twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home OSSナビ リーガル ライセンス

リーガル コンプライアンス

(1) ライセンスの概念

通常、人々がフリー ソフトウェア、オープン ソース、OSS、または FOSS といった用語を使用するときは、ソフトウェアの使用、研究、共有、および改良を認めているライセンスについて話題にしています。

しかしすべての FOSS ライセンスが同じわけではありません。どれもみなソフトウェアの使用、研究、共有、および改良は許可していますが、中には複雑なライセンスも存在します。たとえば、ソフトウェアの使用、研究、共有、および改良だけを許可する単純なライセンスもあれば、パテント、配布方法、コピーレフトなどのテーマに関するさまざまな基準の条件が含まれるものもあります。

コピーレフト (Copyleft) というのは、プロプライエタリなソフトウェア ライセンスに慣れている方々にとっては新しい概念でしょう。コピーレフトとは、将来の使用者に権利を提供するための概念です。FOSS だけを対象にしたものではありませんが、FOSS ライセンスにおいては、通常使用されています。

FOSS ライセンス基準の例を挙げましょう。

 

寛容なライセンス (Permissive licenses)

•  あなたはそのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

 

弱いコピーレフト

•  あなたはそのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

•  将来の使用者のすべてが、そのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

•   ただし、このコードを異なる条件を持つコードにリンクすることはできません。

 

強いコピーレフト

•  あなたはそのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

•  将来の使用者のすべてが、そのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

•  リンクされるすべてのコードが共通の条件を持ちます。

 

ネットワーク コピーレフト

•  あなたはそのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

•  将来の使用者のすべてが、そのコードを使用、研究、共有および改良することができます。

•  リンクされるすべてのコードが共通の条件を持ちます。

•  これらの権利は、ネットワーク (インターネット) を介して保持されます。

 

ライセンスが異なると、メリットやコストの組み合わせが異なります。最も一般的なライセンスは、GNU GPLv2 (GNU General Public License version 2: GNU 一般公衆利用許諾書 バージョン 2) です。Black Duck Software の統計によれば、全プロジェクトのうち 48% を超えるプロジェクトで GNU GPLv2 が使用されています。2 番目に一般的なライセンスは、GNU LGPLv2.1 (GNU Lessor General Public License version 2.1: GNU 劣等一般公衆利用許諾契約書 2.1) であり、9% 以上のプロジェクトで使用されている弱いコピーレフト ライセンスです。

 

(2) 共通ライセンスの例

 

寛容なライセンス (Permissive licenses)

•  修正 BSD ライセンス (New BSD license)。三条項 BSD ライセンス (three-clause BSD license) とも呼ばれる。非コピーレフト ライセンスで、 GNU GPL version 2 および 3 と互換。

•  Apache version 2 ライセンス。非コピーレフト ライセンスで、GNU GPL version 3 と互換。

 

弱いコピーレフト

•  GNU LGPLv2.1 (GNU Lessor General Public License version 2.1: GNU 劣等一般公衆利用許諾契約書 2.1)。弱いコピーレフト ライセンスで、GNU GPL version 2 および 3 と互換。

•  MPLv1.1 (Mozilla Public License version 1.1)。弱いコピーレフト ライセンスで、 GNU GPLv2 および GPLv3 と互換性なし。

 

強いコピーレフト

•  GNU GPLv2 (GNU General Public License version 2)。強いコピーレフト ライセンス。多くの環境で GNU GPLv3 にアップグレードされる可能性があるが、GNU GPLv3 と互換性はない。

•  GNU GPLv3 (GNU General Public License version 3 )。強いコピーレフト ライセンスで、GNU GPLv2 と互換性なし。

 

ネットワーク コピーレフト

•  AGPLv3 (AGNU Affero General Public License version 3: GNU Affero 一般公衆利用許諾契約書 3)。ネットワーク コピーレフト ライセンス。場合によっては GNU GPLv3 コードを含むプロジェクトに含められる可能性があるが、GNU GPLv2 との互換性はない。

 

(3)The Linux kernel license (Linux カーネル ライセンス)

 

最も一般的な FOSS ライセンスは、GNU GPLv2 (GNU General Public License version 2) という強いコピーレフト ライセンスで、GNU GPLv3 と互換性がありません。Black Duck Software の統計によれば、全プロジェクトのうち 48% を超えるプロジェクトで GNU GPLv2 が使用されています。GNU GPLv2 は、Linux カーネルで使用するライセンスとして、多くの企業に良く知られています。

Linux カーネルの法的境界を理解する鍵は、GNU GPLv2 を理解することです。このライセンスの考案元である Free Software Foundation では、「よくある質問」として詳細情報を提供しています。ただし Linux カーネルで使用されている GNU GPLv2 には、2 つの大きな特徴があります。

1.   Linux kernel license は GNU GPL のバージョン 2 ですが、これには、ユーザーによる GNU GPLv3 への自動アップグレードを許可する “or any later version” (またはそれ以降のバージョン) という文言は含まれていません。つまり Free Software Foundation から配布されているデフォルトの GNU GPLv2 ライセンスとは異なります。

2.  GNU GPLv2 の条件でもカバーされるべき派生作品としての Linux カーネル モジュールのステータスが、明確ではありません。著作権 (コピーライト) 所有者の意見書では、「カーネル モジュールはデフォルトで派生作品だが、それらが "パブリック" のインタフェースだけを使用している場合は、状況によっては ”派生ではない" とみなすことができる」ように提案しています。GNU GPLv2 の条件下ですべてのカーネル モジュールをリリースすることに異論を唱える開発者はほとんどいないでしょう。ただしバイナリ モジュールのリリースの可能性を探ろうとしている企業はあるかもしれません。

Linux カーネル ライセンスに関する GNU GPL の議論については、Wikipedia で詳しく説明されています。

 

(4) ライセンスに関する詳細情報 (英語)

 

基礎知識

What is software licensing?

The Free Software Definition

The Open Source Definition (annotated)

Understanding Open Source Software

Why Open Source Software / Free Software

What is Copyleft?

Open Source Software / Free Software (OSS/FS) References

Free/Libre Open Source Software: a guide for SMEs (PDF version)

Contributor Agreements

 

経済分析

IDC: Linux-Related Spending Could Top $49B by 2011

Gartner: 85 percent of companies using open source

Gartner: 80% of commercial apps to use open source by 2012

The impact of Free/Libre/Open Source Software on innovation and competitiveness of the European Union

The Emerging Economic Paradigm of Open Source

The Economic Motivation of Open Source Software: Stakeholder Perspectives

 

ビジネス ケース スタディ

IBM case studies

Red Hat case studies

HP case studies

 

コード管理

Gartner says companies need a FOSS policy

FOSS Governance Fundamentals [PDF]

How to Evaluate Open Source Software / Free Software

FOSS Governance Maturity Self Assessment Survey

Categories of Free and Non-Free Software

A legal issues primer for Open Source and Free Software projects

Open Source Licensing [freely available book by ex-General Counsel of OSI]

The Touchier Points of Determining the License of an Open Source Project

Frequently Asked Questions about the GNU Licenses

From Policy to Process: Best Practices for Creating an Open Source Governance Process

U.S. Department of Defense (DoD) Clarifying Guidance Regarding Open Source Software (OSS) [Notes on the memo from D. A. Wheeler]

Generally Recognized as Mature (GRAM) OSS/FS programs

 

コードの結合

A list of popular FOSS licenses and their compatibility with GPLv2 or v3

FSF's GPL license family compatibility matrix

The Free-Libre / Open Source Software (FLOSS) License Slide

Maintaining Permissive-Licensed Files in a GPL-Licensed Project: Guidelines for Developers

An Analysis of the Eclipse Public License (version 1.0) and GNU General Public License (version 2.0) and the Interaction of Works Licensed Thereunder [PDF]

MySQL FOSS License Exception to allow incompatible code to be mixed

Licensing and Packaging for Virtual Appliances [PDF]

 

コードのリリース

How to use the GNU licenses for your own software

Producing Open Source Software: How to Run a Successful Free Software Project

Contributor Agreement for copyright assignment

Releasing Free/Libre/Open Source Software (FLOSS) for Source Installation

 

問題の防止と解決

Practical guide to GPL compliance

Useful GPLv2 compliance tips for vendors

Reporting and fixing violations

Reporting violations of GNU licenses

How gpl-violations.org discovers license violations in embedded products [PDF]

 

コミュニティとのかかわり

The Art of Community (PDF download)

The Enterprise Community Management Cookbook

The Open Source Community Management Cookbook

 

ソフトウェアのパテント

The Most Important Software Innovations

On FOSS, IP Laws, and Expanding Legal Choices

A New Paradigm For Intellectual Property Rights In Software

IBM Pledges Not To Use Patents Against Linux

Patent license agreement to encourage innovation in FOSS [Rationale]

Community patent review: Peer to Patent

Japanese Patent Office pilot of Peer to Patent [PDF]

Red Hat Makes History With Patent Settlement - Compatible with GPLv3

Software patents under the European Patent Convention

Federal Supreme Court Rules in Orange Book Standard (Germany)

 

標準化

Analysis on balance: Standardisation and Patents, Georg Greve

Open Standards, Open Source, David A. Wheeler

Open Source vs. Open Standard, Robert S. Sutor, IBM

Perspective: Open source versus open standards, Jonathan Schwartz, Sun Microsystems

Open Standards Principles and Practice, Bruce Perens

Open Standards Definition (FSFE)

Open Standards Requirement for Software (OSI) [Rationale]

Definition of an Open Standard (Sun Microsystems)

 

マーケティング

Free software?You can't just give it away

Alfresco CEO John Powell on the Value of Free

OSS: the real point is software control

Marketing FOSS projects

 

基本原理と利害

Free Software, Free Society [PDF]

Free Software Movement

Selling Free Software

Reflections on Intellectual Property Rights

Free Culture [PDF]

Code v 2 [PDF]

Software That Lasts 200 Years

 

知識プロバイダー

ifrOSS [Links to publications and court decisions]

FOSSBazaar

FSFE's Freedom Task Force [Publications]

Groklaw

Software Freedom Law Center [Publications]

Walking with Elephants [Open Source] [Copyright] [Patents]

Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/07/13 2017年 7月 12日
  2. Today's Linux 2017/07/18 2017年 7月 17日
  3. Today's Linux 2017/07/19 2017年 7月 18日
  4. Today's Linux 2017/07/24 2017年 7月 23日
  5. Today's Linux 2017/07/25 2017年 7月 24日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!