twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home リソース 調べる 書籍

books

 お勧めの書籍  |  書籍リスト・雑誌  |  新刊情報

 

お勧めの書籍


book1  オープンソースの価値・パワーなどを紹介する、これからオープンソースに取組む方へのガイドブック(洋書)

 

    Open Advice  FOSS: What we wish we had known when we stared
  • Lydia Pintscher
  • 2012年2月2日
  • 304ページ
  • 定価15.5USドル
  • ISBN978-1-105-51493-7

 

書籍概要
Free Software プロジェクトは、熱心なユーザーや革新的な管理者層が参加するという斬新な方法で、ソフトウェアのあり方を変えています。誰もがそれぞれのやり方でこの活動に貢献し、同時に自分の能力や知識を高めています。このような個人レベルの貢献と、インターネットを通じた連携の力により、フリー ソフトウェアは発展し、この書籍の共著者も集まりました。
本書は、「貢献活動を始めた時、どんなことを知りたかったですか?」という質問に答えたものです。著者のみなさんは、ソフトウェアプロジェクト、コーディング、設計、翻訳マーケティングなどを成功させるために必要な多種多様な才能を持つ方々です。これから貢献活動に参加しようとする方にとっては、最良の書と言えるでしょう。また最近参加した方にとっては、未知の分野やプロジェクトを知るためのガイドブックになるでしょう。

内容紹介 (英語)   オンライン版フリー書籍   ハードコピーの購入



book1  オープンソースに取組む弁護士・法律専門家向け書籍(洋書)

 


  The International Free and Open Source Software Law Book
 
  • Shane Coughlan, Ywein Van den Brande, Till Jaeger 他著
  • 2011年9月
  • 定価 39.90ユーロ
  • ISBN 978-3-941841-49-9
 



書籍概要 「法律制度は世界中で異なるため、フリー&オープン ソース ソフトウェア (FOSS)ライセンスの扱いは国によって大きな差があり、国内解釈に関する確かな情報を入手しにくい可能性があります。"The InternationalFree and Open Source Software Law Book" は、各地の専門家が記録/保守するFOSS
関連係争事項をわかりやすく詳細に分析することにより、この問題に取り組んでいます。

本書は、弁護士、法律専門家、教職員などを対象としており、国際ベンチマーク参考文献として位置づけられています。ソフトウェア保護の初歩、現地法に基づいたFOSS の一般分析、および実際にあった各国の地域別 FOSS 関連係争事項の概要をカバーしています。」
https://www.opensourcepress.
de/index.php?26&tt_products=322

内容紹介 (英語)   オンライン版フリー書籍



book1  パフォーマンス改善、開発効率向上、省電力化のためのテクニック


book1      Linux カーネルHacksalt
  • 池田 宗広、大岩 尚宏、島本 裕志、竹部 晶雄、平松 雅巳 著
  • 高橋 浩和 監修
  • 2011年07月 発行
  • 564ページ
  • 定価4,200円
  • ISBN978-4-87311-501-6

第一線で活躍するカーネルハッカーたちが贈る渾身の書下ろしHack集。カーネルチューニングの際、大いに役立つ実用的内容になっています。



book1  執筆者/翻訳者がLinuxCon Japan 2011のスピーカー


book1      Linuxカーネル クイックリファレンスalt
  • Greg Kroah-Hartman
  • 千住治郎 訳
  • 2007年7月 発行
  • 256ページ
  • 定価2,520円
  • ISBN978-4-87311-330-2
  • 原書: Linux Kernel in a Nutshell





book1     Linuxデバイスドライバ 第3版alt
  • Jonathan Corbet, Alessandro Rubini, Greg Kroah-Hartman
  • 山崎 康宏, 山崎 邦子, 長原 宏治, 長原 陽子 訳
  • 2005年10月 発行
  • 648ページ
  • 定価5,775円
  • ISBN4-87311-253-2
  • 原書: Linux Device Drivers, Third Edition

Linuxカーネルのビルドに的を絞ったリファレンスです。Linuxカーネル開発の第一線で活躍し、カーネルハッカーとして名高い著者が、カーネル構築と設定に必要な知識すべてをこの薄い一冊に凝縮しました。カーネルの入手方法、インストール、コンパイル、カスタマイズ方法など、カーネルビルドに必要な手順をわかりやすく指南。Linuxを深く、柔軟に使いこなしたい方必読の一冊です。

 




book1  執筆者/翻訳者がLinuxCon Japan 2010のスピーカー


book1      詳解 Linuxカーネル 第3版alt
  • Daniel P. Bovet、 Marco Cesati 著
  • 高橋 浩和 監訳 杉田 由美子、清水 正明、高 杉 昌督、平松 雅巳安井 隆宏
  • 2007年2月 発行
  • 1040ページ
  • 定価6,930円
  • ISBN978-4-87311-313-5
  • 原書:  Understanding the Linux Kernel, 3rd Edition

 


本書はLinuxのソースコードの恩恵を最大限に活かすための羅針盤です。複雑で難解なLinuxカーネルの仕組みを、基礎からていねいに説明。Linuxカーネルの基本機能を網羅し、ハードウェア依存部分についても踏み込んだ解説がなされています。第3版では、Linux 2.6を対象として改訂を行い、特にメモリとプロセススケジューリングについて大幅な変更と加筆がなされています。Linuxのソースコードを理解するためのガイドブックとして、オペレーティングシステムの本格的な解説書として最適の1冊です。

 





book1     Linuxデバイスドライバ 第3版alt
  • Jonathan Corbet, Alessandro Rubini, Greg Kroah-Hartman
  • 山崎 康宏, 山崎 邦子, 長原 宏治, 長原 陽子 訳
  • 2005年10月 発行
  • 648ページ
  • 定価5,775円
  • ISBN4-87311-253-2
  • 原書: Linux Device Drivers, Third Edition

Linux用のデバイスドライバを書くときのバイブルとして多くのプログラマに支持され活用されてきたロングセラー書『Linuxデバイスドライバ』の改訂版。今回の第3版はカーネル2.6に完全対応です。カーネル2.6で様々な機能が追加されたデバイスモデル、カーネルタイマ、メモリ管理、ブロックデバイスについて大幅に加筆修正したほか、TTYドライバ、USBドライバ、その他のLinuxデバイスモデルなどの解説を追加しました。x86以外のアーキテクチャについても触れています。





book1      Knoppix Hacks ―カスタマイズとシステム管理のテクニックalt
  • 須崎 有康 監修 株式会社クイープ 訳
  • 2005年6月 発行
  • 400ページ
  • 定価2,940円
  • ISBN4-87311-228-1
  • 原書: Knoppix Hacks

KnoppixはDebian GNU/LinuxをベースにしたLinuxディストリビューションです。その特徴は、ハードディスクにインストールせずにCD-ROMから起動して利用できることと、強力なハードウェアの自動認識機能です。初心者のためのLinux“お試し版”と捉えられることが多いKnoppixですが、その実力は熟練のシステム管理者が使ってこそ発揮されます。本書『Knoppix Hacks』は、システム管理のツールとしてのKnoppixの使用法を詳しく解説し、Knoppixの力を最大限に引き出します。その内容は、緊急用サーバ(ファイルサーバ、Webサーバ)の構築、ネットワークセキュリティ監査の方法、破損したWindows/Linuxシステムの修復、パーティションのサイズ変更、ファイルの復旧、パスワードのリセット、ウイルススキャンなど。KnoppixをカスタマイズしてオリジナルのCDブータブルLinuxを作成する方法も詳しく解説します。付録CD-ROMにはKnoppix 3.8日本語版を収録しました。 



book1  15万ダウンロード突破! Linux初心者のために最適な教科書


book2      Linux標準教科書(Ver1.1)
  • 提供:特定非営利活動法人 LPI-Japan
  • 無料PDFダウンロード:https://www.lpi.or.jp/linuxtext/download.php

このたび、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンは、Linux技術者教育に利用していただくことを目的とした教材、「Linux標準教科書(Ver1.1)」を開発し、インターネット上にて公開し、提供することとなりました。この「Linux標準教科書」は、多くの教育機関から、Linuxを「基礎」から学習するための教材や学習環境の整備に対するご要望があり、開発したものです。公開にあたっては、「Linux標準教科書」に添付されたライセンス(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)の下に公開されています。本教材は、最新の技術動向に対応するため、随時アップデートを行っていきます。 また、テキスト作成やアップデートについては、意見交換のWikiサイトとメーリングリストで、誰でもオープンに参加できます。
※「Linux標準教科書」は【LPIC対策教材ではありません】。LPIC対策教材は市販の教材をご利用ください。

実費(1,000円/1冊)にて製本いたします。  

【申込方法】 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください へお申し込みください。送料は、1冊の場合は80円(メール便)、2冊以上は宅配便での実費となります。  

【メール件名】  「Linux標準教科書購入の申し込み」   

【メール本文】

  • 送付先郵便番号
  • 送付先ご住所   
  • 送付先団体名(会名・学校名など)   
  • 送付先部署名   
  • 送付先ご氏名(よみがな)   
  • 役職   
  • 電話番号   
  • メールアドレス   
  • 必要冊数

※ 製本された冊子は、LPI-Japan主催の「技術解説無料セミナー(http://www.lpi.or.jp/news/calendar/event.shtml」の会場でもご購入いただけます。

 



book1  10万ダウンロード突破! Linux初心者のために最適な教科書

book1      Linuxサーバー構築標準教科書(Ver1.0.2)
  • 提供:特定非営利活動法人 LPI-Japan
  • 無料PDFダウンロード:https://www.lpi.or.jp/linuxservertext/download.php

このたび、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンは、Linux技術者教育に利用していただくことを目的とした教材、「Linuxサーバー構築標準教科書(Ver1.0.2)」を開発し、インターネット上にて公開し、提供することとなりました。 この「Linuxサーバー構築標準教科書(Ver1.0.2)」は、多くの教育機関から、Linuxによるサーバーの構築を「基礎」から学習するための教材や学習環境の整備に対するご要望があり、開発したものです。 本教科書の目的は、LPICレベル2の201試験と202試験の学習範囲に含まれる、サーバー構築の知識を、構築の実習を通しながら学習することにあります。サーバーを構築した環境で、実際にWebアクセスをしたり、メールの送受信をしたりすることで、サーバーの動作原理やプロトコルの仕組みを理解することも可能です。 公開にあたっては、「Linuxサーバー構築標準教科書(Ver1.0.2)」に添付されたライセンス(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)の下に公開されています。 本教材は、最新の技術動向に対応するため、随時アップデートを行っていきます。 また、テキスト作成やアップデートについては、意見交換のメーリングリストで、誰でもオープンに参加できます。。
※「Linux標準教科書」は【LPIC対策教材ではありません】。LPIC対策教材は市販の教材をご利用ください。

実費(1,000円/1冊)にて製本いたします。  

【申込方法】 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください へお申し込みください。送料は、1冊の場合は80円(メール便)、2冊以上は宅配便での実費となります。  

【メール件名】  「Linuxサーバー構築標準教科書購入の申し込み」   

【メール本文】 

  • 送付先郵便番号
  • 送付先ご住所   
  • 送付先団体名(会名・学校名など)   
  • 送付先部署名   
  • 送付先ご氏名(よみがな)   
  • 役職   
  • 電話番号   
  • メールアドレス   
  • 必要冊数
※ 製本された冊子は、LPI-Japan主催の「技術解説無料セミナー(http://www.lpi.or.jp/news/calendar/event.shtml」の会場でもご購入いただけます。

 

ページの先頭に戻る


 


  

 お勧めの書籍  |  書籍リスト・雑誌新刊情報

◆ 書籍リスト

検索するとこんなリストも得られます。

◆ Linux雑誌/関連一般誌

英語ですが。。。

ページの先頭に戻る


 お勧めの書籍  |  書籍リスト・雑誌新刊情報

 

 

 

オライリー・ジャパン 新刊情報

SQLアンチパターン
本書はDB設計やSQL記述の際に避けるべき事柄を1章で1つ、25個紹介する書籍です。リレーショナルデータベースを中心に据えたシステム開発には、様々な場面で陥りやすい失敗(アンチパターン)があります。本書はデータベース論理設計、データベース物理設計、クエリの記述、アプリケーション開発という4つのカテゴリに分け、それぞれの分野におけるアンチパターンを紹介し、失敗を避けるためのより良い方法を紹介します。複数の値を持つ属性や再帰的なツリー構造の格納から、小数値の丸めやNULLの扱いに起因する問題、全文検索やSQLインジェクション、MVCアーキテクチャなど、実践的かつ幅広いトピックを網羅します。データベースに関わるすべてのエンジニア必携の一冊です。...
続きを読む..
 
Handmade Electronic Music
本書は、安価な電子部品や、分解した電気製品・玩具を利用して、電子楽器を作る方法を解説する書籍です。スピーカーに電池をつなぐだけの電子楽器にはじまり、マイクの自作、ラジオや玩具のハッキング、アンプ、ディストーション、ミキサーの製作などを通じて、音を出すために必要なエレクトロニクスの基礎について学びます。それぞれの作例はシンプルなものから複雑なものへと展開し、著者の豊富なワークショップ経験が活かされたわかりやすい記述と合わせて、電子工作がはじめての人でもすぐに楽しめるものとなっています。付録のDVD(英語版)には、著者による13の作例のチュートリアル動画、世界各地のアーティストのビデオクリップとオーディオトラックを収録しました。...
続きを読む..
 
初めてのコンピュータサイエンス
本書は、現実世界の問題を解決するプログラムを開発、利用する方法を説明しながら、コンピュータとプログラミングの基礎を解説します。例題のほとんどは科学技術分野のものですが、考え方はあらゆる分野に応用できます。また、プログラミングについての系統的、方法論的な考え方について、特に複雑な問題を単純な問題に分割し、それら単純な問題の解決方法を組み合わせて複雑なアプリケーションを作る手順を学びます。 本書を読み終えるころには、プロフェッショナルなプログラマが物事をどのようにとらえて発想するのか、つまりプロフェッショナルなプログラマのように考える方法を手に入れられるでしょう。...
続きを読む..
 
Erlangプログラミング
Erlangは、エリクソンで電話通信網用に開発された宣言型の関数型言語です。エリクソン社内で20年間にわたり使われてきたという実績があり、並列処理指向、分散処理指向、軽量、耐障害性、稼動中でもバージョンアップ可能といった特徴から、無停止型サーバの構築全般でも威力を発揮しています。マルチコアCPU時代を迎えた現在、マルチコアの最適な利用という観点での注目度も高く、将来を嘱望されている言語です。Erlang歴15年、コミュニティのリーダー的存在であり、Erlang教育のエキスパートであるFrancesco Cesariniと、関数型言語の研究者として有名なSimon Thompsonが、Erlangの特性を理解し、その威力を最大限に発揮させるために不可欠な知識を伝授します。...
続きを読む..
 
jQueryクックブック
jQueryのレシピをベストプラクティスとともに幅広く収録しています。jQueryコミュニティの第一線で活動する著者陣が、必要な情報とテクニックを網羅して提供。日々のプロジェクトにjQueryを使う一流のフロントエンド開発者たちのパターンやプラクティスが盛り込まれており、jQuery入門とその基礎的なベストプラクティスの解説からはじまり、実際的な課題に対するレシピをトピックごとに取り上げます。読者は、jQueryの基礎的なテクニックをふまえながら、画期的な問題解決のためのテクニックやアイデアを吸収することができるでしょう。jQueryを使って作業を行う、またはjQueryを使いたいと考えている開発者が探し求めていた書籍です。...
続きを読む..
 

オーム社 新刊情報

クローズドシステム処分場技術ハンドブック
 クローズドシステム処分場は、オープン型処分場にくらべると新しい技術ですが、自治体が最終処分場を検討する際は、必ず候補の1つとして検討されるほど、一般的になっています。さらに、先の大震災のがれき(特に....
続きを読む..
 
OHM大学テキスト 光通信工学
 電気・電子・通信系の大学学部向け2単位用のテキストシリーズの一巻。本書は、電気・電子・通信系学科の専門課目である「光通信工学」の教科書です。光ファイバの原理・特性、モード結合・光増幅・光変調とい....
続きを読む..
 
基本を学ぶ 電気回路
 本シリーズは電気・電子・情報系の大学学部向け2単位用のテキストシリーズとして、紙面の許す限り多くの図面を取り入れ、さらに、図面内にも吹出しを入れ、わかりやすく解説しています。また、章末の練習問題は、....
続きを読む..
 
水力ドットコム
好評既刊「ダムマニア」に続く土木系エンタテイメント第2弾! 水力発電所の巨大造形美をグラビアで愉しみながら、水力発電の基礎知識が学べます。水力発電は、エコロジーでクリーン、かつシンプルな発電方式で、....
続きを読む..
 
現場で役立つ 水質分析の基礎 化学物質のモニタリング手法
 本書は、水質分析について、これまで(社)日本分析化学会編にて発行し好評を博してきた、「化学分析の基礎」「環境分析の基礎」「大気分析の基礎」等と同様に、水環境中に存在する揮発性有機化合物(VOC),農薬,....
続きを読む..
 
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/07/13 2017年 7月 12日
  2. Today's Linux 2017/07/18 2017年 7月 17日
  3. Today's Linux 2017/07/19 2017年 7月 18日
  4. Today's Linux 2017/07/24 2017年 7月 23日
  5. Today's Linux 2017/07/25 2017年 7月 24日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!