twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 コラム
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
【法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ】(5) - コピーライトの移譲、および、コピーライト移譲に関する標準化の試み
  コピーライトの移譲というのは、著作物の「所有権」を原作者以外のだれかに譲り渡すことを言います。個人から個人への直接の移譲もあれば、複数の所有者が単一の所有者(またはプロジェクト)に移譲を行い、コピーライトを合併・統合することも含まれます。後者のタイプの移譲はオープンソースでよく見られるものです。企業やプロジェクトが貢献者にコピーライトの移譲を要請し、責任を一点に集めることによりライセンスの変更やコピーライトに関連した決定をやり易くしているのです。
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
【法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ】(4) -オープンソース サプライチェーン管理における法務と交渉のバランス
  これまでにオープンソース ガバナンス (企業統治) の3つの基本、すなわちコピーライト、パテント、およびトレードマークについて説明してきましたが、今回はさらに重要な企業の課題について見てみましょう。つまるところ、法務活動はオープンソース ビジネスの一側面でしかなく、ライセンスや契約の文面外の圧力を被るものです。おそらく、そのような大きな圧力の 1 つは根幹の 1 つとも言えるもの、すなわち、近来のサプライチェーンが長大でかつ複雑であるという状況です。
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
【法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ】(3) -いかにしてFOSSでトレードマークが容認可能な制約とみなされるようになったか
  前回までに、オープンソースの法務的な理解のために重要な2つの側面を論じました。すなわち、コピーライトとパテントです。しかしながら、オープンソースに関連した議論として、トレードマークもまた知的財産法務の領域で熟考の価値があります。そう遠くない過去において、トレードマークに関する議論は、パテントに関するものと同じくらいいろいろと論じられていました。特に、ブランディングを束縛する可能性への反動は、時には衝突に発展しました。
赤井 誠の「Linuxビジネスの作り方」
「Linuxビジネスの作り方」VOL.14
  今回、久しぶりに、コラムをアップデートします。2月末にこのコラムの趣旨にあったレポートが発行され、話題になったからです。それは、オープンソースの品質についてです...
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
【法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ】(2) -オープンソース ソフトウェアに絡むパテントの問題
  オープンソース ソフトウェアに絡む法務上の懸念は、当初、もっぱら著作権に関するものでした。オープンソース ソフトウェアの利害関係者は、この技術の使用、学習、共有、あるいは改良を可能とするルールがどのように機能するのかを理解する努力をし、その細部をつかむのに時間を要しました。しかし、技術が実りあるものになるにつれて法務的な議論は拡がって...
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
【法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ】(1) -世界中がライセンスコンプライアンスに合意
  今後、数ヶ月にわたり、オープンソースに関する法務、ビジネス、および、開発の課題のいわば交差点について説明してみたいと思います。カバーされるトピックスは、世界的に見て500億 USドル(約4兆円)に相当する価値があるとされるソフトウェアの開発、配布、および、維持に関わる課題です。本稿は、シリーズの第一回目ですが、まず、オープンソースが本流になる上で避けて通れない課題、ライセンスとコンプライアンスについて説明することから始めたいと思います...
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
【デスクトップ?何それ、おいしいの?】(7) -Linuxディストリビューションならではの価値を見出すべし
  被災地支援パッケージは極端な例としても、様々な分野で自由に利用できるOSSを好きなだけ(メディア容量の制限はありますが…)収録し、気の利いたカスタマイズを簡単に実現できるというLinuxディストリビューションならではの使い方は、Linuxデスクトップの応用として、もっと注目を浴びてもよい利用方法でしょう...
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
【デスクトップ?何それ、おいしいの?】(6) -被災地支援活動のツールとして提供
  2011年は、震災の影響で、社会のあり方や個々人が社会へどう関与していくかを考えさせられる一年となりました。日本OSS推進フォーラムにおいても、被災地の復興に何か寄与できないかと、小規模ながらも支援活動を実施しています...
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
【デスクトップ?何それ、おいしいの?】(5) -中小企業における業務用コンピュータとしての利用もオススメ
  日本OSS推進フォーラムのタスクフォースで検討した議論では、Linuxデスクトップ普及のブルーオーシャンは中小企業ではないか、という意見が検討されました。その理由は、昨今のクラウドサービスの充実化にあります。クラウドサービスの提供者には、標準的なインタフェースの積極的な採用と、その結果として多種多様なクライアント対応が求められます...
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
【デスクトップ?何それ、おいしいの?】(4) -Linuxデスクトップが活躍しそうな場所はどこか
  少し現実的なところに目を向けてみましょう。OSSのコストメリットが十分に効いてくる領域では、今後、Linuxのデスクトップが今までよりも普及する可能性があります。まず自治体での活用です。数年前の、自治体におけるOSSデスクトップ実証実験では、先陣を切っていた栃木県二宮町がLinuxデスクトップの効果的な活用事例として気を吐いていたのですが、真岡市と合併した際...
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/02/09 2017年 2月 08日
  2. Today's Linux 2017/02/14 2017年 2月 13日
  3. Today's Linux 2017/02/13 2017年 2月 12日
  4. Today's Linux 2017/02/17 2017年 2月 16日
  5. Today's Linux 2017/02/15 2017年 2月 14日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!