twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 コラム 赤井 誠の「Linuxビジネスの作り方」 「Linuxビジネスの作り方」VOL.7

赤井誠の「Linuxビジネスの作り方」

「Linuxビジネスの作り方」VOL.7

 

VOL.5に引き続き、Red Hat Enterprise Linuxをコアプロダクトとして、ホールプロダクトを構成する要素を掘り下げます。

コアプロダクトを Red Hat Enterprise Linux とした場合のホールプロダクトをもう一度リストアップします。

周辺製品・サービス

  • サーバー
  • 構成支援
  • インストール
  • 設置
  • 電話保守サービス
  • 教育


今回は、この中のインストールおよび設置サービスについて考えます。


■インストールサービス

Linuxサーバーを顧客自身が導入することも可能ですが、ハードウェアオプションの設定やOSのインストールを、自分たちで実施するだけの工数がなかったり、知識がない場合も多くあります。その場合には、顧客から対応サービスの提供を求められます。そのため、最低限のインストールおよび設置サービスを提供できる体制を構築しておく必要があります。

OSのインストールや設定については、大きく2つの種類のサービスがあります。

(1) 構成を顧客と相談しながら実施するインストールサービス
(2) 構成が固定されたインストールサービス

導入される台数が少ない場合は、(1) のように、案件ごとに顧客と相談しながら導入を実施するサービスの提供で対応が可能です。(1)のようなサービスのメリットは、顧客が必要とする要求を確実に把握でき、最適な設計を実施できることです。デメリットは、サービス提供価格が比較的高額になり、誰もが利用できるサービスでないために、多くの案件に対応することができないことです。

新しいITソリューションで、特に大企業やIT投資金額が大きい案件の場合は、(1)のようなサービスを提供することで要求は満たされます。しかし、導入台数が増加したり、あるいは、日本全国規模で導入されるような場合は対応できず、解決策が必要です。その解決策が、(2) のサービスとなります。

(2)のインストールサービスは、たいてい、以下のようなサービスです。
パラメータシートに従って、Linux OSのインストールおよび動作確認作業を実施するサービス

顧客にとっては、必要なパラメータをシートに入力することで、必要な設定が実施されたサーバーが納品されることになります。

このようなインストールサービスを提供する企業にとり、顧客に高品質で、低コストのサービスを提供するためには、そのプロセスの標準化が欠かせません。各社は、この標準プロセス開発に関しての独自のノウハウを持っており、事前に社内で、検証作業を実施し、標準プロセスを策定し、その結果を作業手順書とパラメータシートなどに落とし込みます。

OSのインストールサービスに加えて、さらにオプションサービスとして、いくつかの簡単な設定メニューも提供されている場合もあります。例えば、「ファイルサーバー構築」「DNSサーバー構築」などがそれにあたります。企業によっては、Linux OSインストールサービスに含まれる基本サービスに、メールサーバーの設定のようなメニューも入っている場合もあります。

今後新しい製品販売を企画する場合は、(1) だけでいいのか、(2) のサービスを提供する必要はあるのかをよく見極めたうえで、対応するといいでしょう。


■設置サービス

設置サービスは、梱包されたサーバーを顧客の指定する場所に電源やLANなどの設定を実施し、簡単な動作確認を実施するものです。

上記のインストールサービスを同様に、設置される場所が少なく、また、回数も少ない場合は、個別に対応できる体制を作っておけば対応できます。しかし、全国をカバーする場合は、サービス人員を全国に配置し、対応できるようにする必要があります。
設置サービスをスムーズに実施するために、最近では、事前に工場や倉庫でサーバーのLANのケーブリングやラッキングを実施した上で設置することも多くなりました。現地に不必要な廃材を持ち込むこともなくなり、また、配線も非常にきれいに対応してくれることも多いため、人気のサービスとなっています。


今回は、インストールおよび設置サービスについて、説明しました。重要な点は、導入されるサーバーが、多いか、少ないか、あるいは、設置場所が、少ないか、それとも多数なのかによって、必要とされるサービスが異なることです。導入される数が多くないにも関わらず全国規模で提供できるサービス体制を構築することは、投資規模が大きくなるために、得策ではありません。ビジネスの目標に応じて、サービス計画を実施するようにしてください。

では、次回をお楽しみに。

 

著者プロフィール

赤井 誠(あかい まこと)
赤井 誠(あかい まこと)

MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長。
日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社後、HP-UXやHPソフトウェアの開発に従事。その後、マーケティングに移動し、HP製品だけでなく、各種ISV製品販売推進を担当。サービス事業戦略部門を経て、2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり、日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。ハイパフォーマンス・コンピューティング、VMWare、Microsoft Windows、HP製クラウド管理ソフトウェアのビジネス開発担当を歴任。2010年より、株式会社サイバーリンクスにて新規事業開発に従事。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し、現職。
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降、ライター活動も実施中。『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリージャパン) など多数。
ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。

Twitter id:  mktredwell

新着コラム

シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
赤井 誠の「Linuxビジネスの作り方」
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
シェーン・コークランの「法務、ビジネス、そしてコミュニティの交差するところ」
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
飯尾 淳の「デスクトップ?何それ、おいしいの?」
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/09/07 2018年 9月 06日
  2. Today's Linux 2018/09/11 2018年 9月 10日
  3. Today's Linux 2018/09/12 2018年 9月 11日
  4. Today's Linux 2018/09/10 2018年 9月 09日
  5. Today's Linux 2018/09/13 2018年 9月 12日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!