twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 Kernel Hackers Meeting Kernel Hackers Meeting3

カーネルハッカーズ座談会 - Kernel3.0 & Linux20周年特集 -

1991年8月25日に産声を上げたLinuxは、 昨年で 20周年を迎えました。そして、カーネルのメジャーバージョンも3.0に更新。この2つの大きな節目を迎えたLinuxについて、日本を代表するコミュニティ開発者、Kernel Hackerの皆さんの集まって頂き、お話を伺いました。
終始笑いにつつまれた座談会の様子を、4回シリーズでお届けしています。

(編集部注:このインタビューは昨年(2011年)の夏に開催されたものです。時勢等はその当時のものであることをご了承下さい)


連載第1回】  連載第2回】  連載第3回】  連載第4回


杉田:  先ほども話題に出ていましたが、メンテナの変化は少なくても、開発コミュニティに参加している顔ぶれは変わってきていると思います。その中でも、急成長してきているカーネル開発者など、目を引く人たちっていますか?


フェルナンド:  会社で言うとGoogleですね。圧倒的に多い。最初は、まだベンチャーの段階ということもあって、自己完結していてあまり貢献はなかったけど、いつの間にか cgroup やネットワーク等、様々な分野において活発にコミュニティ参加しています。


岩松:  あとはLinaroもそうですね。最初は何をやる人たちなんだろうと思っていたんですけど。Linuxカーネルに限らずGCCなど、最近はいろんなところでパッチを見るようになりました。


杉田:  そうだね。彼らがARM対応の開発をがんがん進めてくれれば、実用化が早くなっていくかもしれないし、足りない機能を全部作ってくれれば助かるし。


平松:  組込み分野って、参入障壁じゃないけど、PCの世界に比べて新しい開発者が入りにくい印象がありませんか?


岩松:  ああ、そうかもしれませんね。


平松:  それに、インストールからつまずくことが多い。


岩松:  ハードウェアがないからってことですか?


平松:  いいえ。ハードウェアは最近安いのがいっぱい出てきたので、大抵の場合は用意できます。ただ、それを使ってカーネル開発しようと思うと、その環境を用意するのが難しい。どうやってカーネルを入れ替えればいいのかもわからないし。慣れていないってことも大きいですが。


フェルナンド:  最近、組み込みベンダーがQEMUを使ったボードエミュレータを提供する動きが見られますね。ルネサスはやっていますか?


岩松:  以前はSH向けにQEMUの開発もやっていましたけど、今は行っていないですね。


平松:  ARMも、エミュレータでできるところと、できていないところが、結構あるように思いますね。


岩松:  ああ、そうですね。


平松:  細かいキャッシュ周りの動作とかには対応していないし、デバイスもどういう機能が付いているのか不明確だし、調べて対応するのは大変ですよね。


岩松:  QEMUにしかない仮想的なハードウェアなどで出る問題の対応は結構困りますね。またはこのCPUのバグをQEMUで再現するようにしろとか。


(一同笑い)


フェルナンド:  あとは、専門家が増えているように思いますね。いろんな分野に分かれて、それぞれディープに関わって貢献している人たちがいる。


亀澤:  ユーザーが要求する機能がはっきりしてきているから、ユーザーがいるところの開発が密に進んでいるようにも見える。


杉田:  それだけ、ビジネスに使われる範囲が明確になったということなのかしらね?


フェルナンド:  標準団体とコミュニティの関係にも変化が見られていますね。例えば、新しい規格、インターネットのRFC(Request for Comment)などを作りたい、あるいは既存のものを拡張したい場合、その規格に関わる団体に提案して審査が終わってから、オープンソースのプロジェクトでそれに対応するのではなく、まず Linux カーネルなどに実装してから、スタンダードとして認められるように規格団体に働きかけるというケースが増えてきています。15年前はそうはいかなかった。本家のLinuxカーネルに入っても規格団体に認められるわけではなかった。Linux カーネルなどのオープンソースプロジェクトの存在感が強まってきましたね


杉田:  Linuxのコミュニティ単独でではなく、そういう別の規格団体と力を合わせて、新しいスタンダードを作るという形になればいいのでしょ うか? 別に Linuxに限った機能や仕様ではなく、他にも適用できる標準的な機能や仕様になってもいいわけですものね。


フェルナンド:  はい、その通りです。例えば、2011年の Linux Plumbers のネットワークのトラックだったかな? いくつかのTCPの拡張が紹介されたけど、パッチワークだけではなく、平行して IETF(Internet Engineering Task Force)と二人三脚で、そのRFC の更新に取りかかっています。






To be continued・・・・ 次はいよいよ最終回です。ハッカーの皆さんの今後について、そして後進育成について伺います。お楽しみに!


続き(連載第4回)を読む





Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!