twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home ニュース

Linux/OSSニュース



クラウド上のデータ管理を誤解する企業多数--ウィンマジック調べ

ウィンマジックは1000人以上のIT意思決定者にアンケートし、ビジネス上の利点がある一方、セキュリティ、管理、コンプライアンスに関する課題に直面していることが明らかになった。...
続きを読む...
 

グーグル、機械学習モデルの構築を自動化する「Cloud AutoML」を発表

グーグルは米国時間1月17日、「Cloud AutoML」を発表した。機械学習モデルの自動作成を可能にするものだ。...
続きを読む...
 

グーグル、機械学習モデルの構築を自動化する「Cloud AutoML」を発表

グーグルは米国時間1月17日、「Cloud AutoML」を発表した。機械学習モデルの自動作成を可能にするものだ。...
続きを読む...
 

HPE次期CEOに聞く次の一手--ライバルはパブリッククラウド

エンタープライズハードウェアベンダー大手Hewlett Packard Enteprise(HPE)の最高経営責任者(CEO)が2018年2月1日に交代する。現職のMeg Whitman氏からバトンを引き継ぐのはAntonio Neri氏。プレジデントとして数年がかりでWhitman氏とともに戦略立案に関わってきた人物だ。...
続きを読む...
 

歴史を変える「The Machine」の価値

こんにちは。日本ヒューレット・パッカード オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストの古賀政純です。東京五輪が開催される2020年、世界人口は80億人に迫り、社会インフラ・デバイスの数は約1000億、アプリケーションの数は1兆、そして、これらのシステムから生成されるデータは、40ゼタバイトを超えるといわれています。...
続きを読む...
 

HPE次期CEOに聞く次の一手--ライバルはパブリッククラウド

エンタープライズハードウェアベンダー大手Hewlett Packard Enteprise(HPE)の最高経営責任者(CEO)が2018年2月1日に交代する。現職のMeg Whitman氏からバトンを引き継ぐのはAntonio Neri氏。プレジデントとして数年がかりでWhitman氏とともに戦略立案に関わってきた人物だ。...
続きを読む...
 

歴史を変える「The Machine」の価値

こんにちは。日本ヒューレット・パッカード オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストの古賀政純です。東京五輪が開催される2020年、世界人口は80億人に迫り、社会インフラ・デバイスの数は約1000億、アプリケーションの数は1兆、そして、これらのシステムから生成されるデータは、40ゼタバイトを超えるといわれています。...
続きを読む...
 

PR: 防災ボランティアの支援を生かすもう一つの力-政府広報

ボランティアを上手に受け入れるなど、被災地側の力も大切です。詳しくはこちら Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

クラウドがデータレイクの“実質標準”になる--2018年展望

2018年のビッグデータ業界の展望を予想する。マルチクラウド対応やデータパイプラインが重要な課題になるほか、クラウドストレージがデータレイクのデファクト標準になるだろう。...
続きを読む...
 

PR: 防災ボランティアの支援を生かすもう一つの力-政府広報

ボランティアを上手に受け入れるなど、被災地側の力も大切です。詳しくはこちら Ads by Trend Match...
続きを読む...
 

クラウドがデータレイクの“実質標準”になる--2018年展望

2018年のビッグデータ業界の展望を予想する。マルチクラウド対応やデータパイプラインが重要な課題になるほか、クラウドストレージがデータレイクのデファクト標準になるだろう。...
続きを読む...
 

スマートフォンからサーバへ進出するARMプロセッサ(前編)

モバイルCPUで圧倒的なシェアを持つARMだが、その低消費電力性などの特徴を生かしてサーバに利用する試みが進められてきた。前編ではその歴史を解説する。...
続きを読む...
 

経営層の株式売却はセキュリティ問題発覚の予兆にもなる--マカフィー

マカフィーが最近のセキュリティ事件を解説し、企業の経営層や幹部が自社株を大量に売却するといった動きに注視すべきと述べた。...
続きを読む...
 

経営層の株式売却はセキュリティ問題発覚の予兆にもなる--マカフィー

マカフィーが最近のセキュリティ事件を解説し、企業の経営層や幹部が自社株を大量に売却するといった動きに注視すべきと述べた。...
続きを読む...
 

シェルスクリプトに挑戦しよう(1)準備編

シェルの大きな魅力の1つが「シェルスクリプト」です。よく実行するコマンドをまとめたり、繰り返し処理を簡単に行ったりするなど、さまざまな形で応用できます。今回は、準備編として、シェルスクリプトの基礎となる文法を解説します。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/fFeb4sdV7vMZ/efc60ed6d602e298e69582dfda05aa1a"/>...
続きを読む...
 

【 env 】コマンド――環境変数を指定してコマンドを実行する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、環境変数を指定してコマンドを実行する「env」コマンドです。...
続きを読む...
 

Open Source Networking and a Vision of Fully Automated Networks

Arpit Joshipura, Networking General Manager at The Linux Foundation, discussed open source networking trends at Open Source Summit Europe. Ever since the birth of local area networks, open source tools and components have driven faster and more capable network technologies forward. At the recent Open Source Summit event in Europe, Arpit Joshipura, Networking General Manager at The Linux Foundation, discussed his vision of open source networks and how they are being driven by full automation. “Networking is cool again,” he said, opening his keynote address with observations on software-defined networks, virtualization, and more. Joshipura is no stranger to network trends. He has led major technology deployments across enterprises, carriers, and cloud architectures, and has been a steady proponent of open source. “This is an extremely important time for our industry,” he said. “There are more than 23 million open source developers, and we are in an environment where everyone is asking for faster and more reliable services.” Transforming telecom As an example of transformative change that is now underway, Joshipura pointed to the telecom industry. “For the past 137 years, we saw proprietary solutions,” he said. “But in the past several years, disaggregation has arrived, where hardware is separated from...
続きを読む...
 

Open Source Networking and a Vision of Fully Automated Networks

Arpit Joshipura, Networking General Manager at The Linux Foundation, discussed open source networking trends at Open Source Summit Europe. Ever since the birth of local area networks, open source tools and components have driven faster and more capable network technologies forward. At the recent Open Source Summit event in Europe, Arpit Joshipura, Networking General Manager at The Linux Foundation, discussed his vision of open source networks and how they are being driven by full automation. “Networking is cool again,” he said, opening his keynote address with observations on software-defined networks, virtualization, and more. Joshipura is no stranger to network trends. He has led major technology deployments across enterprises, carriers, and cloud architectures, and has been a steady proponent of open source. “This is an extremely important time for our industry,” he said. “There are more than 23 million open source developers, and we are in an environment where everyone is asking for faster and more reliable services.” Transforming telecom As an example of transformative change that is now underway, Joshipura pointed to the telecom industry. “For the past 137 years, we saw proprietary solutions,” he said. “But in the past several years, disaggregation has arrived, where hardware is separated from...
続きを読む...
 

Open Source Networking and a Vision of Fully Automated Networks

Arpit Joshipura, Networking General Manager at The Linux Foundation, discussed open source networking trends at Open Source Summit Europe. Ever since the birth of local area networks, open source tools and components have driven faster and more capable network technologies forward. At the recent Open Source Summit event in Europe, Arpit Joshipura, Networking General Manager at The Linux Foundation, discussed his vision of open source networks and how they are being driven by full automation. “Networking is cool again,” he said, opening his keynote address with observations on software-defined networks, virtualization, and more. Joshipura is no stranger to network trends. He has led major technology deployments across enterprises, carriers, and cloud architectures, and has been a steady proponent of open source. “This is an extremely important time for our industry,” he said. “There are more than 23 million open source developers, and we are in an environment where everyone is asking for faster and more reliable services.” Transforming telecom As an example of transformative change that is now underway, Joshipura pointed to the telecom industry. “For the past 137 years, we saw proprietary solutions,” he said. “But in the past several years, disaggregation has arrived, where hardware is separated from...
続きを読む...
 

IDC市川氏「まだまだ働き方改革の啓蒙活動する必要がある」――国内働き方改革ICT市場予測

IDCJapanの国内働き方改革ICT市場予測によれば、ICT市場全体のなかでも、働き方改革ICT市場の成長率は高い。2016~2021年にかけて、ICT市場の ...
続きを読む...
 
5 / 1777 ページ
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/01/10 2018年 1月 09日
  2. Today's Linux 2018/01/12 2018年 1月 11日
  3. Today's Linux 2018/01/15 2018年 1月 14日
  4. Today's Linux 2018/01/16 2018年 1月 15日
  5. Today's Linux 2018/01/17 2018年 1月 16日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!