twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 Kernel Hackers Meeting Kernel Hackers Meeting

カーネルハッカーズ座談会 - Kernel3.0 & Linux20周年特集 -

1991年8月25日に産声を上げたLinuxは、 昨年で 20周年を迎えました。そして、カーネルのメジャーバージョンも3.0に更新。この2つの大きな節目を迎えたLinuxについて、日本を代表するコミュニティ開発者、Kernel Hackerの皆さんの集まって頂き、お話を伺いました。
終始笑いにつつまれた座談会の様子を、4回シリーズでお届けしています。

(編集部注:このインタビューは昨年(2011年)の夏に開催されたものです。時勢等はその当時のものであることをご了承下さい)


連載第1回】  連載第2回】  連載第3回】  連載第4回


連載第1回

 

杉田:  Linux Foundationの杉田です。今年はLinux誕生20周年、そしてこの夏にはLinux Kernelのメジャーバージョン番号が上がりKernel 3.0がリリースされるなど、Linuxにとって大きな節目を迎えています。そこで、Linux進化の過渡期から開発コミュニティで活躍され、いまや自他共に認めるKernel Hackerになっている皆様に、この2つのテーマを中心に、いろいろお話頂きたいと思っています。よろしくお願いします。私はあまり口を挟みませんので、自由に話をして下さい。まずは、自己紹介をお願いします。


亀澤:  亀澤寛之(かめざわ ひろゆき)です。富士通で働いています。ソフトウェア事業本部という部署でLinux開発を担当しています。この部署はRed Hat Enterprise LinuxのOEMとサポートを行っているのですが、その仕事で必要な機能をRed Hat製品に組み込む必要がある場合に、upstreamにその機能を入れるための開発を行っています。僕のチームでは、最近は仮想化関係の開発をしています。kernelではなくて、libvirtなど、少し上層ですけど。自分自身は、memory Cgroupのメンテナをしています。

山幡:  山幡為佐久(やまはた いさく)と言います。所属はVA Linuxで、コンサルとか請負の開発をしています。最近のメインの仕事は仮想化関連で、少し前まではXen、最近はKVMまわりの仕事をしています。顧客の要望にあわせて技術範囲を絞った開発の仕事が多いですね。技術としては、仮想化まわり、最近は上の層もやっていて、クラウド関連の開発もしています。

岩松:  岩松信洋(いわまつ のぶひろ)です。ルネサスソリューションズで働いています。以前はSHというCPUの、ポーティングのサポートに携わっていました。全般的に組込み向けの開発をやっています。あとはu-bootという組込み向けのブートローダーがあるのですが、そのSHのメンテナをしています。これは元々趣味でしていたのが、幸運なことにそれが仕事になりました。

一同: おおー、いいですね!


杉田:  一番幸せなパターンじゃないですか?


岩松:  そうかも。またDebianディベロッパーでもあるので、弊社のCPUであるRenesas SH4 をDebianにポーティングしています。既に9割以上のバイナリはビルドできています。


野村:  野村淳一(のむら じゅんいち)と申します。NECでLinuxのサポート製品の販売・開発を行っている部門にいます。サポートの後方支援的な役割をする部署で、難しい状況を調べて答えるとか、その中でコミュニティにフィードバックできるものがあれば行うとか、upstreamで必要な機能を開発しているのであれば、その支援をするとか、そういったことをしています。暫く前は、Device-Mapperの開発をしていて、Device-Mapperのマルチパスの機能をupstreamに入れる作業をしていました。そのコードはupstreamに入ったのですが、問題があった場合には対応する作業は継続して行っています。

西島:  西島直(にしじま なお)といいます。日立の研究所でLinuxの研究開発をしています。Linux カーネルのコミュニティ開発を始めたのはちょうど1年くらい前で、今はSCSI デバイス名問題(解説1)に取り組んでいます。James BottomleyやHreg K.H.と話をしているところです。

【解説1】 SCSI デバイス名問題
Linuxではデバイス名(sda, sdb,・・・)を非同期で割り当てているため、同じデバイス名(sda)でも同じディスクを指しているとは限らない場合がある。そのため、カーネルが出力するログ(dmesgが出力するログ)やiostatコマンド等で出力するデバイス名がどのデバイスを指しているのかが分からない。この問題の回避策の1つとして、/dev/disk/by-id/にあるシンボリックリンクを利用する方法がある。この方法によって同じディスクにアクセスすることが可能。しかしカーネルのログは以前のデバイス名のままなので、カーネルのログからはどのディスクなのかがわからないため、障害の時に解析ができないという問題が残る。現在の提案は、ディスクにaliasという属性を追加して、カーネルはその値を出力する方法。これにより、アクセスもでき、かつログからどのディスクかも分かる。


一同: お疲れ様です。重要な機能なのでがんばって下さいね。


平松:  平松雅巳(ひらまつ まさみ)です。日立製作所の横浜研究所で、西島君と同じグループで仕事をしています。基本的には、エンタープライズ系のシステムを対象としたLinux カーネルの開発を担当しています。研究所なので、今開発している製品そのものに関わるわけではなく、将来の製品に必要な機能は何かを考え、どうやってupstreamで実現するかを考えながら開発するがメインの仕事です。また、kprobesという、カーネルの中のトレーサー基本機能のメンテナをしています。、kprobesは、カーネルの色々なところに情報を取得する、probesを組み込むことができるのですが、どこに入れてどのような情報を集めるとどのような有用性があるかを考えながら機能を開発しています。最近は、KVMとか仮想化の方にも手を出しつつあります。

フェルナンド:  Fernando Luis Vázquez Cao(フェルナンド ルイス バスケス カオ)です。今はNTTのOSSセンタ―所属なのですが、元々はNTTデータ先端技術の社員です。OSグループと仮想化グループの技術スーパーバイザー(Principal Software Engineer)として、仮想化技術、ストレージ、ネットワークまで、多岐にわたって活動しています。最近時間が取れないのでupstreamにパッチ投稿できていないのですが、この間 IGMP snooping のコードの修正をしました。後は仮想化技術の議論に参加したり。最近は管理系にも手を出しています。例えば、仮想化環境でのストレージのバックアップに欠かせない、ファイルシステム・フリーズという機能があるのですが、Linux の実装に根本的な問題があることが分かって今それを作り直しています。それから、開発とは別に、山幡さんと同じく、OpenFlowの活動にも参画しています。

 

 



Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/02/09 2017年 2月 08日
  2. Today's Linux 2017/02/14 2017年 2月 13日
  3. Today's Linux 2017/02/13 2017年 2月 12日
  4. Today's Linux 2017/02/17 2017年 2月 16日
  5. Today's Linux 2017/02/15 2017年 2月 14日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!