twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 コラム 赤井 誠の「Linuxビジネスの作り方」

赤井誠の「Linuxビジネスの作り方」

「Linuxビジネスの作り方」VOL.14
  今回、久しぶりに、コラムをアップデートします。2月末にこのコラムの趣旨にあったレポートが発行され、話題になったからです。それは、オープンソースの品質についてです...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.13
今回は、IT業界におけるキャリアとオープンソース、Linuxビジネスでの課題について考える最終回です。 前回、企業におけるキャリア支援と自己啓発の話をしました。今回は、さらにこの内容を掘りさげましょう。今回は、さきごろ開催されたキャリアに対するパネルディスカッション内容を参考にして考えたいと思います...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.12
  今回も、IT業界におけるキャリアとオープンソース、Linuxビジネスでの課題について、考えてみたいと思います。 前回、IT企業は人材育成計画をきちんと作るようになってきているのに対し、IT人材は、将来に対して不安を感じているという話を取り上げました...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.11
今回から、プロモーションについて、説明していこうと思っていましたが、少し前まで説明していました人材育成について、5月22日に、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)から、「IT人材白書2011」http://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/about.html が発表されましたので、その内容を踏まえて、今回は、IT業界におけるキャリアとオープンソース、Linuxビジネスでの課題について...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.10
今回から、商品を販売推進する時に必要となる活動と内容を紹介したいと思います。 以前にも、「よく使用されるビジネス用語」は、覚えておくと、仕事上のコミュニケーションが楽になるということを紹介しました。 そのため、今回も、まずいくつかの用語を説明します。
「Linuxビジネスの作り方」VOL.9
今まで説明してきた、Red Hat Enterprise Linuxをコアプロダクトとしたホールプロダクトを構成する要素の最終回として、教育を取り上げます。 自社製品を販売、推進していくには、その製品に対する教育を、自社エンジニアだけでなく、ユーザー企業やパートナーに対しても提供してく必要があります。そのためには、自社製品の教育トレーニングなどを開発していかなければなりません...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.8
引き続き、Red Hat Enterprise Linuxをコアプロダクトとして、ホールプロダクトを構成する要素を掘り下げます。 コアプロダクトを Red Hat Enterprise Linux とした場合のホールプロダクトをもう一度リストアップします。 「周辺製品・サービス」  ・サーバー ・構成支援 ・インストール ・設置 ・電話保守サービス ・教育...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.7
VOL.5に引き続き、Red Hat Enterprise Linuxをコアプロダクトとして、ホールプロダクトを構成する要素を掘り下げます。 コアプロダクトを Red Hat Enterprise Linux とした場合のホールプロダクトをもう一度リストアップします。 「周辺製品・サービス」  ・サーバー ・構成支援 ・インストール ・設置 ・電話保守サービス ・教育...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.6
前回から少し間が空きましたので、今回は趣向を変え、番外編として、11月に話題になりましたAppleTV ではなく、、、スパコンの話を書きたいと思います。 スパコンとは、昨年の事業仕分け以来、一般の人に、実はIT関係者にとっても久々に話題になった...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.5
前回は、ホールプロダクトについて考えました。今回から、Red Hat Enterprise Linuxをコアプロダクトとして、ホールプロダクトを構成する要素を掘り下げます。
「Linuxビジネスの作り方」VOL.4
前回までの内容を簡単にまとめると、次のようになります。  1. Linux ビジネスの最大の課題は、どういう基準で評価するかが不透明であった  2. Red Hat Enterprise Linux (RHEL) のリリースにより、状況が変化した  3. 多くのサーバーベンダーは、RHELを動作保証することになった...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.3
前回は、Linuxビジネスの当初の最大の課題が、「どのようにビジネス結果を図るか」であると紹介しました。今回から数回にわたり、その課題を解決する要因になった出来事を紹介していきます...
「Linuxビジネスの作り方」VOL.2
前回は、x86サーバー市場概要とLinuxサーバービジネスについて、少し紹介しました。 今回からは、「企業向けのLinux市場」をみていきたいと思います。
「Linuxビジネスの作り方」VOL.1
みなさん、はじめまして。赤井といいます。今日から、本コラムを執筆させていただくことになりました。このコラムでは、Linuxやオープンソースビジネスを推進していく上で、ポイントとなる事柄やマーケティング実施方法、事業の進め方、また、ユーザー企業から見た採用の勘所や注意点を、紹介していきたいと思います...


著者プロフィール

赤井 誠(あかい まこと)
赤井 誠(あかい まこと)

MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長。
日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社後、HP-UXやHPソフトウェアの開発に従事。その後、マーケティングに移動し、HP製品だけでなく、各種ISV製品販売推進を担当。サービス事業戦略部門を経て、2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり、日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。ハイパフォーマンス・コンピューティング、VMWare、Microsoft Windows、HP製クラウド管理ソフトウェアのビジネス開発担当を歴任。2010年より、株式会社サイバーリンクスにて新規事業開発に従事。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し、現職。
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降、ライター活動も実施中。『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリージャパン) など多数。
ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。

Twitter id:  mktredwell

新着コラム

シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
赤井 誠の「Linuxビジネスの作り方」
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!