twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 Kernel Hackers Meeting Kernel Hackers Meeting4

カーネルハッカーズ座談会 - Kernel3.0 & Linux20周年特集 -

1991年8月25日に産声を上げたLinuxは、 昨年で 20周年を迎えました。そして、カーネルのメジャーバージョンも3.0に更新。この2つの大きな節目を迎えたLinuxについて、日本を代表するコミュニティ開発者、Kernel Hackerの皆さんの集まって頂き、お話を伺いました。
終始笑いにつつまれた座談会の様子を、4回シリーズでお届けしています。

(編集部注:このインタビューは昨年(2011年)の夏に開催されたものです。時勢等はその当時のものであることをご了承下さい)


連載第1回】  連載第2回】  連載第3回】  連載第4回


連載第4回

座談会もいよいよ終盤です。今回は、ハッカーの皆さんの今後について、そして後進育成についての話題です。お楽しみください。


参加者:  
亀澤さん(富士通)・平松さん、西島さん(日立)・野村さん(NEC)・フェルナンドさん(NTT)・山幡さん(VA Linux)・岩松さん(ルネサスソリューションズ)
司会:  杉田(Linux Foundation)


杉田:  ここからは、皆さんの5年後、10年後、20年後についてお聞きしたいと思います。自分が何をやっているか、どうなっていたいかを聞かせてもらえますか? 


一同:  20年後は想像がつかない。。


杉田:  では、5年後どうですか? 明るい方向で考えて答えて下さい。(一同笑い)


亀澤:  この業界に入る前の大学時代には、30代後半になったら、がりがり開発する現場を離れて、管理職になって、コードも書かなくなる、という話をしていた。でも、実際にはまだ現場でコード書いているし、まだまだやれると思っています。その意味では、5年後もまだコード書いたり見たりしていると思う。

杉田:  確かに、プロプラエタリ製品の開発者とは違う形のキャリアスタイルがあるかもしれませんね。


亀澤:  だから、5年後にコードを書いているかと聞かれれば、書いていると思う、が答えですね。それに、Linuxでやることは、まだまだあると思う。他のOSSと連携した利用もどんどん増えていくと思うし。そして、新規にOSSを使う部署に対して、GPLの解釈やコミュニティ活動の意義を説明していく必要があるかもしれない。その場合、経験者である我々がやるのかな、と思っている。


平松:  「自分達で物を作って売る」という考え方が強い人たちは、今でも「GPLで公開」には拒否反応があるでしょうね。自社で独自に開発して差別化を図りたいと思っているので。


杉田:  会社としてはどこかで利益を出す必要があって、いままで「物を作って売る」ことでその利益を出して来た人たちからすると、利益が減る要因だと思うのでしょうか。例えば、製品の中で、公開部分と差別化部分をうまく持たせ、公開部分は適用や連携先を増やせるのでビジネスを広げられるし、差別化部分は自社の利益につながると説明できれば、OSSを受け入れてもらえるかもしれません。ただ、まだそう明確には説明できないので、もがいている感じがします。5年後には、完全にオープンソースが受け入れられているでしょうか?


フェルナンド:  OSSは受け入れられると思いますよ。ただ、どう受け入れるかが問題で、今は重要な岐路にあると思います。真の意味でOSSを受け入れてもらうには、フリーライダーは駄目だという意識を浸透させることが重要ですから。つまり、一切投資しないで、利益だけを受けようというのは駄目。それに、それなりに知識がないと活かしきれないから、結局はきちんと人材等を投資した方がうまくビジネスできる。それを理解して受け入れてもらえれば、良い方向に進化していくと思います。


亀澤:  そう。それでビジネスがうまくいくと証明しないといけないんだよね。儲かるところを示さないと、なかなか受け入れてもらえない。


フェルナンド:  人を説得する仕事は、当分はなくならないと思います。


杉田:  でも、5年後、10年後だったら、皆さんも出世して、OSS推進を決められる立場になっているのでは? 皆さんが偉くなったら、正しい形でオープンソースを受け入れたり、進化させたりできる気がしますが、どうでしょうか?


亀澤:  そこまで偉くなれば、確かに変えていけると思うけど、同時に、そこで自分たちはどうやって儲けるのかを、考えなければならない立場でもありますからね。どうバランスとっていくかをがっちり作っておかないと、自分が言っていたのと同じことを部下や周囲の人たちから言われるだけだと思う。やはり大変だと思いますよ。


杉田:  なるほど。山幡さんは、5年後はどうしていますか?


山幡:  開発はしていたいですけど・・・。5年前に今の自分は想像できていなかったので、5年後の自分も想像つかないですね。この業界にはいると思うけど、何をやっているかはわからない。

杉田:  VA Linuxの社長になっているとか?


山幡:  えー。もしそうなったら大変ですよ。僕みたいな社員がいると思うし、それで会社を運営するなんて、苦労が耐えなさそう。


(一同笑い)


杉田:  岩松さんはどうですか?


岩松:  開発は続けていると思いますが・・・。僕は色々な分野に手を出していて、Linuxカーネルの開発、他のプロジェクトのメンテナンス、Debianの開発などもやっているのですが、年齢を重ねていったら、どれかを減らさなければやっていけない気がします。それでも、Linuxカーネルからは離れたくないし、Debianはライフワークになっているので、この2つは続けていると思いますね。

杉田:  野村さんはどうですか?


野村:  私も多分、5年後を考えた時に、Linuxから離れているとは考えにくいです。開発というか、技術的なことはずっと続けていきたいですね。自分が偉くなったときを想像したらどうなのっていう話ですが、まぁ、偉くなるかはわからないですが、Linuxの開発って、開発したものがupstreamに取り込まれるのがいつになるか確約できない世界ですからね。それを企業としてどう解決するのかってところは答を出したいですね。また、技術的な面でコミュニティに関わっていかないと、Linuxをやっている意味がないと思いますので、それは絶対続けなくちゃいけない。この点は信念をもって、これからもやって行きたいですね。

杉田:  西島さんはどうです?


西島:  僕は、5年後でもまだ偉くなっていないと思うし、開発を続けていると思います。どんどん、コミュニティにコントリビュートして、実力をつけて、コア開発者として認められたらいいなあって思っています。

杉田:  5年後はメンテナになっているとか?


西島:  そうですね。メンテナを目指します! 儲かる仕組みは平松さんに任せますので、よろしくお願いします。僕は後輩として、平松さんが切り開いた道を進んでいきますので。


(一同笑い)


杉田:  そう言われた平松さん、どうですか?


平松:  えー、どうなんでしょう。コミュニティとの関係は続けていきたいと思いますが、どこかでひと段落をつける必要はあるだろうな、とも思っています。難しいところですね。ただ、Linuxの技術は、いろいろな分野に適用できると思っていて、今まで作ってきた機能を他の分野へ横展開することもやりたいんです。手が足りなくなってきたら、西島くんや若手メンバに技術開発をしてもらいたいですね。でも、舵取りはやっていきたい。5年後も、出来る限り、続けて行きたいと思っています。

杉田:  フェルナンドさんは?


フェルナンド:  既に、幅広く活動をしていますが、これからもいろんな分野でLinuxを活かす方法を考えたい。悪循環を正すために、フリーライダーも減らしたい。コストを抑えるために投資しないで使うだけの人達がいるけど、色々なトラブルが起きたりして、評判が良くない。この点は改善に手を貸したいです。また、新しい機能入れたいときに、過去に何の貢献していないと相手にされないし、誰かに支援してもらおうと思っても人脈がない。八方塞になる。だから、コミュニティ貢献を仕事としてやれるように、予算や戦略を判断する人たちにも言い続けて行きたいですね。それから、日本が主導権を握る分野も作りたい。その力はあると思う。

杉田:  若い人たちの活躍の場も創って欲しいです。


フェルナンド:  ジェネラリストも増やしたいですよね。全体を把握した上で、戦略的にオープンソースに貢献できる人材がもっといて欲しい。


平松:  そうだね。Linuxだけでなく、ハイパーバイザーや管理機能など、範囲が広がっているからね。


亀澤:  開発者の数でいうと、中国や韓国が急増しているよね。Linux Foundation の活動も中国や韓国に拡大していく可能性はあるんですか?


杉田:  すでに中国・韓国・台湾にディレクターがいます。彼らと連携して、アジア圏全体で、Linuxの普及や開発者の支援を考えていくことは必要だと思っています。


平松:  それにしても、日本人の開発者は、増えないなあ、と思っていたら、あっと言う間に中国や韓国の開発者が増えたって感じだよね。


杉田:  逆に言うと、日本人の開発者が増えない理由はなんでしょうか?


岩松:  日本は上位レイヤーに開発者が流れているのかもしれません。昔より、OSでやることが少なくなった気がします。簡易言語で上位レイヤーのプログラムが作り易くなったし、OSは問題なくすぐ動くし。昔は、カーネルすら起動しなかったから大変で、その分関わる人数も多かったと聞いたことがある。


岩松:  僕は、例えば100人のユーザがいた場合、全員カーネル開発者になったら幸せなんじゃないかぁと思います。そんなにカーネル開発者がいたらいたで困っちゃいますけど。100人のうち1人くらいが開発者になれば、ちょうどバランス的に良いのかなという気がします。


平松:  中国は人口が多いし、プログラマーになる人も多いのでは? 母数が多ければ日本に比べてハッカーが多いのも必然かもしれないね。だから、活動も目立つのかもしれない。


杉田:  動機としては、中国企業だけでなく、例えば、日本や他の国の企業の子会社が中国にあって、そこで働く中国の人達が開発しているのかもしれませんね。


岩松:  中国の大学の作ったCPUに対応するソースコードがカーネルにありました。同じような名前で二つあって、両方ともコミットしている人が中国人だったような気がします。


平松:  そのCPUはGodson、Fuloong,Loongsonなどですね(http://sourceforge.jp/magazine/07/11/02/0132226)。


杉田:  日本も、もっと大学関係者からパッチがでてくると嬉しいですね。


フェルナンド:  大学はあまりコミュニティ活動をしていないよね?


亀澤:  そうそう。外国に比べると確かに少ない。


杉田:  最近では、OSを触ったり教えたりしていないのかな?


亀澤:  いや、そんなことはないです。実は、結構改造しているんだよね。


平松:  外に出さないのは、出しても業績として認められないですからね。それでもそこに青春を突っ込める人が、やっぱり少ないのかな。


亀澤:  自分の研究用に作ったという意識で、外部に出すことは考えてないんだろね。


平松:  この前会ったインドの開発者は、イタリアの大学に留学していて、今はGoogleでインターンとして働いている。今はトレースの研究をしているのだけど、まずは研究成果を出すことが第一だと言っていた。それをupstreamに入れるのは研究とは別で、さらに色々な人と調整したり、方式を議論したりする必要があって、すごくハードルが高くて時間もかかるので、研究成果を出すこととの両立は難しいと言っていた。


杉田:  このパッチをupstreamに入れるのは、結構労力を使うので、「やりたい!」とか、「やらざるを得ない・・・」とかの気持ちがないとできないかもしれませんね。とすると、学生さんがやるには、インターンとして企業にある程度の期間来てもらって、企業が入れたい機能のupstream活動をやってもらう、というのがよいのかしら?


平松:  確かに。コアではない、付随的な機能のメンテナンスならば、インターンでもできると思いますからね。最初は綺麗なコードが書けなくても、コミュニティの議論で磨かれて行くと思うので、就職した時にも即戦力になると思います。大学では、きれいなコードを書くことは学ばないでしょうから。


山幡:  綺麗なコードを書くことは、アカデミズムな研究のゴールではないからね。そこに力を入れる人は少ないでしょうね。でも、開発現場では必要なんだよね。


平松:  でも、大学生でも、趣味かもしれないけど、ちゃんとやっている人はいるし、やりたいと思っている人もいる。彼らにチャンスを与えられれば、もっと成長すると思いますね。


杉田:  その辺は、すぐには結論がでないと思うので、今後も皆さんと議論していきたいですね。




Linux Foundationメンバーシップ

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/01/05 2017年 1月 04日
  2. Today's Linux 2017/01/17 2017年 1月 16日
  3. Today's Linux 2017/01/06 2017年 1月 05日
  4. Today's Linux 2017/01/12 2017年 1月 11日
  5. Today's Linux 2017/01/11 2017年 1月 10日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!