twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 LinuxCon Japan 2013特集

 

 

LinuxCon Japan 2013 Preview

第2回 自動車とオープンソースの出会い─第3回 Automotive Linux SummitがLinuxCon Japan 2013と併催

2013年5月1日

私たちのライフスタイルに影響を与え,イマジネーションを刺激し,夢を満たしてきた技術製品といえば,自動車の右に出るものはありません。自動車は単なる移動手段から始まり,まるで日常使うスイス アーミー ナイフのように進化してきました。社会人にとってはオフィスの延長にもなっています。旅行を楽しむ家族にとっては移動する映画館やゲーム ルームにもなり,若者も旅の間中楽しむことができます。毎日通勤で使う人々は,移動中にニュースや交通,天気,道路などの最新情報を得ることができます。自動車は,走る究極の通信/マルチメディアセンターになりました。

ソフトウェアは,ネットワーク対応車両や自律自動走行車両,先進運転支援システム,車車間/路車間通信といった新しい時代を実現するための核心部分です。緊密かつ垂直に統合されていたグローバル経済セグメントの自動車業界は今,顧客の期待に応えるために専門外にも目を向け,消費者家電業界や携帯通信業界の製品開発戦略を取り入れようとしています。消費者家電や携帯通信業界は,オープンソースソフトウェアやオープンコラボレーションを通じ,ハードウェアメーカから技術的なライフスタイルをめざすユーザエクスペリエンス クリエータへと変身を遂げることができました。

ではオープン ソースはどのように車に使えるのでしょう? この答は第3回 Automotive Linux Summitで明らかになります。同イベントは,5月27,28の両日,東京のまさに中心に位置する椿山荘会議センターでThe Linux Foundationによって開催されます。

このイベントには,自動車システムエンジニア,Linuxエキスパート,R&Dマネージャー,ビジネス エグゼクティブ,オープン ソース ライセンスやコンプライアンスのスペシャリスト,Linux コミュニティに参加している開発者など,自動車関連の専門家やオープンソース エキスパートの中でも極めて革新的な考え方を持つ人々が集結します。日本はもとより世界中のトップクラスの講演者陣が登壇し,数々の革新的なプログラム コンテンツが提供されるほか,仲間との交流や人脈の構成を助けるさまざまな機会があります。

続きを読む(Gihyo.jpのサイトへ)

 

 

著者プロフィール

Rudolf J Streif

Linux Foundation 組み込みソリューション担当ディレクター。

Linuxなどのオープンソースを組み込み製品開発に利用しようとしている企業とオープンソースコミュニティとの橋渡しをしています。また,Linux FoundationのAutomotive Grade Linux協業プロジェクトを主導しています。このプロジェクトは,自動車業界におけるLinuxとオープンソースの発展を目指すものです。

組み込みソフトウェア/ハードウェア技術,製品開発,ライフサイクル管理,および組織指導における20年以上の経験と知識を持つベテランのソフトウェアエンジニアリング/マネジメントの専門家であり,自動車やテレマティクス関連の各種イベントで精力的な講演活動も行っています。

 

 

 

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/09/06 2018年 9月 05日
  2. Today's Linux 2018/09/07 2018年 9月 06日
  3. Today's Linux 2018/09/11 2018年 9月 10日
  4. Today's Linux 2018/09/12 2018年 9月 11日
  5. Today's Linux 2018/09/10 2018年 9月 09日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!