twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 Playback LinuxCon Japan 2012

 

alt

Thank you & See you next year!

国内はもちろん海外からも多くの方々にご来場いただき、大変実りの多いカンファレンスとなりました。
ご参加、ご協力いただいたすべての方々に感謝申し上げます。

 

【Sessions】

»スケジュール一覧

Sessions 6/1

Welcome & Introduction
Jim Zemlin, Executive Director at The Linux Foundation

Expectations for Tizen
Dr. Kiyohito Nagata, Senior Vice President, NTT DOCOMO セッション概要

Linux Kernel Maintainers: What They Do and How You Can Help Them
Greg Kroah-Hartman, Fellow at The Linux Foundation セッション概要
資料ダウンロード

Linux: At the Forefront
Brian Stevens, CTO and vice president, Worldwide Engineering at Red Hat セッション概要

Linux Powered Storage: Building a Storage Server with Linux
Ric Wheeler, Red Hat セッション概要
資料ダウンロード

Status of Linux 3.x Realtime and Changes From 2.6
Frank Rowand, Sony セッション概要
資料ダウンロード

A SUSE Review
Alan Clark, SUSE セッション概要
資料ダウンロード

Power Savings with SSD Auto-Runtime Power Management
Lin Ming, Intel セッション概要
資料ダウンロード

Introduction to RepOSS
Masahiro Date, Fujitsu セッション概要
資料ダウンロード

The Btrfs Filesystem: Status and New Features
Chris Mason, Oracle セッション概要
資料ダウンロード

On The Way to a Healthy Btrfs Towards Enterprise
Liu Bo, Fujitsu セッション概要
資料ダウンロード

Proposal of Live Dump
Masanori Yoshida, Hitachi セッション概要
資料ダウンロード

Linux Network Latency
Herbert Xu, Red Hat セッション概要
資料ダウンロード

IPv6 Readiness Utilizing Embedded Linux and Virtualization
Timo Jokiaho & Mario Smarduch, Huawei セッション概要
資料ダウンロード

Secrets Behind Linux Kernel Patch Statistics
Chen Wang, Trend Micro セッション概要
資料ダウンロード

ARM Mach-Shmobile CPU Core PM Overview
Magnus Damm, Renesas セッション概要
資料ダウンロード

KVM Weather Report
Orit Wasserman, Red Hat セッション概要
資料ダウンロード

Software Defined Network, Openflow Protocol & Ryu Operating System
セッション概要
Isaku Yamahata, VA Linux Systems Japan K.K. 資料ダウンロード
Kazutaka Morita, NTT 資料ダウンロード 

Live Disk Operations: Juggling Data and Trying to go Unnoticed
Paolo Bonzini, Red Hat セッション概要
資料ダウンロード

Introduction to Tizen and Tizen Mobile Architecture
Seokjae Jeong, Samsung 資料ダウンロード

HTML5, WebApp Development & WebAPIs
Shintaro Agatsuma, Intel

Introduction to Tizen SDK
Jisoo Kim, Samsung 資料ダウンロード

Introduction to Tizen IVI
Toshiyuki Mitsue, Intel 資料ダウンロード

How The Linux Kernel is Developed
Greg Kroah-Hartman, The Linux Foundation セッション概要
資料ダウンロード

Being a Japanese Linux Developer, and Working on Linux for a Japanese Company (Panel)
Hiroshi Miura, NTT DATA セッション概要

Acceleration of Virtual Machine Live Migration on QEMU/KVM by Reusing VM Memory
Soramichi Akiyama, Department of Creative Informatics Graduate School of Information Science and Technology The University of Tokyo, Japan 資料ダウンロード

What's Unique to Qt?
Lu Yikei, Junior High School at Otsuka, University of Tsukuba, "Ubuntu Japanese Translators" team 資料ダウンロード

An External Integrity Checker for Increasing Security of Open Source Operating Systems
Hiromasa Shimada, Tsung-Han Lin, Ning Li, Distributed and Ubiquitous Computing Lab., Waseda University, Japan

Linux can be Fault-Tolerant: Analysis on the Scope of Error Propagation
Takeshi Yoshimura, Hiroshi Yamada and Kenji Kono Keio University
 
資料ダウンロード

Linux Power Management on a Fine-Grain Power-Gating Processor
Hiroaki Kobayashi Department of Computer and Information Sciences Tokyo University of Agriculture and Technology 資料ダウンロード

Extending TCP Congestion Control Algorithm for Multimedia Streaming
Midori Kato, Graduate School of Media and Governance, Keio University

Implementing A Layer 2 Framework on Linux Network Stack
Takuya Asada, OpenBSD developer, Ph. D. student in Tokyo University of Technology

Sessions 6/2

Collaboration in the Open Source World
Tsugikazu Shibata, NEC セッション概要

Virtualization Advancement With Linux
Jim Wasko, Director, Linux Technology Center at IBM セッション概要
資料ダウンロード

Linux Distribution Panel
Alan Clark, SUSE
Bdale Garbee, HP
David Mandala, Canonical
Jon Masters, Red Hat
Moderated by Brian Warner, The Linux Foundation
セッション概要

Yocto Project Overview and Update
Saul Wold, Intel セッション概要
資料ダウンロード

The Business of Contribution
Bdale Garbee, HP セッション概要
資料ダウンロード

State of Building Linux with LLVM
Mark Charlebois, QuIC セッション概要
資料ダウンロード

Ftrace Event Tracer and Enhancement for Flight Recorder
Hiraku Toyooka, Hitachi セッション概要
資料ダウンロード

Applying Clang Static Analyzer to Linux Kernel
Hiroo Matsumoto, Fujitsu セッション概要
資料ダウンロード

Running uClinux on ARM Cortex-M3 Platform
Sun Wei, Fujitsu セッション概要
資料ダウンロード

Evalution of CPU Cgroup
Taku Izumi, Fujitsu セッション概要
資料ダウンロード

Dracut: Introduction and Overview
Cong Wang, Red Hat セッション概要
資料ダウンロード

Ubuntu ARM - What Is It?
David Mandala, Canonical セッション概要
資料ダウンロード

ARM Sub-Architecture Status
Arnd Bergmann, Linaro セッション概要
資料ダウンロード

LTSI : Yet Another Long-Term Stable Kernel
Hisao Munakata, Renesas セッション概要
資料ダウンロード

Embedded Kernel Back-Porting
Simon Horman, Horms Solutions Ltd. セッション概要
資料ダウンロード

Mitigating Latency Issues & Postcopy Live Migration for KVM/QEMU
セッション概要
Takuya Yoshikawa, NTT 資料ダウンロード
Isaku Yamahata, VA Linux Systems Japan K.K. 資料ダウンロード

Open vSwitch and Software Defined Networking
Jesse Gross, Nicira セッション概要
資料ダウンロード

Status and Directions for Libvirt Virtualization API & Libvirt for Enterprise Use
セッション概要
Daniel Veillard, Red Hat
資料ダウンロード
Hu Tao, Fujitsu 資料ダウンロード

Low-Overhead Ring-Buffer of Kernel Tracing & Tracing Across Host OS and Guest OS
Yoshihiro Yunomae, Hitachi
Akihiro Nagai, Hitachi
セッション概要
資料ダウンロード

Tracking KVM Issues & Introduction to oVirt
セッション概要
Xiao Guangrong, IBM
資料ダウンロード
Barak Azulay, Red Hat

What Developers, Cars & Banks Have in Common: Best Practices for Open Source Governance
Shoken Kim, Black Duck Software セッション概要
資料ダウンロード

License Unclarities: It's Not Just a Lawyer Thing
Armijn Hemel, Tjaldur Software Governance Solutions セッション概要
資料ダウンロード

Streamlining Open Source License Compliance with SPDX
Kristen Newcomer, Black Duck Software セッション概要
資料ダウンロード

Free and Open Source Software Law - Then, Now, Next
Shane Coughlan, Opendawn セッション概要

Introducing the Binary Analysis Tool
Armijn Hemel, Tjaldur Software Governance Solutions セッション概要

Development of Legal Approach to OSS in Korea
Charley Tschoy, KOSS Law Center セッション概要
資料ダウンロード

Panel Discussion: Open Source Legal
Panelists: Akira Takao, Panasonic; Yoshio Sonoda, Kenwood; Jong Baek Park, Korean OSS Law Center; Ms. Florece Ko, OSSF Taiwan; Armijn Hemel, Tjaldur Software Governance Solutions; Moderated by Shane Coughlan, Opendawn セッション概要

Sessions 6/3

Panel: Linux Virtualization
Jesse Gross, Nicira
Daniel Veillard, Red Hat
Ric Wheeler, Red Hat
Fernando Luis Vázquez Cao, NTT (Moderator)
セッション概要

Social vs Technical Engineering in the Kernel:What This Means for Japanese Developers
James Bottomley, CTO, Server Virtualization at Parallels セッション概要
資料ダウンロード

International / Asian Kernel Developer Panel
Arnd Bergmann, Linaro
Masami Hiramatsu, Hitachi
Chris Mason, Oracle
Cong Wang, Red Hat
Moderated By James Bottomley, Parallels
セッション概要

OpenRelief - Using Open Source Software and Open Hardware for Frontline Disaster Relief
Shane Coughlan, Opendawn & Karl Lattimer, Codethink Ltd セッション概要
資料ダウンロード

Application Fault Tolerance Using Continuous Checkpoint/Restart
Tomoki Sekiyama, Hitachi セッション概要
資料ダウンロード

EEH Overview
Gavin Shan, IBM セッション概要
資料ダウンロード

One zImage to Rule Them All
Deepak Saxena, Linaro セッション概要
資料ダウンロード

A Story of Linux to Become Irreplaceable Software Fundamental for Consumer Electronics Products
Satoru Ueda, Sony セッション概要
資料ダウンロード

Platform Device Drivers And Generic PM Domains Framework
Rafael Wysocki, Renesas / SUSE Labs セッション概要
資料ダウンロード

Platform Device Drivers And Generic PM Domains Framework (Part II)
Rafael Wysocki, Renesas / SUSE Labs セッション概要
資料ダウンロード

IO-Less Dirty Throttling
Fengguang Wu, Intel セッション概要
資料ダウンロード

Revving Up Linux for Automotive
Rudi Streif, The Linux Foundation セッション概要
資料ダウンロード

State of the Linux Kernel Security Subsystem
James Morris セッション概要
資料ダウンロード

The Fedora ARM Project
Jon Masters, Red Hat 資料ダウンロード

Memory Cgroup: What Is Going On
Hiroyuki Kamezawa, Fujitsu セッション概要
資料ダウンロード

A Linux Application Tool to Leverage the Full Capability of Hardware
Kohki Ishikawa, IBM セッション概要
資料ダウンロード

QoS Handling with DVFS Mechanisms
MyungJoo Ham, Samsung セッション概要
資料ダウンロード

Freedom, Out of the Box!
Bdale Garbee, HP セッション概要
資料ダウンロード

Qt: a cross-platform application and UI framework
Tasuku Suzuki, Nokia セッション概要
資料ダウンロード

Kernel Browsing and Hacking Using Kdevelop
Alexandre Courbot, NVIDIA セッション概要
資料ダウンロード

Linux Memory Fragmentation : Observation and Analysis on Smart Phones
Pintu Kumar, Samsung セッション概要
資料ダウンロード

Content-Centric Embedded Treasure Hunting Robot
Noritsuna Imamura, SIProp.org セッション概要
資料ダウンロード

lightning-talks
  lightning-talks

Linaro for Developing ARM Products from Mobile to Server on Linux
Akira Tsukamoto, Linaro 資料ダウンロード

Crowbar, Cloud Installer Overview
Yasushi Osonoi, Dell

CloudStack: Cloud Management System De Fact Standard
Kimihiko Kitase, Citrix Systems Japan K.K. 資料ダウンロード

Juju: Make your life easier in hyper-scale world
Takenori Matsumoto, Canonical 資料ダウンロード

What's Unique to Qt
Lu Yikei, Junior High School at Otsuka, University of Tsukuba "Ubuntu Japanese Translators" team 資料ダウンロード

Introduction to oVirt Architecture &Demo (Includes API/SDK/CLI) セッション概要
資料ダウンロード
Introduction to oVirt Architecture &Demo (Includes API/SDK/CLI) (Cont...)
Engine Core セッション概要
資料ダウンロード
VDSM セッション概要
資料ダウンロード
Node Architecture & Details セッション概要
資料ダウンロード
Mike Burns
and
Barak Azulay
 

Gluster Project Roadmap & History
John Mark Walker & Anand Babu Periasamy セッション概要

Deep Dive Into GlusterFS 3.3
John Mark Walker セッション概要

GlusterFS For SysAdmins
Dustin Black セッション概要
資料ダウンロード

GlusterFS as a Development Platform
Kaleb Keithley セッション概要
資料ダウンロード

Creating a shared storage service with GlusterFS
Kenta Takahashi, NTT Communications & Keisuke Takahashi, NTTPC セッション概要

来場者の声

【セッションについて】

 学生の参加者から以下の声を頂きました。皆さんはそれぞれの発表をどのように感じたでしょうか? 

・ 「Linux Kernel Maintainers: What They Do and How You Can Help ThemおよびHow The Linux Kernel is Developed」の講演では、Linuxカーネル開発者(maintainer)の話を聞けてよかった。maintainerの苦悩を語ってくれたところが大変興味深かった。また、カーネル開発の現場がdeveloper - maintainer - Linus の構造になっていることなどが理解できた。Linuxのコードを書く際のスタイルや修正の仕方などの話も印象に残った.

・「How The Linux Kernel is Developed 3」では、Linuxカーネルの開発がどのようにして大勢の開発者によって行われているか,どのようにして管理されているかが非常にわかりやすかった.

・「Being a Japanese Linux Developer, and Working on Linux for a Japanese Company」では、「コミュニティに参加するには何が必要か」という問いに対して「ためらわないこと、自分も英語が苦手だが今もこうしてここにいる」と答えていたことが印象深かった。片言の英語でのコミュニケーションでもLinux開発の動機を持つということが大事であると感じた。

・「Mitigating Latency Issues & Postcopy Live Migration for KVM/QEMU」では、従来のマイグレーション方式(Precopy型)と提案方式(Postcopy型)の比較動画において,マイグレーション開始後,直ちに別のホストでVMが実行を開始した場面が印象深かった.メモリイメージの転送を後で行うことによる性能低下など,目に見える形での方式提案は大変興味深かった.

・「Open vSwitch and Software Defined Networking」では、Open vSwitchのアーキテクチャ解説を開発者の言葉で聞くことができ参考になった。また、Open vSwitchのパフォーマンス比較で、Linux BridgeやNativeより優れている結果が示されていたことが印象に残っている。

・「Embedded Kernel Back-Porting」では、古いバージョンに新しいバージョンの機能を移植するという技法があること,gitから差分を取得してパッチとして当てるなど具体的手法なども興味深かった。

・「Tracking KVM Issues」では、障害解決のためのパフォーマンス計測の必要性を感じた。また,実装の解説では、自分で似たようなツールを作成する際の参考にできると感じた。

・「QoS Handling with DVFS Mechanisms」では、自分が行っている研究と似ている部分が多く,興味深い発表だと感じた.QoS Handling with DVFS Mechanismsに関して,QoSの要求をDVFSに適応することは理解できたが,そのQoS自体の性能を誰が決定するかが重要な課題だと感じた.

・「Content-Centric Embedded Treasure Hunting Robot」は、脳波で制御するロボットの実機で参加者に体験させる試みが良かった。言葉による説明だけでなく,実際に発表者が作製した脳波で動くロボットを参加者に体験させながらの発表でとても印象に残った.

・「One zImage to Rule Them All」は、テーマ自体も興味深く、プレゼンテーションの内容が非常に良かった.背景、動機、目指すもの、具体的実現方法など,順序の整ったプレゼンテーションにより大意を掴みやすかった.

・「International/Asian Kernel Developer Panel」は、Linux開発者の話が聞けて興味深かった.英語を話す速度が異なる日本人話者とネイティブの話者が,同じフィールドで対等に議論を行っていたり,時には楽しそうに時には真剣に議論を行う話者たちの様子から,コミュニティの持つ力を垣間見ることができた.

・「International/Asian Kernel Developer Panel」では、カーネル開発者の体験談や率直な意見等を聞くことでLinuxコミュニティへの理解が深まった.OSSのパッチを書くことがあるため,どのような態度で挑めばよいのか(無視されてもあきらめない,議論する人を選べなど)ということに共感できた.日本人開発者のカーネル開発への関わり方について興味深かった.最後に行った日本の開発者へインスピレーションを送るという演出が面白かった.


【全体への意見】

 参加者から以下のご意見を頂きました。ありがとうございました。来年の参考にさせて頂きます。

・日本の企業と外国の企業で意見を交わすような場(Panelの様なもの)が実現できれば良いと思う.

・Linux 関連の技術的なトレンドの説明セッションがあると良いと思った.

・対話形式で進んでいくセッションは問題と解決案がわかりやすかったので,そのようなセッションが増えると良いと感じた.

・パネル・キーノートセッションでは,お互いの研究テーマへの考えの違いや同様の部分を知ることができ,大変興味を持つことができた.今後も,そのようなセッションが増えれば良いと感じた.

・LinuxConに参加している著名な開発者の紹介セッションを設けてほしい(数少ない機会なので,著名な開発者の名前だけでなく顔も拝見したい).

・1日目の「OpenSource Party for Students」において,LinuxConに参加した学生と社会人の懇親会があり参加した.普段社会人の方とお話しする機会が無いので,とてもありがたかった.来年も開催されると良いと思った.

・来年も学生セッションを設けてほしい.

・Open vSwitchに関するセッション(QoSの実現など)は来年も設けてほしい.

・Linuxと他のUNIX系OSとの比較をとりあげ,Linuxの優れている点・劣っている点などを紹介するセッションを設けてほしい.

・パネルセッションでは、事前にWeb等で質問を募集してはどうか? 会場から質問がない場合、それを使うことで効率的に進められると思う。

・初日の受付が混んでいて基調講演開始に間に合わない人もいた。それだけ今年は来場者が多かったということかもしれないが、何か工夫をお願いしたい。

・日本語の基調講演がある場合、事前に海外からの参加者にアピールしたほうが良い。講演が始まってから同時通訳レシーバをもらいに行く人が多かった(Twitterでも話題になっていた)。
 

 

 


30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2017/07/13 2017年 7月 12日
  2. Today's Linux 2017/07/18 2017年 7月 17日
  3. Today's Linux 2017/07/19 2017年 7月 18日
  4. Today's Linux 2017/07/24 2017年 7月 23日
  5. Today's Linux 2017/07/25 2017年 7月 24日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!