており、 ...
続きを読む...
 
2082 / 2129 ページ

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!