twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 インタビュー IBM Dan Frye氏スペシャルインタビュー

IBM Dan Frye氏スペシャルインタビュー

Dan frye


 IBMにおいてLinux Technology Centerを立ち上げ、Linux/オープンソースビジネスをリードして来た同社オープンシステム開発担当バイスプレジデントであるDan Frye氏に、これまでのLinuxへの取り組みと、今後のIBMの戦略におけるLinuxの重要性に関してお話をして頂きました。

 


福安:  私たちは、イノベーション、Linux、オープンソースに関する本を読むたびに、あなたの名前を頻繁に目にします。あなたはIBM Linux Technology Center(以後LTC)とIBMのLinux/OSS事業を推進した方であると紹介されていますが、ご自身がLinux/オープンソース・ビジネスに関わったのは、LTCが初めてですか、あるいはLinuxテクノロジー・センターを設立する前にLinux/オープンソース・ビジネスを始めていたのですか?


 

Dan Frye:  私が最初にLinuxについて耳にしたのは、1998年の5月でした。私は、ハイパフォーマンス・コンピューティングに関する会議に参加しており、複数の国立研究所から参加していた優秀な方々の一部がLinux を知っており、そこで初めてLinuxとオープンソースのプロセスに関して耳にしました。
その当時は面白いとは思いましたが、仕事上の関連などはありませんでした。

 ところが同じ年の後半、私は戦略策定のために本社へ異動しました。
そこにいる間、私達はIBMのLinux戦略に関して尋ねられましたが、当時IBMにはLinux/オープンソースの戦略はありませんでした。そこで、私と他の数人は1998年の秋に正式なLinux戦略を策定することになりました。

 その後、私たちが策定した戦略がIBMの会長(CEO)に提案され、会長と上級役員がそれを承認し、その戦略に基づきLinux Technology Centerの設立が要請されました。そして、私たちは1999年にそれを開始しました。つまり、ほんのわずかではありますが、私が1998年にLinuxに関して耳にした時点よりも前に、Linuxは明らかに既に大きな動きとなっており、それに私たちが参加したというわけです。

 

 


福安:  当時IBMは10億米国ドルLinuxに投資しました。ご自身が本社でLinux戦略の策定に取り組み始めたとき、10億米国ドルのプロジェクトというのは想定していた規模だったのでしょうか?あるいはもっと小規模なものを考えていたのでしょうか?


Dan Frye:  当初は違いました。
 1998年に私たちが採用した戦略は、私たちが”Get Started” (『着手』)と呼んでいたものです。つまり、IBMの製品、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの一部を利用可能にするということでした。私たちは、Linuxを自分たちにとって新しい市場であると捉えていました。ISP、インターネット・サービス・プロバイダなど、Linuxを使用している会社はありました。ご存じのように、国立研究所や大学など、IBMを導入していないサイトや顧客も存在していました。
 そこで、私たちは、これらの市場に参入するチャンスの一つとしてLinuxを捉えたのです。私たちは、標準仕様を確立するチャンスもあると考えましたが、最初はLinux周辺で何かを行うという戦略を構想しました。
 当時のIBM CEOのルー・ガースナーが10億ドルを投資すると述べたのは、それから約2年後のことでした。
 その時までに、私たちの戦略は、”Get Started” から “Accelerate Linux” (『Linuxの加速』)へ変化していました。それまで2年間の取り組みの結果、私たちは、Linuxがエンタープライズ向けのシステムとして早く成熟すればするほど、顧客、業界、そしてIBMにとって良いことであると判断しましたのです。
 つまり、私たちはこれほど大規模なプロジェクトになると最初は考えていなかったのです。
 しかし、2−3年のうちにそうなっていきました。

 


福安: しかし、検討し始めてから極めて短期間でIBMが10億米国ドルを投資することを判断したのは、ちょっとした驚きです。IBMがオープン・イノベーション、オープンソースへと舵を切った最大の理由は何でしたか?


Dan Frye:  クライアントがそれを求めたからです。私たちは、Linux戦略の策定を開始したとき、IBM本社がLinuxをあまり知らなかったということに気づきました。
 しかし、現場の人々はLinuxを知っていました。なぜなら、顧客がLinuxに関して尋ねていたからです。自分たちはLinuxを搭載したIntelサーバを導入しているが、LinuxでDB2を使えますか、などという質問です。クライアントは、Linuxを使用し始めており、気に入っていました。安定性があり安価でした。既に標準となっていたため、何か新しいものを私たちがクライアントに押し付けるという形にはなりませんでした。クライアントの方からそれを求めていたのです。
 したがって、仕事は進めやすかったです。私たちは顧客を訪問して、何か新しいものを紹介するという形はとりませんでした。現在は、別の種類の顧客に対してそれを行っていますが、最初は市場から要求により私どもが動かされたのです。

 


福安: なるほど。しかし、それでも10億米国ドルの投資です。どれほど大きなプレッシャーがあなたの肩に圧し掛かっていたか想像することは非常に難しいですが、このプロジェクトを実行する上で最も困難なことは何でしたか?


Dan Frye:  10億ドルは私だけに任されたものではありません。ご存じのとおり、私はIBMという大きな組織の一員でした。LTCは一つのピースであり、他のピースもありました。つまり、私だけがリーダーではありませんでした。
 私が直面した大きな課題はいくつかありました。
 一つの課題は、私にとっての課題というよりは会社にとっての課題でした。私たちがLinuxでの活動を開始し、アーリーアダプターの方々がそれを使用している中で,私たちは成熟したビジネス,つまり銀行,保険会社,病院を経営する人々へアプローチする必要がありました。私たちは彼らを訪問し「Linuxは信頼できます」と説いてまわりました。

 ご存じのとおり、オープンソース・プロセスの成熟には一定の時間が必要です。IBMがLinuxに貢献したことの一つは、CEO、CIO、そしてCTOの信頼を得たことでした。これは大変な仕事でした。多くの時間と努力を必要としました。たとえば、名前は挙げませんが、日本の大銀行の一部ではLinuxを使用しています。しかも、ミッションクリティカルな処理にそれを使用しており、Linuxが信頼できるのだということを説明するためには複数回の対話が必要でした。

 もう一つの課題は、私のチームが直面していた課題でした。つまりIBMの社員がオープンソース・コミュニティでうまく働けるか、という課題でした。私たちはLinuxコミュニティ、Apacheコミュニティ、そして他の同様のコミュニティの一員として働くことになります。
 私たちは学ぶことができるだろうか。ここは非常に大きな集団力学が働いており、異論が多いもののコンセンサスに基づく環境でもあります。私たちはどのように受け入れられるであろうか?また、私たちはその環境でうまく働けるようになるであろうか?
 結局、私たちはその中で非常にうまく働けるようになりましたが、一つのチャレンジではありました。私たちが慣れ親しんだ環境とは非常に異なっていたからです。

 


 福安:  2010年4月にサンフランシスコで開催されたCollaboration Summitにおいて、あなたはこの課題に取り組むにあたりIBM社内の開発者同士でコミュニケーションを取ることを禁止したと述べられました。そして、コミュニティを通して互いにコミュニケーションを取るように促したというお話しでした。これは今でもIBMの中で実践されていますか、あるいは多少、緩和されていますか?


Dan Frye:  それは、私が初期の段階で取らざるを得なかった重要な措置です。
 私たちは、その当時は実際に社内で話し合わなければなりませんでした。つまり、私たちはコミュニティのようには機能していませんでした。
 コミュニティの誰かが質問すると、私たちは自分たちだけで話し合っていました。そして、議論してから2~3日後に会社としての回答を出していましたが、これでは遅すぎました。そして、あまりにも企業的なやり方でした。そこで、私はカーネルチームの社内コミュニケーションを禁止し、外に向けてのみコミュニケーションを取らせました。なぜなら、それこそがコミュニティの機能だからです。
 しかし、私たちがコミュニティにうまく参加できるようになった時点で、私は禁止を解きました。今となっては、それに関して考えることもありません。
 開発者は十分に長い間それを実践し続けており、何がコミュニティ関連事項であり何が社内関連事項であるかを理解して適切に自制できています。
 ただこれまでプロプライエタリーソフトウェアを開発してきた人々が新たにグループに参加した場合は、彼らに対してトレーニングを提供しなければならないことは事実です。つまり、オープンソースは他のものとは違うのです、必ずしも優れているわけでなく劣っているわけでもなく、別物であるということなのです。

 


 

 福安: つまり、第1の課題は、ビジネスの成熟に伴いLinuxが信用できることをCEOとCIOに理解してもらえるように信頼性を高める必要があること、そして第2の課題は、IBMの社員としてコミュニティとうまく協力しなければならないことですね。第3の課題や第4の課題はあるのでしょうか?

 


Dan Frye:  第3の課題は私たちが営利目的の企業で働いていることをどのように認識するかです。そして、自分たちがコントロールしていない技術でどのように利益を上げるかです。

 そこで私たちが発見したのはエンド・ツー・エンドのビジネスモデルです。
 つまり、私たちは、形の上で、ハードウェア・ビジネスやソフトウェア・ビジネスをサービス・ビジネスとして考えます。Linuxの場合、私たちはクライアントのユーザエクスペリエンス全体に関して考えざるを得ません。そこで、私たちが利益を得る方法はLinuxを搭載できるハードウェアを販売することです。私たちはLinuxで稼動するソフトウェアを販売しています。そして、私たちはLinuxに関連するあらゆるサービスを販売しています。私たちがオペレーティング・システムを販売していないという事実は問題ではなく、重要ではありません。

 つまり、私たちは初めて本当の意味でハードウェア、ソフトウェア、サービスを一つに組み立てなければなりませんでした。私たちはその過程で多くの恩恵を受けました。それにより、私たちは「Linuxの発展に貢献できます。それを相殺できるように他で利益を上げるからです」との立場を取ることができます。

以上、三つの大きな課題に関して述べました。

 


 福安:  これまでIBMは多くの課題を乗り越えてLinux/オープソースビジネスで大きな成功を収めて来ましたが、あなた自身が達成感を感じた瞬間はいつでしたか?


Dan Frye:  色々なことがあったと思います。しかし、いくつか思い出すとすれば、一つは私のチームに関するものであり、私たちのパッチをコミュニティに受け入れてもらったことです。初めてコミュニティに受け入れられた、本当に小さなパッチでしたが、素晴らしい体験でした。 そうです、私たちは実際にコミュニティに参加できたのです。

 もう一つは、大手の顧客にLinuxを購入してもらい、本番稼動に成功したことでしょうね。お分かりのように、いくつかうまく成功しなかったこともあります。顧客が初めてLinuxに関して非常に動揺して連絡を取ってきたことは、私たちにとって重要な体験でした。ご存じのように、顧客が些細なことで動揺することはなく、動揺するのは重要なものが動かないときです。

 また、長い期間に起きたことの一つはLinuxを別のチームとして設置したことです。長い時間を経て、今、Linuxは私たちが主流と呼ぶ流れになっており、Linuxはすべての人々に何らかの形で関係しています。これも成功のポイントの一つでした。
 ご存じのように、私たちだけでなく営業部門が売上高や顧客数などを見るとき「ああ、自分たちは成功している!」という言葉を発する特定の瞬間というものは実際にはありません。成功というものは時間をかけて蓄積されるものだからです。
 
 ただこれまで、Linux/オープンソースに携わってきて、純粋に楽しかったです。娯楽として楽しいものです。

 


福安:  では、Linuxを別の観点から見てみましょう。IBMでの体験以外に、市場の傾向や流れはどうでしょうか?現在のLinuxおよびオープンソース市場で特に興味をもって見ている動向は何ですか?


Dan Frye:  そうですね、いくつかの流れがあります。一つはLinux自体が引き続きどんどんと良くなっていく、ということです。
10年前、私たちは顧客に対してPilot DNSサーバ、LANサーバなど、エンタープライズ・システムの端の部分でのみLinuxを使用するように言っていました。次第に、私たちはLinuxがアプリケーション層や検索を実行する重要なウェブサーバにも十分耐えうると言うようになりました。そしてこの数年間、私たちはLinuxがエンタープライズ・システムの中核においても十分耐えうると言ってきました。

 Linuxに関するデータを見てください。顧客はLinuxが信頼できるものであり、ビジネスの利用に十分耐えうることをそれぞれの業界で認識し続けています。現在は、顧客ごとの仕事です。これはちょっと退屈な傾向ではないでしょうか?ご存じのように、初期の頃、私たちは、「驚きです。Linuxが何々に対応しています」と言っていましたが、現在は小規模になっています。今は、顧客ごとの仕事です。しかし、その傾向は続いています。

 


福安:  こういったLinuxの進歩は、技術面から見て、ご自身が10年前にLTCを始めたときに想定していたようなものでしょうか?
 また、現在の市場規模も当初想定されていましたか?ご自身が考える市場拡大の要因と併せて教えて頂けますか?


Dan Frye:  技術的にはそうです。
 IBMのハードウェアおよびソフトウェア・ビジネスを指揮するSteve MillsはLinuxをできる限り早くエンタープライズ・システムの中核にもたらすことが私の仕事であると2000年に伝えました。
 それは、Linux Technology Centerを利用して、Linuxをエンタープライズ対応にするということです。コミュニティと協力することもあれば、事前にLinuxをエンタープライズ対応することもあるでしょう。つまり、そうすること(Linuxをエンタープライズに対応すること)は私たちの戦略に含まれていました。

 市場規模の面では、もちろん正確な数字は思い出せませんが、私たちはLinuxがエンタープライズ対応になれば、市場にかなり普及するであろうと考えていました。ご存じのように、Linuxは公衆性と業界中立性を約束しており、ベンダーに束縛されていません。
 Linuxは、UNIXに似たアーキテクチャを持っています。したがって、Windowsは使いたくなく、有償ライセンス付きのUNIXではなく、産業向けのUNIXに似たアーキテクチャが欲しい顧客はかなりいるでしょうし、それはLinuxということになります。
 それが一つの傾向です。

 二つ目の傾向は、Linuxがどこにでも使用されているということです。ご存じのように、携帯電話、DVDプレイヤー、DVR、交通信号灯、GPSシステム、そしてあらゆる種類の無線システムで使用されており、この分野ではあらゆるところで爆発的に普及しています。したがって、LinaroプロジェクトやIntelのPushなどを見ると、この傾向は続いています。従来、組み込み型の分野は非常に断片化したUNIX技術者により実際にコントロールされていました。現在、この業界はLinuxに集約しつつあります。つまり、これが二つ目の傾向です。

 三つ目の傾向は、デスクトップPCにおけるLinux採用の流れが続いていることです。現状は、もっと複雑ですが、Linux搭載のデスクトップPCの数は、明らかに一定して増加しており、ご存じのように新興地域においては初めてデスクトップPCを導入する場合、Linuxを選択するケースが増加しています。私はいずれ既存の市場においても人々はWindowsから移行するようになると思いますが、デスクトップとしてのLinuxは進歩を続けています。

 さらに、4つ目の傾向はと聞かれれば、私はKVMを挙げます。というのは、Linuxの仮想化技術は、急速に競争力を付けておりVMwareの仮想化技術に匹敵しつつあるからです。つまり、Linuxの仮想化は増加しています。これが4つ目の傾向となるでしょう。


 福安:  今Linuxを取り巻く市場環境の中に4つの大きな傾向があると言われましたが、この市場環境の中でIBMはLinuxに関してどのように活動を展開していますか?IBMが現在Linuxおよびオープンソースに関して行っている中で、何に重点が置かれていますか?


Dan Frye:  私たちは、引き続き顧客に私たちのすべてのハードウェアを満足して使ってもらうように努めています。Linuxはメインフレームに搭載され、私たちにとっては大きな成功です。ご存じのように、私たちはLinuxを使用する数多くのメインフレームの顧客を擁しています。 彼らは世界で最も負荷が大きい作業をメインフレームで実行しており、私たちはメインフレームへの作業の移行を続けています。これは私たちのポートフォリオの重要な部分を占めています。
 私たちのRISCアーキテクチャであるLinux on Powerは拡大し続けており、新たな顧客も増加し続けています。もちろん、Intelも同じであり、もちろん非常に重要なLinuxコンポーネントとしてのIBMのIntelアーキテクチャも同じです。ご存じのように、私たちは、ストレージでLinuxを使用しています。私たちはあらゆる分野でLinuxを使用しています。
 またLinaroのようにARMに上でのLinuxの動作を向上させるための土台であり、新しい組織です。これは、ARMのエコシステムを扱う上での最優先事項の一つです。
 KVMの活用に関しても、IBM Cloud戦略をご覧になると分かるように、特に私たちの公衆クラウドはLinuxおよびKVMをベースとしています。また、クラウドはIBMおよび他のサービス・プロバイダにとって急速に主要な市場となっており、Linuxはその重要な部分を占めています。私は、クラウドが現在IBMにおけるLinux戦略の大きな推進要因の一つであると考えています。

 


 福安: 現在、IBMは、『Smarter Planet』を推進しています。Linuxとオープンソースは『Smarter Planet』において重要な役割を担っているのでしょうか?


Dan Frye: もちろんです。私は実際に社内で、地球とLinuxにとって何がよりスマートであるのか?と言ってきました。
 Smarter Planetとは、誰もが徐々にネットワークでつながり、装置が接続され、交通情報が天気情報と、および企業と相互につながる世界であると考えた場合、必要となるのはオープンスタンダードでし。また、共通のプラットフォームも必要です。つまり、Linuxが必要となるのです。お分かりのとおり、これらを土台として、個々のソリューションを組み合わせることにより、さらに良い共通のソリューションが生まれます。
 つまり、私たちはLinuxをSmarter Planetの報道資料ではなく、その根本において中核に据えています。Linuxは非常に重要なコンポーネントです。

 


 福安:  つまり、今まで述べられたKVMやLinaroなどが、これからSmarter Planetにおいて非常に重要な役割を担うということですね?


Dan Frye:  そのとおりです。KVMはおそらくLinuxに関する現在のIBM技術戦略にとって最も重要な要素です。KVMは私たちのクラウド戦略の根本をなしています。また、VMware、そしてHyper-V とともにSystem xに関する私たちの仮想化戦略の根本もなしています。
 私たちのサービスチームはその活用方法を研究していますが、Linuxの仮想化に関して業界で競争力を付けることは私たちの計画の重要な役割を果たしています。
 
 私たちは非常に大きな進歩を遂げつつあります。業界におけるベンチマークを管理しているSPECコミュニティをご存じかどうか分かりませんが、このコミュニティは、初めて仮想化ベンチマークを発表しました。そして、第1回の勝者として最高のベンチマークの結果を出したのが、KVMを用いたIBMのベンチマークでした。私のチームにとっては、それがおそらく最も重要な重点分野です。
 

 


 福安:  話題を変えますが、この9月、つまり来月、ご自身はLinuxCon Japanにおいて日本の参加者にスピーチを行う予定となっています。どのようなトピックについてお話しする予定ですか?スピーチの中で日本の皆さんに最も伝えたいことは何でしょうか?


Dan Frye: LinuxとIBMの過去と未来に関して話す予定です。つまり、IBMが何を学び、Linuxがどのように機能し、いかに成功したかについて話す予定です。そして、日本はそのお話をするには最高の舞台の一つです。つまり、IBMの観点からLinuxに興味を持ち始めた最初の国の一つが日本であったということです。
 私たちは、1999年、社内でIBM Linuxサミットの開催を始めました。1回目はオースティンで開催されました。2回目は東京で開催されました。私たちは、サミットの開始以来、Linuxに関して日本およびアジアと関わってきました。

 私たちは、自分たちが学んだことに関して話す予定です。
 LinuxによってIBMは変わりました。私たちのクライアントも変わりました。私たちのビジネスも変わりました。それに関して話します。また、将来に向けた道筋に関しても話す予定です。LinuxはIBMの将来の一端を担っています。私たちはLinuxなしに成功することはできません。Linuxは私たちのハードウェア・ビジネス、ソフトウェア・ビジネス、そして私たちのサービス・ビジネスに不可欠です。そして、IBMはLinuxに関する強力なビジョンを持っています。現在このビジョンは、私たちのすべてのビジネスの骨格に含まれています。
 私たちは、もはやLinuxを扱うべきか、あるいはLinuxをどのように扱うべきかなどについて議論することはありません。どれだけ早く、どのクライアントに対して、ということを議論するだけです。

 


 

 福安: 質問と言うより、Linux Foundationの理事会としてのコメントというべきかもしれません。今後は毎年LinuxCon Japanを開催する予定ですが、毎年これほど大規模な会議を極東で開催することについて、どのように感じますか? 私は、これはLinuxが世界的に本当に成功していることを示すことになると思うのですが、ご自身の意見をお聞かせください。


Dan Frye: そうですね、Linuxに関するコメントではなく、日本に関するコメントになりますが、これは非常に重要だと思います。日本で毎年LinuxConを開くことは極めて重要だと思います。日本の顧客は非常に要求が厳しいです。高い品質を求めています。信頼性を求めています。そしてサービスを求めています。そして、Linuxが日本において競争力を付けて成功すれば、それを世界で利用することができます。
 つまり、私たちの役に立ちます。
 日本での成功の方向性が示されれば、私たちはそれを利用します。私たちはそれをアルゼンチン、イタリア、スリランカ、そして世界で利用します。業界は日本の標準が高いことを理解しており、Linux自体と私たちIBMが日本でLinuxに成功すれば、それが他の世界に対する一つの証明となります。
 したがって、私は日本に行くことを非常に楽しみにしています。私が日本において、ある会議で基調講演を行ってから数年が経過しています。私は日本を訪れることを楽しみにしており、毎年来訪するということは十分ありえると思います。

 


 福安:  では、最後の質問ですが、日本で心待ちにしている皆さんに伝えたいメッセージはありますか?


Dan Frye:  Linuxは、私たちのクライアントが信頼できるプラットフォームであり続けます。これはIBMだけの見解だけでなく、業界の見解であり、IBM、Intel、HP、富士通、NEC、日立、オラクル、レッドハット、ノベル、そしてコミュニティがLinuxをミッションクリティカルなエンタープライズ対応のオペレーティング・システムにするために協力して取り組んでおり、クライアントには私たちを信頼していただけます。

 


 福安:  ご存じのように、LinuxCon Japanの特徴の一つは、LinuxCon Japanが単なるスピーチとプレゼンテーションの場ではなく、双方向セッションのようなものであることです。
 そこで、日本市場からどのような意見を、フィードバックを期待していますか?


Dan Frye:  もちろん、私が聞きたいのは、メディア向けにはLinuxがどの程度素晴らしいものであるかです。私が本当に聞きたいのは、それを改善するために私たちがやるべきことです。そうではないですか?つまり、まず、Linuxはどの程度素晴らしいものであるのか、そして成功例について聞きたいです。というのは、それが市場の信頼を促し、売上を伸ばすために役に立つからです。
 次に、何が足りないかを聞きたいし、知りたいです。私の部下の開発者および他の開発者は、それを改善するために取り組んでいます。つまり、この二つは非常に異なります。もちろん、最初の件はメディアの方から聞きたいですし、2番目の件はメディア以外の方から、Linuxをより良くするために私たちが何をやるべきかを知るために聞きたいです。

インタビュー アーカイブ

The Linux Foundation は、Greg Kroah-Hartman 氏がフェローに就任すると発表しました。これが彼にとってどういう意味を持つのか、彼と Linux カーネルとの関わりなどについて伺いました。(インタビュアー:Joe 'Zonker' Brockmeier)... ...
今回はLinux Foundationのボードメンバー、株式会社日立製作所の橋本尚様にお話を伺いました。(インタビュアー:福安徳晃 The Linux Foundation) ...
今回はLinux Foundationのボードメンバー(理事会)のバイスチェアマン(副議長、理事)を勤める、富士通株式会社の伊達政広様にお話を伺いました。(インタビュアー:福安徳晃 The Linux Foundation) ...
 IBMにおいてLinux Technology Centerを立ち上げ、Linux/オープンソースビジネスをリードして来た同社オープンシステム開発担当バイスプレジデントであるDan Frye氏に、これまでのLinuxへの取り組みと、今後のIBMの戦略におけるLinuxの重要性に関してお話をして頂きました。 ...
記念すべき第一回目のインタビューは、Linux FoundationのExecutive Director、Jim Zemlin氏。Linuxコミュニティの中心人物が、Linuxの今後の展望を占います。 ...
Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/04/09 2018年 4月 08日
  2. Today's Linux 2018/04/11 2018年 4月 10日
  3. Today's Linux 2018/04/10 2018年 4月 09日
  4. Today's Linux 2018/04/16 2018年 4月 15日
  5. Today's Linux 2018/04/17 2018年 4月 17日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!