twitter icon   twitter icon   rss icon

Linux.com Japan

Home 特集 LinuxCon Japan 2013特集

 

 

LinuxCon Japan 2013 Preview

第6回 LinuxCon Japan 2013でわかる組込み開発のOSS活用の今

 

 

オープンソースソフトウェア(OSS)の開発に携わる,世界中のエンジニアが参加する「LinuxCon Japan」が2013年5月29日から31日にかけてホテル椿山荘東京で開催されます。この注目のイベントに先立ち,Linux FoundationのConsumer Electronicsワーキンググループ内の「LTSI(Long Term Support Initiative)」プロジェクトでリーダーを務める柴田次一氏にお話を伺いました。

LTSI(Long Term Support Initiative)プロジェクトリーダー 柴田次一氏

LTSI(Long Term Support Initiative)プロジェクトリーダー 柴田次一氏

組込み領域でのOSS利用をサポートするLTSI

――まず,LTSIプロジェクトを立ち上げることになったきっかけから伺えますか。

組込み領域ではOSSを多数を活用していますが,この組込みとOSSにはギャップがあるということを感じていました。組込みではターゲットとなるデバイスやリリース時期にフォーカスして開発を進めるため,利用するOSSのバージョンはその時点での最新版とは限りません。一方でOSSの世界では,基本的に最新バージョンに対してコントリビューションを行っていきます。このように開発の方向性が異なる点が,組込み開発でOSSを利用することの難しさの1つだったのです。そこでこの世界で開発を行っている能力の高いエンジニアや技術者の力とOSSコミュニティをどうマッチさせるかを考えた結果,LTSIプロジェクトのアイデアが生まれたんです。

こうしたことを私とルネサス ソリューションズの宗像尚郎氏で考えて動き出し,それをLinux FoundationのCEワーキンググループで共有したところ,多くの企業の賛同を得ることができ,プロジェクトを本格的に始動させることになりました。

――LTSIプロジェクトの具体的な活動内容を教えていただけますか。

LTSIプロジェクトには3つの柱があります。まず1つ目は議論する場の提供です。OSSなのですから,バグの情報や改善要望といったものを共通の場で議論し,それをコミュニティで共有していこうということです。

2つ目の柱は,長期的に使えるカーネルを共同でメンテナンスするというものです。同じバージョンのカーネルを利用すれば,問題を共有したり,共同で改善を進めたりすることが可能になりますよね。そこでLTSIでは,コミュニティでメンテされている LTS(Long Term Stable)となったカーネル(セキュリティフィックスやバグフィックスがコミュニティから提供される)をベースに,組込み開発で使えるLTSIカーネルとしてリリースするという活動を行っています。

3つ目は,エンジニアがコミュニティに参加することを支援するための場の提供です。何かわからないことがあったとき,誰かに質問できるような場を提供し,技術者やエンジニアとコミュニティをつなごうという活動です。

OSSを利用した組込み開発の負担を軽減

30人のカーネル開発者

人気コンテンツ

  1. Today's Linux 2018/10/12 2018年 10月 11日
  2. Today's Linux 2018/10/17 2018年 10月 16日
  3. Today's Linux 2018/10/18 2018年 10月 17日
  4. Today's Linux 2018/10/19 2018年 10月 18日
  5. Today's Linux 2018/10/22 2018年 10月 21日

Linux Foundationについて

Linux Foundation はLinux の普及,保護,標準化を進めるためにオープンソース コミュニティに資源とサービスを提供しています

 

The Linux Foundation Japan

サイトマップ

問い合わせ先

サイトに関するお問い合わせはこちらまで

Linux Foundation Japan

Linux Foundation

Linux Training

提案、要望

Linux.com JAPANでは広く皆様の提案、要望、投稿を受け付ける予定です。

乞うご期待!